ピクシブ百科事典

毒トカゲ男

どくとかげおとこ

仮面ライダーに登場する毒(エリマキ)トカゲ型ショッカー怪人。
目次[非表示]

「この毒トカゲ様からは逃げられはせんのだ‼」
登場作品『仮面ライダー
第58話「怪人毒トカゲ おそれ谷の決斗‼」登場
CV/関富也
人間態 演 里木佐甫良

概要

毒蜥蜴の能力を移植(そこ、毒を持ったエリマキトカゲとか言うんじゃない‼)して制作された改造人間
「ウォォォォォッ―‼」というじみた鳴き声を発する。

太田博士が完成させた蘇生薬「Xα液」を奪い、それを使って、予めとある博物館から盗み出した2年前に他界した物理学者・エドワード博士と数学者・ケインズ博士の両博士の死体を蘇生させ、両博士に強力な殺人兵器製造を行わせる『科学力増強作戦』の実行を使命とする。

伸縮自在の舌を伸ばして獲物を捕らえ、口から吐く猛毒の赤い液は一瞬で人間を溶かすほどの威力を持っており、改造人間であるライダーですらこの毒液を浴びると痺れて動けなくなる程である。
普段は恰幅のよいメガネを掛けた中年男性姿で暗躍している。

「狙った獲物は必ず手に入れる‼」と豪胆するほどの自身家であるが、「Xα液」を奪うのに固着するあまり、「Xα液」を奪うのに失敗してしまった挙句、助手を誤って殺害してしまうなどが固い部分も見受けられる。

最後は舌をライダーキックで攻撃されて弱体化した所へライダーヘッドクラッシャーを受け爆死した。

再登場

その後、第66話や映画『仮面ライダーvs地獄大使』にて再生怪人軍団の1人として登場したがあえなく大敗している。
漫画『新仮面ライダーSPIRITS』でも地獄大使の配下として魂を持たないゾンビが復活したが、暴走したガラガランダで切り裂かれて勝手に死んでしまった。

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』ではスーパーショッカーの一員として割かし最後の方まで生き残るも、ディケイドに襲い掛かろうとした瞬間突然現れた電王ソードフォーム俺の必殺技パート1を受けて瞬殺されてしまった。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では1971年の世界でセルメダルを奪うためにシオマネキングと共に少年ライダー隊を襲うが、駆けつけた仮面ライダー1号のライダーキックを受けて爆死した。

仮面ライダー大戦』では地獄から蘇り、バダンに忠誠を誓う。ヤマアラシロイドタイガーロイドに率いられ、沢芽市を襲撃した。

スーパーヒーロー大戦GP』では新型の毒トカゲ男がシオマネキングだのギリザメスだのといったいつもの面々と肩を並べて現代で暴れ回った。原作(本作は初代ライダーと地続きの世界観である)にはない襟巻からオレンジ色光線を出す能力が追加されている他、長いロッドを用いて戦うシーンがある。
終盤までしぶとく生き残り、とある事件の引き金を引くものの、最後は仮面ライダーファイズクリムゾンスマッシュを喰らったロブスターオルフェノクの後ろにいたせいで巻き添えを受けて死亡した。

仮面ライダー1号』ではショッカーの幹部怪人として登場。
自分の夢に現れた地獄大使の予言通りに、立花麻由を生贄に捧げようとガニコウモルシオマネキングらと共に彼女を誘拐しようとしていた。
終盤、アレクサンダー眼魂を強奪しに来たノバショッカーと1号ゴーストスペクターらと三つ巴の戦いに発展した際ウルガと交戦するも、最期はウルガの攻撃を受けて死亡した。

余談

劇中では自称も含めて「毒トカゲ」と呼ばれていることが多く、「毒トカゲ男」と呼ばれるのはわずかだった。
次回予告ではライダーヘッドクラッシャーは新技と言われていたが、すでに第53話でジャガーマン戦のとどめに用いられている。

関連項目

仮面ライダー ショッカー ショッカー怪人
トカゲロン(モチーフが被っている関連で)
蜘蛛男ドクモンド カニバブラーシオマネキング(同じモチーフの怪人がショッカーにいた関連で)

トカゲ繋がり

サソリトカゲス ノコギリトカゲ トカゲバイキング カガミトカゲ トカゲ怪人 トカゲ男アギト
メ・ガーゲ・レ フリルドリザードオルフェノク リザードアンデッド
モレクイマジン サンゲイザーファンガイア リザードマン
イグアナゴーストライカー チェーンソーリザード

平成ライダーにおける「いつものメンバー」

さそり男 サボテグロン ゴースター ザンジオー ジャガーマン ギリザメス シオマネキング

pixivに投稿された作品 pixivで「毒トカゲ男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270

コメント