ピクシブ百科事典

リザードマン(ファントム)

りざーどまん

ここでは仮面ライダーウィザードに登場するリザードマンについて扱う。
目次[非表示]

「あの時大人しくファントムになってりゃ、化け物の仲間にならずに済んだのにな!」

詳細

人間態/CV:植田圭輔(第2話ではノンクレジット)
第2話において操真晴人の回想に初登場。サバト儀式誕生した後、晴人に襲い掛かるが白い魔法使いに妨害された。それから半年後の14話で再び本格的に登場する。
執念深い性格で、様々な手段を用いて晴人を始末しようと企んだ。

外見

緑の体色で真ん中に紅い単眼を持つトカゲに似た人型の架空生物モチーフの怪人。帽子をかぶったような形の頭部からドレッドのような頭髪が生えている。
宿主を演じた俳優に合わせたのか、意外と小柄な体格。

能力

高いジャンプ力で高所に移動し、頭部のを光らせ無数に発射して攻撃する。また、スケイルソードという剣を武器としている。
ケットシー程ではないが俊敏に動き、更にウォータースタイルのスラッシュストライクも耐えるタフさも持つ。しかし爬虫類モチーフだけあって強力な冷気には弱いようだ。

余談

使用武器がヘルハウンドの剣と形状が酷似している(流用したのかもしれない)。
ファントムでは珍しく、モチーフの妖怪に固有のエピソードが無い。
誕生後に他のファントムと接する機会が無かった為か、幹部達にもタメ口で会話する。

スーツは後に第44話登場するファントム・セイレーンに改造された。
単眼、兜の形から裏モチーフは『ウルトラマンガイア』に登場する金属生命体アパテーと思われる。

関連タグ

仮面ライダーウィザード ファントム(仮面ライダーウィザード) リザードマン

正体


第14・15話のネタバレを含むため、記事の閲覧には注意























正体にして宿主は半年前に失踪した自主制作映画の監督石井悟史
人間を襲いゲートを減らしていた為、メデューサに始末されそうになるが、「まだ絶望してないゲート」と勘違いしたウィザードこと晴人に救われる。
その後、面影堂に連れてこられ悟史の知り合いだった女優の真中千鶴と再会する。
成り行きで晴人達に護衛される身分となり、彼らを欺いて逃走したところを上級ファントムに見つかってしまう。
が、晴人が誤解している事に目をつけ、メデューサからウィザードの暗殺を命じられる。

リザードマンは半年前に晴人を仕留め損なった因縁を根に持っているらしく、「面白そうなゲーム」として抵抗もなく従っていた。

その後、暗殺がことどこく失敗し逆上して本性を現すとウィザードと交戦する。
「悟史、お前ファントムだったのか!?」と驚くウィザードこと晴人
「その通り、石井悟史なんて人間はとっくの昔に死んでるんだよ!」
半年前のリベンジとしてウィザードと交戦する、その後心配してきた千鶴を人質に取るが、メデューサに阻止され撤退した。
偶然にも悟史がファントムになる前の知り合い、千鶴はゲートであった。

そして千鶴を絶望させようとし保管されてたフィルムを盗み出し、ラストシーンの撮影場所でフィルムを破壊し絶望させようとするという実に性格の悪い作戦を目論むがウィザードに妨害され怒りからウィザードと交戦する。
最期はウォータードラゴンに変身したウィザードから海中に逃走しようとするが、スペシャルリングで装着したドラゴテイルに海面を割られ、更にブリザードの魔法で海と共に氷結されてしまい、最期はドラゴンスマッシュを受け爆散。粉々に砕かれた。


その後千鶴は晴人の「悟史はアメリカに映画の勉強をしに留学した」という嘘を信じる事になる。

pixivに投稿された作品 pixivで「リザードマン(ファントム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8550

コメント