ピクシブ百科事典

バーナクルオルフェノク

ばーななっくるおるふぇのく

バーナクルオルフェノクとは、オルフェノクの王・アークオルフェノクの覚醒を促すために暗躍したスマートブレイン社の社員の1人のオルフェノクの名称である。
目次[非表示]

「『嫌だ』と言うのなら、ベルトだけではない。命も頂く事になりますが」
CV(人間態)/ 白井雅士

概要

『仮面ライダー555』第38話「彷徨える魂」に登場するフジツボの特性を備えたオルフェノク
スマートブレイン社の社員の1人でもあり、普段は眼鏡をかけた男性の姿で人間社会に溶け込んでいる。

村上からオルフェノクの王・アークオルフェノクを探し出すように命じられビル火災を意図的に引き起こして“九死に一生を得た子供”を作為的に生みだす事で、アークオルフェノクの覚醒を促そうと暗躍していた。

能力

コンクリートのビルも簡単にぶち抜く程の硬殻なボディを誇っており、戦闘の際は相手にタックルを喰らわせる突進攻撃を得意としている。
また、ハンドボールサイズのガス爆弾を放ち、周囲500mの酸素を燃やし尽くす事で酸素欠乏症を引き起こして相手の息の根を止めることも可能。

主な活動歴

村上社長からの指示でビル火災を引き起こし、次々に“九死に一生を得た子供”たちを生み出して行くが、その過程の途中で偶々防犯カメラに姿が映っていた為、身元が割れてしまうという失態を犯してしまい、それによりスマートブレイン社に捜査の目が向いてしまうという事態になってしまう。

その為に村上から見限られてしまい、口封じの依頼を受けたラッキークローバーの1人、北崎から今度は自身が命を狙われる立場になってしまった。

その後、(描写が無い為、何とも言えないが)自身の命が狙われているとは露知らず(あるいは汚名返上の為に手柄を立て、それを手土産に許しを請おうとした?)、今度はベルトの強奪を目論みと三原里奈の前に出現し、三原が変身したデルタを圧倒。

その圧倒的な威力を持つガス爆弾の火力で三原を変身解除まで追い込み始末しようとするが、偶然通りかかったの変身したデルタには成す術もなくその場から撤退する。

その後、今度はファイズのベルトを奪おうと木場真理の前に現れ、木場が変身したファイズと交戦するが、最後は『グランインパクト』を受け絶命し、と化して消滅した。

これによって彼の本来の任務であるオルフェノの王の覚醒を促す為のテロ行為は無くなり、王の覚醒は引き延ばされたかに見えたが………

関連項目

オルフェノク フジツボ スマートブレイン 仮面ライダー555

pixivに投稿された作品 pixivで「バーナクルオルフェノク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント