2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:戸塚純貴

概要

幼い頃に読んだ「森の魔法使い」という絵本に感化され、魔法使いに憧れる青年。
第2話から登場。

魔法使いとの出会い

ファントムに襲われた際に晴人と彼の魔法に出会う。
彼を襲ったファントムであるヘルハウンドの策略により「魔法使いにはなれない」現実を突きつけられて絶望し、ファントムを生み出しかけたが、晴人に「お前の夢は俺が継ぐ」と言われ、助けられる。
その後、魔法使いになることはあきらめたが、晴人の助手になることになった。
魔法使いになれなかった分、自分にできる精一杯の手助けをすることが晴人の助手をやる意義となっている。

魔法使いの助手として

凛子とは違い、武器を持たない一般人なので普段は情報収集、避難誘導、保護したゲートのケア等裏方に回ることが多い。

だが序盤は一般人と共に怯えたりファントムの策略にハマったりとお世辞にも役に立っているとは言えず、時にはそれが元で自己嫌悪にも陥ることもあった(武装してないから仕方がないとはいえ、序盤は特に目立っていた)。
しかし物語が進むにつれて、晴人不在の状況でも臆することなく凛子と共にファントムからゲートを守り抜いたり、丸腰でファントムに立ち向かったりと助手としての成長が窺える。
また、終盤とある事情から晴人がゲートに対して最悪の決断を下そうとした時には普段の彼からは想像出来ない晴人へ喝を入れる姿が見られ、初登場時の彼を知る視聴者に衝撃を与えた。

本編終了後は、魔法の指輪を作りながら旅に出た晴人の帰りを待つため、輪島の弟子となり指輪職人になる事を決める。

本編後の時間軸である劇場版では、彼の作った指輪がキーアイテムとなる。

余談

視聴者から序盤での行動からチンプイとも呼ばれる。

作品の序盤から登場している瞬平だが、詳しい素性については詳しく述べられておらず、年配の輪島を除いて家族の姿が描かれたレギュラー陣の中でも浮いており、仁藤の祖母との交流時におばあちゃん子だったことが語られた程度である。
どこに住んでいるのか、仕事をしているのかも不明であり、第36話で車を運転していたことから免許は持っていることが分かる。
交友関係については高校の先輩だった稲垣哲也(演:石田卓也)が登場した他、自転車をくれた友達の存在が本人の口から語られている。

ガラケーからスマホへの移行期だった放送当時では、仁藤と同じくスマホユーザーであった。(晴人、凛子はガラケーユーザー)

作中で触れられることはないが服装が派手であり、その方向性もオシャレというよりは原色同士のレイヤードシャツに鮮やかのパンツ、ボーダー柄にストライプ柄を合わせるといった前衛的なものが多い。第8話では小学生である伊藤洋樹(演:武田勝斗)と瓜二つのコーデのツーショットが見られる。
第26話では高校潜入のために学生に変装したのだが、何を思ったのか女子生徒の制服を着て女装をしている。その制服はどこで入手したのか…

ヘルハウンドの自作自演で魔法が使えるようになったと勘違いさせられた彼だが、彼はゲートであった為、魔法使いになれる素質が無かったわけではない。
本編では魔法使いになる事はなかった彼だが、ifの世界やパラレルワールドでは実際に魔法使いとなった瞬平が登場している。

関連タグ

仮面ライダーウィザード
操真晴人 コヨミ 大門凛子 輪島繁 面影堂
ヘルハウンド ヴァルキリー

菊池啓太郎白井虎太郎…同じく一般人目線として作中で描写されることの多いキャラクター。

関連記事

親記事

面影堂 おもかげどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244597

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました