ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「やってみるさ。俺に…何が出来るか分からないけど」(第35話)

「草加、俺も戦う! 今度こそ本当に。デルタとして」(第40話)


演:原田篤


概要

草加雅人園田真理同様の「流星塾」出身者の一人。

控え目で争ったり傷付くことを嫌う性格で流星塾のことを忘れて普通に生きていきたいと考えており、事ある毎に「もう帰りたい」と口にしていた。

そのため、彼等の戦いに同調する事を拒んでいる。真理が命を落としてもその姿勢を変えようとはせず、それどころかこんな状況であるにも拘わらず「バイトがあるからもう帰っても良いかな…?」と言って面倒事に巻き込まれるのを避けようとした。

しかし、スパイダーオルフェノクスタッグビートルオルフェノクとの戦いを通して上記のセリフと共に遂に戦う決意をする。


…と思いきやバーナクルオルフェノクの襲撃に遭った際には、デルタに変身して立ち向かうも敵わずその後「足が動かない」と嘘をついてまたもや戦いから逃げようとする(尚、バーナクルはその後通りすがったがデルタに変身して追い払った)。しかしデルタギアを道路に捨てようとした時にそれを拾おうとしてトラックに轢かれてしまった阿部里奈の言葉を受け、今度こそ本当にデルタとしてオルフェノクと戦う決意を固めるのであった。


普段は里奈と共に創才児童園フレンズホームというスマートブレインが経営している養護施設でアルバイトをしている。


戦い慣れている巧や雅人に比べると力不足であり、単独での戦闘では苦戦するが多いが徐々に戦士として成長していき終盤でのドラゴンオルフェノクとの戦いでは勝利の立役者となった。


オルフェノクである巧のことは(草加の入れ知恵もあって)最初はやや懐疑的に見ていたが里奈と共に助けて貰ったことや共に戦ったことで強く信頼するようになり、草加に反発してまで巧を庇ったこともある。


オルフェノクの王との最終決戦にも参加し、戦いが終わった後は里奈と共にスマートブレインの倒産に伴いフリーランスとして運営されていくことになった創才児童園で引き続き働いている。


三原≠ヘタレ

戦う決意を固めるまでが長かった事やそれまでの彼の行動、そして戦績があまり揮わなかった事(単独で倒したオルフェノクは一体のみ)等からファンの間では完全に三原=ヘタレというイメージが定着している。実際にはいきなり変身して戦えと言われて戦える人間の方が圧倒的に少なく、迷いながらも最終的には戦うことを決意し、戦士として、仮面ライダーとして成長していったのだから間違く強い人間ではある(これについては演者の原田氏も言及している)。


一方で悩む期間が長かったことが問題点であることも事実であり、結果としてヘタレキャラ扱いされ、上記の様に真理が死んでも尚逃げる姿勢を見せる、戦うことを決意したのに嘘をついて逃げようとするなど(少なくともヒーローとしては)問題行動を取っていた。



「突如孤児院時代の仲間達が次々謎の怪物に襲われ、対抗出来る謎の力を手にしながらも仲間達すら凶暴化し力を奪い合う仲間割れを始める」という理不尽な恐怖に晒され逃避を望むも、最後には「自ら力を手に戦う決意を固め戦いが終わる時まで仲間達のために戦い抜いた」三原の生き様は、『仮面ライダー555』の物語において重大な要素となった「仮面ライダーの変身者が複数人存在する」点から「誰でも自由と平和のために戦う志を持つ“仮面ライダー”になれる」ことを体現する姿だったとも取れるのかもしれない。


デルタギアとの相性

デルタギアには装着者の精神を変質させ狂暴な性格に変え、非装着時にも超常的な力を与える「デモンズスレート」が内蔵されているが、装着した流星塾の面々がベルトを巡り同士討ちまで始めたのに対し、デルタドライバーと順応出来ていた三原にはそういった影響が現れることは無かった。


三原の勇姿

戦闘面では少しアレな三原だが、戦う決意を固めてからの彼の行動自体は普通にかっこいい。


  • 巧がローズオルフェノクに襲われた際には巧のことをまだ信用しきっていなかったにも拘わらず彼を助けるためにデルタに変身しようとする(但し、変身前にローズオルフェノクの妨害を受けたため、変身出来なかった)。
  • ラッキークローバー達を相手にして苦戦を強いられていた草加に自ら加勢しに駆け付ける(但し、碌に役に立てないまま変身解除)。
  • 巧、雅人と共に3人同時変身を披露し、ラッキークローバーと三対三の戦いを行う(但し、よりによって相手がドラゴンオルフェノクだったため、始終劣勢であった)。※
  • 巧を敵と認識して攻撃を加え、巧が戦う意思が無いことを証明するために変身解除しても尚攻撃しようとする草加を制止する(しかしその行為に激怒した草加に殴られてしまう)。
  • 草加と共に自分達自身の仇であるドラゴンオルフェノクに戦いを挑む(しかし二人掛かりでも敵わず、花形に助けられる)。
  • 鈴木照夫少年と海堂直也を助ける為に変身し、バットオルフェノクと戦う(しかし全く歯が立たず、駆け付けた巧に助けられた)。
  • 真理がオルフェノクに狙われている照夫を『西洋洗濯舗 菊池』に引き取ることを提案すると「俺も出来る限りのことは協力する」と笑顔で答える。
  • 最強クラスの敵であるローズオルフェノクに臆せず立ち向かう(しかし単体で敵う筈もなく変身解除させられた上にデルタギアを奪われる)。
  • ライオトルーパー達を倒すために海堂が自分に土下座をしてまで頼んできたため、真理達と共に養父である花形と会うという約束を断ってまで海堂に力を貸す(しかし集団で攻撃してくるライオトルーパー達に敵わず変身解除させられ、再び変身しようとした瞬間ライオトルーパーの一人にデルタギアを蹴り飛ばされる)。
  • 草加の死を素直に受け入れ、「草加…俺の中で生きてくれ。君の強さを俺にくれ!」と心の中で呟く。
  • 以前は全く敵わなかったドラゴンオルフェノクに痛撃を与え、巧と同時に必殺技を叩き込んで大きなダメージを与える。
  • 最終話でアークオルフェノクとして覚醒しつつあった照夫を救出するために単身ラッキークローバー二人に挑む(しかしやはり敵わなかった上に照夫を助けることも出来なかった)。
  • 最終決戦では覚醒したアークオルフェノクに巧、木場と共に立ち向かった(おいしいところは主人公である二人に持っていかれたが)。

※ドラゴンオルフェノクは作中最強クラスのオルフェノクであり、三原でなくとも一対一は非常に厳しい相手である。そして三原がその相手を引き受けたからこそ、巧と雅人はそれぞれの相手を早々に撃退し、ドラゴンオルフェノクと三対一の戦いに持ち込む事が出来ており、足止めとしての役割は充分に果たしたと言える。

その後はデルタムーバーの射撃でドラゴンオルフェノクを牽制し巧、雅人によるダブルグランインパクトを援護、更に連撃を与え撃退させるという快挙を成し遂げている。


余談

実は当初の予定では存在していなかった、いわゆる後付けのキャラクター

当初のデルタの変身者だった木村沙耶が様々な大人の事情により即退場してしまう事になり(この辺りは彼女の項目を参照)、代わりの変身者として用意されたのが三原だったのだ。そうした経緯もあり第12話に出てきた流星塾同窓会の寄せ書きに彼のそれは無く、劇場版『パラダイス・ロスト』にも未登場。


尚、劇場版については『HERO SAGA』に掲載された前日譚にてある事がきっかけで他の流星塾生達の殆どが死亡した事を語り、自身は数少ない生き残りとなっていた。真理達のもとへ駆け付けデルタに変身して戦うも、真理に好意を持っていると誤解した草加の策略によって灰化・死亡。

そしてスマートブレインに奪われたデルタギアを元に”帝王のベルト”が作られることが示唆されている。


本編の正統続編と銘打たれた『パラダイス・リゲインド』には未登場。デルタギアはオリジナルキャラクターのヒサオが所持しており、三原とパートナーの里奈の所在については明かされていない(メタ的なことをいえば三原を演じた原田氏が既に芸能界を引退したからというのもあると思われる)。


三原を演じる原田篤氏は過去に『救急戦隊ゴーゴーファイブ』で巽ショウ/ゴーグリーンを演じていた。ただし、彼は熱血漢である。


関連タグ

仮面ライダー555 仮面ライダーデルタ

流星塾

阿部里奈 草加雅人 海堂直也 園田真理 澤田亜希 乾巧 木場勇治

ヘタレ

みはりな:カップリングタグ


関連・類似キャラクター

  • 名護啓介脚本家が同じ作品白いサブライダーの後輩「井上キャラ」「女性のパートナーがいる」「人間としても戦士としても大きく成長した」「物語が進むにつれて主人公とも打ち解け合い、強く信頼するようになる」「変身ベルトを奪われ、変身された事がある」「仲間の協力により変身ベルトを取り戻し、その敵に一矢報いる」「一時的に怪人との戦いでまともに戦える状態でなくなってしまったのが原因で戦いから身を引こうとするが、パートナーからの激励を受けて再起する」「最終決戦を戦い抜いて生存する」という共通点がある。
  • ザック人間としても戦士としても大きく成長を遂げたサブライダーの後輩敵対する大企業によって開発された変身ベルトを使用して黒いライダーに変身」「主人公2号ライダーよりも後にライダーになった」「ライダーになってから物語が展開された」「2号ライダーとはクラスメイト(チームメイト)の関係にあり、強く信頼している」「2号ライダーの行き過ぎた言動に疑問を抱く事もある」「戦う決意を固めてからは大切な仲間達を守る為にどんな強敵にも立ち向かうようになる」「2号ライダーから戦力を与えられる」「初変身した時の戦闘では2号ライダーのサポートを受けながら奮闘する」「物語が進むにつれて主人公とも打ち解け合い、強く信頼するようになる」「2号ライダーに反発してまで主人公の味方についた事がある」「2号ライダーが戦死してからもその思いを胸に抱きながら戦い続ける」「最終決戦後も生き残る」といった多くの共通点がある。

3号ライダー変身者

北岡秀一三原修二相川始


外部リンク

三原修二 | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

流星塾 りゅうせいじゅく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40850

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました