ピクシブ百科事典

クリムゾンスマッシュ

くりむぞんすまっしゅ

クリムゾンスマッシュとは、仮面ライダーファイズの必殺技である。
目次[非表示]

仮面ライダーファイズのエクシードチャージ(必殺技)。所謂ライダーキックに相当する。

概要

ファイズポインターから円錐状の赤いを放って目標をポイントし、跳び蹴りを叩き込む。
喰らった敵は、蹴りの威力に加え体内からフォトンブラッドを食らう。破壊力は17t
歴代仮面ライダーの必殺技の威力と比べると控えめな威力だが、仮面ライダーゲイツが使用したファイズアーマーの説明より着弾時に敵の分子構造を分解し、破壊するエゲツない技である事が判明した。
(仮面ライダージオウに登場するアーマーは歴代仮面ライダーの能力を再現するものであるため、555のクリムゾンスマッシュにも同様の効果がある可能性は高い)

チャージ中の肩の力を抜いた状態からキック発動に至る静から動へのアクション、CGを駆使した個性的な演出は評価が高い。

発動モーション

  1. 右足に重心を乗せてエクシードチャージ完了まで待機。
  2. その姿勢からジャンプして前方一回転し、空中で右足のポインターを敵に向けロックオン。
  3. 円錐状に展開したフォトンブラッドに飛びこむように跳び蹴りに移行。その際、足の裏のΦマークが赤く輝く。
  4. 円錐と一体化して粒子化するように相手の体内に突入。一端画面から完全に消え去る。
  5. 相手を貫通し背後に降り立つと共に、敵にΦのマークが浮かび上がり、灰化して崩れ落ちる。


以上の流れを基本形とするが、状況や使用者に応じてモーションが多少変化する。
中には寝ころんだ状態からポインターを敵に向けロックオンしたことも。
乾巧のエクシードチャージ待機体勢(ウンコ座り)はファイズの象徴的なポーズとして、決めポーズ的な扱いを受けている。
また、初使用時に高くジャンプした際にもフォトンブラッドを使用している描写がある。
木場勇治はジャンプする前にポインターの付いた右足を敵に向けてロックオンしている。
Vシネマ「仮面ライダー4号」では乾巧も木場勇治のように放つシーンもある。

劇中の描写など

メインの必殺技として使用回数が多い反面、劇中で破られる描写も多く、ロックオン前に妨害されたり、受け止められた上で円錐を弾き飛ばされて跳び蹴りだけ当たったり、円錐ごと叩き潰されたり、直撃したのに耐え抜かれて浮かび上がったΦマークを破壊されることもあった。
ポインターから放たれた光自体は敵の動きを制限させるだけで破壊力は無く、生身の人間にも耐えられる。

仮面ライダー555に登場する他のライダーが使うキック技(ゴルドスマッシュルシファーズハンマー)も演出上の共通点が多いため協力攻撃にも使いやすく、平成ライダー初のダブルライダーキックおよび史上初のトリプルライダーキックを成し遂げた技でもある。

外部作品での扱い

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』ではディケイドファイズバイオライダーに対して使用。
バイオライダーのゲル化による攻撃無効化をクリムゾンスマッシュの拘束力と粒子化により突破して勝利を捥ぎ取った。

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』では2回発動している。
1回目はオートバジンに乗り込んだまま発動するという荒業を披露し、ブレイドの繰り出したサンダースペイダーと共に怪人軍団を蹴散らす活躍を見せた。
2回目はアナザーアルティメットクウガとの戦いで発動し、カブトのライダーキックと同時に繰り出してアナザーアルティメットクウガに炸裂させた。

アクセルクリムゾンスマッシュ

アクセルフォームのクリムゾンスマッシュ。
通常時のファイズに比べ、威力は1.5倍の25.5tに強化されている上に即座にエクシードチャージが完了する加速状態での効果も相まって一度に複数回使用可能。
アクセルフォームの加速能力により複数の敵をほぼ同時に攻撃することが出来る。
一体の敵を囲むように複数のマーカーを照射して退路を封じクリムゾンスマッシュの5連撃を喰らわせたこともある。(初出はPS2版のゲームオリジナル演出)
映画パラダイス・ロスト』では、ライオトルーパーの一部隊を一瞬にして葬り去り『仮面ライダー大戦』ではバダン幹部のタイガーロイドと配下のコンバットロイド軍団に使用し、全員纏めて地獄に送り返した。
ファンからは「多段ロックオンクリムゾンスマッシュ」、「強化クリムゾンスマッシュ」とも呼ばれる。

ブラスタークリムゾンスマッシュ(超強化クリムゾンスマッシュ)

ブラスターフォームのクリムゾンスマッシュ。破壊力は30t
ファイズポインターをセットし、ファイズブラスターに「5532」のコードを入力することで使用するのが正規の手順だが、フォトンブラッドが全身に満ちている為かファイズポインターのエクシードチャージがなくとも使用可能らしい。
この技はファイズ周辺でフォトンブラッドがを巻きながら跳び蹴りを放つのが特徴。
劇場版のオーガとの技のぶつかり合いの余波でフォトンブラッドが盛大に飛び散り戦いの場であった巨大ドーム(さいたまスーパーアリーナ)の屋根をその3倍程の半径を持つポインティングマーカーで消し飛ばしてしまった。
また本編でアークオルフェノクに見舞った際の激突でもフォトンブラッドが渦を巻き、周辺を破壊している。

関連イラスト

クリムゾンスマッシュ!改
加速する魂



関連タグ

グランインパクト スパークルカット

pixivに投稿された作品 pixivで「クリムゾンスマッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202095

コメント