ピクシブ百科事典

ケットシー

けっとしー

ケットシーとは、ケット・シーの表記揺れである。または、仮面ライダーウィザードに登場する怪人ファントムの一体の名称である。こちらの記事では主にウィザードのケットシーを取り扱う
目次[非表示]

表記揺れ →ケット・シーへ。 ※タグ数としては、ほぼ同じ。

仮面ライダーウィザードに登場したケットシー

「チョーめんどーなんすけどぉー」


「チョ~、面倒なんすけどぉ~」
人間態/CV:ベルナール・アッカ
第4-5話で登場した、腕だけでなく肩や脚にも鋭利な爪を生やしたモチーフの通常ファントム
宿主はアフリカ系の青年だが、生前の名前や詳細は不明で、生前の人物に成りすまして行動する事を目的としていない様子。そのため、OPのクレジットでもケットシーとしか記述されていない。

身軽な身体による素早い動きから、鋭い爪を長く伸ばして敵を引き裂く攻撃を得意としている。また、両腕を刃の様に変形する事も可能。
ピアニスト高木栄作絶望させて新たなファントムを誕生させるよう幹部ファントム達から命令を受けるが、自身はファントムを誕生させるよりも人類を抹殺する方が楽と考えていた(ユウゴもこの考えには理解を示していたが、ミサに一蹴されている)。
芸術家気質のゲートが標的の為、直接利き手を潰して絶望させようとした。

卍固め


猫の為か、性格は不真面目かつ面倒臭がり屋。初登場時は宿主の姿にも係わらず廃車の上で日向ぼっこをしているなど、行動心理は猫そのもの。
ウィザードとの最初の戦闘も面倒になったから逃亡。2回目での戦闘でも木の上で眠たいからとウィザードに懇願(当然却下され木の上から落とされた)し、その後ウィザードに止めを刺されかけるが、晴人の魔力が切れ変身が解けたのを見るや、返り討ちにするチャンスだったにもかかわらずに再び逃走した。
その後、何度か高木を狙うチャンスが幾度もあったにもかかわらずに、行動を起こさなかったためにミサに処刑されかけ、ユウゴにグールを貸し出されてしぶしぶ出撃するなど、その怠けっぷりは輪をかけている。
最終的にはハリケーンスタイルのスラッシュストライクで倒され、爆散した。

ケットシー…




余談だが、人間態と声を外国人が演じる怪人は仮面ライダー555のジェイ/クロコダイルオルフェノク(劇場版も含めると仮面ライダーフォーゼのカタル/サドンダス)以来の登場となる。

関連イラスト

今日のウィザード
ケットシー(の中の人)


関連タグ

ガンマン・ロイミュード・・・・同じ人が演じている。ただしこちらは性格が違う。

pixivに投稿された作品 pixivで「ケットシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292700

コメント