ピクシブ百科事典

オーガ(ファントム)

おーが

この記事は『仮面ライダーウィザード』に登場したオーガについて扱う。

仮面ライダー鎧武×仮面ライダーウィザード「天下分け目の戦国MOVIE大合戦」のネタバレが含まれます。未見の方はご注意ください。





















「さぁ、コヨミを殺せずに絶望するか、コヨミに殺されて絶望するか、好きな方を選びな‼」

概要

仮面ライダーウィザード』の最終回後の後日談となるストーリーを描いた「天下分け目の戦国MOVIE大合戦 」、『仮面ライダーウィザード 約束の場所』に登場する事実上、ウィザードの真のラスボスにあたる自称「最強のファントム」。

貪欲までに自身を地上最強の存在へと至らしめる野望を秘めており、それを目指すためには手段を選ばず、どんな非道な事もやってのける残虐非道な外道。
そんな彼を奈良瞬平は「お前は人間じゃない‼この悪魔―ッ」といわしめ、仁藤攻介にいたっては「大喰らいな所がキマイラとキャラが被ってんだよ。大喰らいなファントムはキマイラだけで十分だっつーの‼」と不快感を示すほど。

ゲートは「大須賀」と名乗る白い服装毛皮のコートを羽織り、顔の右側に特徴的なタトゥーが掘られた男性で、如何なる経緯でファントムを生み出したかは謎に包まれている。

左肩から腰の当たりまで裂けた悍ましき巨大な口を持っており、これを展開させ伝承に登場する人食い鬼「オーガ」の如く文字通りファントムを喰い、その喰らったファントムの能力を使用出来るという恐るべき能力を持つ。また、何かしらの魂が込められた物を具現化(実体化?)させ、精神支配し操る能力も有する。

どのような経緯かは不明(別個体か、倒した後の残留魔力エネルギーを食った?)だが、今までウィザードたちが倒してきた複数のファントム能力を身に着けており、身に着けた能力を使う際はそのファントムの名前と、全身像が一瞬オーガに浮かび上がるのが特徴がある(劇中で確認出来るのは、冒頭で食い殺されたカーバンクルを始め、ミノタウロスベルゼバブメデューサ(ファントム)グレムリン進化体レギオン)。

また、素の戦闘力もウィザードに引けを取らないほど強く、専用の剣を持って相手を切り捨てる。


最強を目指す過程で笛木の研究所を突き止め、そこに眠るカーバンクルを3体、人間体のまま圧倒し、食い殺し能力を奪い、次の目標を操真晴人のアンダーワールド内にいるウィザードラゴンに定め、海外にいた彼の所に向かい、ある国の海岸でウィザードと交戦、ベルゼバブの空間操作能力、グレムリン(進化体)の能力などを駆使し、ウィザードを圧倒する。

しかし、いくら傷つこうが、追い詰められようが全く絶望するがない晴人に対し苛立ちを覚えるが、地面に倒れ伏した際、変身解除された彼が落とした「ホープウィザードリング」に興味を示し、これこそが彼の『希望』であることを察し、リングを持ち去り日本へ帰国、「ホープウィザードリング」に宿るコヨミの魂を具現化、彼女を操り破壊活動をさせることにより晴人の絶望を誘おうとする。

それを阻止しようと再びビーストへと変身した仁藤をメデューサなどの力を行使し圧倒し、晴人に対しこのような事態を招いたのは未練がましく指輪を手放さなかった彼にあるとし、彼女を殺して絶望するか、殺せず絶望するかの最悪の選択を迫り一時姿を消す。

しかし面影堂にて決意を決めた晴人は、再びコヨミと対峙した際、どのようなコヨミであっても自分が守るという決意、そしてかつてサバトで生き残ったのが自分だけではなかったことに安堵し、自分の希望がコヨミだったことを告白。
するとその思いが届いたのか操られていたはずのコヨミは彼の思いに応えたかのように動きを止め、感謝の言葉を晴人にかけつつ消滅。

この予想外の事態に驚いた彼はレギオンの能力を使い晴人のアンダーワールドに直接乗り込んだ上でドラゴンを喰らうという実力行使に作戦を変更。慌てて晴人のアンダーワールドに向かおうとする仁藤を3体のカーバンクルで足止めし、アンダーワールド内へと侵入し、絶体絶命の危機に陥る。
その時、まるでこの危機を察したコヨミの魂と瞬平の作った「チチンプイプイウィザードリング」に込められた皆の思いが晴人を護ろうとするかのごとく反応し、フレイムスタイルの分身が出現、アンダーワールドへ。

自らのアンダーワールド内に侵入してきた居るはずの無いのウィザードに驚愕し(そりゃあ驚くワナ(;´Д`))、激戦を繰り広げるが、コヨミとの思い出が詰まったアンダーワールドでは勝てるはずもなく、最後はウィザードラゴンの炎を宿したウィザーソードガンの一閃を受け爆散、消滅した。

関連タグ

リベンジャー・ロイミュード・・・・・・こちらも似たような能力を持つ

コメント