ピクシブ百科事典

鈴木照夫

すずきてるお

仮面ライダー555の登場人物の1人。

演 : 渡辺彼野人

概要

仮面ライダー555』38話より登場。
バーナクルオルフェノクによって引き起こされたスマートブレイン所有のビル火災で両親を失った少年で、その際に啓太郎直也に救われ『創才児童園』に預けられるが、事故のトラウマから心を閉ざしてしまう。

さらに火災の時に両親を助けなかったという理由から直也を逆恨みし、彼を呼び出してその事を糾弾。その後も彼が面会に訪れる度に責め立て続けていた。

また、啓太郎に対しては物を投げつけたりなど、寂しさを紛らわすためとはいえ彼が人が良い事を逆手にとって我儘の限りを尽くしていたが、結花に怒られて以降は大人しくなる。

その後、『創才児童園』に中々馴染めない上に先輩格の児童たちからの虐めを受け耐え切れなくなり、園から脱走。
行く当ても無かった所を、彼を心配した直也に引き取られ、以降彼と共に暮らすようになり、彼の優しさに触れていく内に次第に打ち解けて直也に懐くようになり、更にはたちに対しても心を開くようになっていった。

実は本人も知らぬことだったが、彼こそがその身にオルフェノクの王・アークオルフェノクの宿主たる“九死に一生を得た子供” その人。
本人にその自覚がないまま無意識下で時折王としての意識が表面化して完全覚醒の為に他のオルフェノクたちを襲撃し、喰らっていた(なお、照夫と王の人格はそれぞれ別のものの様な描写が有るが、詳細は不明)。

最終回において、アークオルフェノクの体内に吸収された後、勇治の手により体内に宿ったアークオルフェノクが覚醒したのと同時に最終的に内部から食い破られたかの様に砕け散り死亡する。

関連項目

アークオルフェノク

コメント