ピクシブ百科事典

菊池啓太郎

きくちけいたろう

『仮面ライダー555』の登場人物。イラスト右側の人物。
目次[非表示]

演:溝呂木賢

概要

「世界中の洗濯物が真っ白になるように世界中のみんなが幸せになる」ことを夢見る青年。年齢21歳。
実家は創業100年の老舗クリーニング店『西洋洗濯舗 菊池』を営んでいる。両親は「世界中の洗濯物を真っ白にする」ためにアフリカに渡っており、店の経営は啓太郎に任されているが、店は赤字続きである。
クリーニングの修業先の九州で乾巧園田真理と出会うと同時にオルフェノクの存在を知り、「時々店を手伝う」ことを条件に二人を実家に下宿させる(後に草加雅人も加わる)。巧のことを「たっくん」、真理のことを「真理ちゃん」、草加のことを「草加さん」と呼んでいる。

555らくがき


真っ直ぐな性格のお人好しで、しょっちゅう洗濯を頼みに来た客の相談に乗ったり、代わりに買い物をしてあげたりしており、本人はそれを「人助けをするのは当然のこと」と語っているが、真理からは「利用されてるだけ」と言われてしまっている。極端に優しい性格故に普段はほとんど怒りを見せることはないが、洗濯物を汚したり、滅茶苦茶にする者には激怒する。
長田結花とは物語開始前からのメル友で、結花にとっての唯一の相談相手だった。実際には劇中で何度も本人同士で会っていたのだが、終盤までお互いのことには全く気づかなかった。
中盤で巧の正体がオルフェノクだと知って一時は恐れてしまうが、それでも恐怖を抑え込んですぐに巧のことを受け入れた。
終盤で結花がメル友の「結花さん」と同一人物と気づき、同時に彼女もオルフェノクであるということを知るが、巧のこともあって既に「オルフェノクが必ずしも人間の敵とは限らない」と理解していた啓太郎は恐ることなく彼女のことを受け入れる。そして彼女と始めてのデートの約束をするが、それを果たす前に結花はロブスターオルフェノクに殺害されてしまい、結局啓太郎と結花の恋は悲恋に終わってしまった…。

啓太郎は結花の死の事実を知ることはなく、「結局自分は振られてしまった」と解釈していた。

ちなみにオルフェノクと遭遇した際に巧に電話で「たたたたっくん!おおおオルフェノクが!」と知らせるシーンはもはやお約束となっていた。

ちなみに彼は流星塾のメンバーでもなく、オルフェノクに覚醒もしていない為レギュラーキャラの中では唯一、一度も死亡してない


劇場版『パラダイス・ロスト』ではなんと真理の危機に「飲めば一度だけベルトを装着して変身することができる」という薬品「変身一発」を飲み、仮面ライダーカイザへと変身。1本目は弾かれてしまったが2回目は何とか変身できた。ただひたすら殴るという滅茶苦茶な戦法でライオンオルフェノクを圧倒し(この滅茶苦茶な戦法が逆に功を奏したと言える)、ゴルドスマッシュで勝利した。変身後に砂になる事はなかったが、代わりにカイザギアに負担がかかり灰化してしまった。

仮面ライダー大戦』では登場しないが、巧が現在も『西洋洗濯舗 菊池』に滞在していたことからおそらく今も変わらずみんなの洗濯物を真っ白にしていると思われる。しかし、草加のトラウマから逃げたい一心で巧は一人旅に出てしまう。その場に啓太郎や真理がいなかったことから二人の留守中に勝手に出て行った可能性が高い。後にトラウマを振り切った巧が再び啓太郎の元に戻って来たかは不明だが、勝手に出て行かれた啓太郎からしたらどんな気持ちだろうか…。

関連タグ

乾巧 園田真理 草加雅人 長田結花 洗濯物

三枚目の皆さん

モグラ獣人 がんがんじい チョロ 白井虎太郎 JK(ジェイク) 奈良瞬平 山ノ内御成

pixivに投稿された作品 pixivで「菊池啓太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19490

コメント