ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「俺に言わせればな、夢ってのは呪いと同じなんだ。呪いを解くには、夢を叶えなきゃいけない。
……でも、途中で挫折した人間はずっと呪われたままなんだ」

演:唐橋充

概要

年齢23歳。一人称は「俺」あるいは「俺様」。
元音大生で、クラシックギターで天才的な才能を持っていたが、その才能を妬んだ教授が仕組んだバイク事故で手を負傷、演奏家生命を絶たれてしまった。
その後大学を中退し目標もなく過ごしていたが、偶然居合わせた喫茶店で、木場勇治長田結花教育スマートブレインから任されたスクィッドオルフェノクが店内の人間を無差別に襲った際に犠牲者となり、使徒再生でスネークオルフェノクとして覚醒した。

そのため、勇治・結花を含めた本作の主要オルフェノク3人の中では唯一の使徒再生である。その後は勇治と結花と行動を共にすることになる。
性格は露悪的で、場当たり的な態度、更には身振り手振りが大仰なためわかりにくいが、その実人間を愛しており、人間としての心を捨てきることはできなかった。
オルフェノクの中でも最も人間臭く、後輩や子供に対しては面倒見の良い一面もある。

当初はオルフェノクのことを聞いても、人間を超えた力を手にしたことでこれまで自分を罵倒してきた者への復讐に走ろうとしたが、心の底では人間を憎みきれていなかった。
そして自身を慕う音楽学校の後輩・黒田和彦に「自分と同じ指をしている」とギターを指導した後、自身の夢の後を継ぐ者に思いを託し、マンションの窓からギターを投げ捨て決別した。
(この決別があったからこそ、最終的には人間との共存を望むオルフェノクとしての立場を貫けたと言える)

結花から想いを寄せられ、告白されてもいるが、本人は真理一目惚れして何度もアプローチを重ねていた。結花にそそのかされ真理にプロポーズするが当然玉砕。その後は特に真理を意識している様子は見られなくなった。

物語後半、ビル火災から助けた少年鈴木照夫を気にかけるようになる。
啓太郎と隠れんぼをして照夫と一緒にトイレに隠れていた時、アークオルフェノクだった照夫に命を奪われそうになるが幸いにもその直前に真理がトイレに入った為、命は奪われていない(もし、真理が入っていなかったら彼は死んでいたかもしれない)。
スマートブレインの社長になった勇治からライオトルーパー隊の隊長に選ばれ一時は勇治に協力するが、勇治の目的が「オルフェノクと人間の共存」から「人類の抹殺」へと変わってしまったことを知り決別。心の底でずっと勇治を尊敬していたこと、本当は彼のように生きてみたかったことを吐露して「これからは俺がお前の代わりになる」と人類側に立つことを宣言。ベルトを返却し、三原修二に協力を請いてライオトルーパーの始末にあたった。(その後劣勢になり、乾巧を呼び出して殲滅させるに至っている)
最後は、照夫に宿っていたオルフェノクの王・アークオルフェノクを倒すため、巧達側について戦った。最終決戦後は死んでいった勇治や結花に思いを馳せ、一人どこかへ旅立っていった。

とまあこのように本編では最後まで生き残ったが、劇場版では非業の死を遂げてしまう。
ちなみにこちらでは結花に好意を持っている。結花本人にそれを見抜かれつつも素直になれずにいたが、結花の死に際に想いを告げて彼女を看取った。

軽薄で奔放なキャラクターではあったものの、一見、無責任かと思いきや、後輩や照夫を気にかけるなど非常に面倒見が良く、悪意を持って人を攻撃する事が無かった為、「555で一番の聖人」と評される事も(大学を襲おうとした…ものの、その実態は単なるイタズラに近いし、人間を殺してしまった件に関しては自己防衛による所が大きい)。「人間は嫌い」と言いつつも、第26話で「人間を捨てられない所が俺様の良いところだ」とある種の開き直りを見せている通り、その実お人好しなのだ。
彼の代名詞は口癖のように使っていた「ちゅーか」

尚、劇中で仮面ライダー1号の変身ポーズを取るシーンがあるが、演じた唐橋氏曰く海堂が初代仮面ライダーを見ていたという体でのアドリブらしい。

仮面ライダー4号では

スーパーヒーロー大戦GP』の後日談『仮面ライダー4号』では、意外な形で登場することになる。

ここから先は4号のネタバレを含みます


















ショッカーの事について何かを知っており、巧にこれ以上深入りしないように警告する。
巧に相手にされなかった為、スネークオルフェノクに変身して巧を襲うも仮面ライダーマッハに妨害される。
彼の目的については謎のままだったが、その真相は巧が物語の鍵を握る歴史改変マシンを動かしていた為でありそのマシンが破壊されれば巧は消えると知った上での行動だった。
オルフェノクで一人生き残った海堂は、「皆の死が本当に意味があるのか」と考える様になっていた。
そして巧が歴史改変マシンを破壊するのを阻止する為、スネークオルフェノクに変身して戦いに挑む。
最期はクリムゾンスマッシュを喰らい、巧に「馬鹿」と言って崩れ落ちる。死亡したかに見えた(ただし身体の灰化はなかった)が、歴史改変マシンが破壊されたからか最後のシーンでは生存していた。

元に戻った世界でロイミュードが出現した連絡を受けた進ノ介がぶつかり、彼に謝罪された。
他の皆は巧の事を忘れていたが、彼だけは巧の事を覚えていた。
(これに関しては、死亡した瞬間と歴史改変マシンの破壊による歴史修正の瞬間が一緒に起きたせいで記憶が融合したという理由(ほぼ無理矢理だが)ならば覚えている事に説明がつく)
「…さて、この空を守ったのは一体誰なんでしょうか…なあ、乾?」

関連タグ

仮面ライダー555 スネークオルフェノク
木場勇治 長田結花

関連記事

親記事

仮面ライダー555 かめんらいだーふぁいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「海堂直也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66118

コメント