ピクシブ百科事典

襟立健吾

えりたてけんご

襟立健吾とは、『仮面ライダーキバ』の登場人物の一人である。
目次[非表示]

演:熊井幸平

解説

仮面ライダーキバ』に登場する青年。
「音楽で人をジンジンさせる」ことを夢見る21歳のロックンローラーで担当はギター出身は東京だが素の自分を隠すため関西弁で話す。得意料理はお好み焼き
自身が結成したバンドイケメンズでメジャーデビューを狙っていたが、強引な性格が災いしメンバーに愛想を尽かされて逃げられてしまい困っていたところ、ロックに興味を持った紅渡をベースとしてメンバーに引き入れる。その後渡と意気投合し親友となった。

考えるより先にその場の感情で動いてしまうタイプで、名護啓介ほどではないものの自己中心的な一面も持つが根は悪い奴ではない。しかし自分本位で物事を捉えることもよくあり、鈴木深央とのデートもそのせいで大失敗している。

途中から自身をファンガイアから救ってくれたキバやイクサを崇拝するようになり、強引に名護に弟子入りする形で「素晴らしき青空の会」に入隊。戦士として成長していくが、シケーダファンガイアとの戦いで腕を負傷しギターが弾けなくなってしまい、そのことを隠していた渡に失望し、絶交してしまう。

さらに追い打ちをかけるように名護が「彼にはもう興味がない。いや、元々なかった」と自身を破門しようとしていた事を知ってしまい、絶望しの中泣き崩れていたところを「青空の会」会長の嶋護に拾われ、戦士としての訓練を受け正式に素晴らしき青空の回の一員となる。
しかし、以前とは打って変わり髪を切り、関西弁をやめて標準語で話すようになり性格も冷徹非情かつ傲慢になり、渡や恵に平気で暴言を吐き、名護を必要以上に暴行するなど攻撃的な一面も出てくるようになる。

そして名護からイクサの装着者の資格を奪い、彼の野望の一つであった「名護啓介を蹴落とす」という野望の第一段階を達成させることに成功。
そして次の野望「ファンガイアの殲滅」の為に戦い、その過程で渡もファンガイアの血を継いでいる事を知ると、嶋からの命令もあって容赦なく敵として倒そうとした(その時はアシストについていた名護や恵の妨害行為もあって、失敗した)。
戦闘能力こそ名護イクサを上回るほどであったが、公私問わず見境なく暴れまわるその自制心の無さと慢心ぶりは目に余る程であり、それでいて自身の素行を全く反省する素振りすら見せないという、ぶっちゃけタイムトラベル前の名護よりも酷い有り様であったが、ある時、とうとうそのツケが回ってくる形で半ば無謀に挑んだビショップに返り討ちにされ、惨敗を喫する事となった上、それが決定打となりとうとう自分を拾ってくれた嶋からも愛想を尽かされ解雇されてしまう。

が、皮肉にもそれをきっかけに自身の間違いに気づき、改心。
実は負傷する前から自分にはミュージシャンの才能がない事を薄々感じており、負傷した事で内心、それを逃げ口上にできるを喜んでいた事を告白し、名護や渡に謝罪。

元の性格に戻った後は再び関西弁で話すようになったが、髪型はこちらが気に入ったのか、それともロックンローラーへの未練を断ち切る為なのか、短髪のままであった。
その後は嶋の元で秘書として雑用をこなしつつリハビリをしていたらしく、終盤ではギターを弾けるほどにまで回復した。

劇場版

劇場版では中盤で元気な姿を見せたかと思ったらレジェンドルガに操られており、渡と恵を襲撃する。
エピローグではレジェンドルガの支配から解放され、正気に戻った姿が確認できる。

関連タグ

仮面ライダーキバ 素晴らしき青空の会 
仮面ライダーイクサ ライジングイクサ
紅渡 名護啓介

海堂直也スネークオルフェノク仮面ライダー555):ギタリスト志望、怪我でギターが弾けなくなったという共通点がある

カプリコーン・ゾディアーツ仮面ライダーフォーゼ):金色と黒のマダラの模様、ギターを使って戦う、「ジンジンする」が口癖など共通点が多い。恐らく裏モチーフは『仮面ライダー響鬼』の斬鬼

pixivに投稿された作品 pixivで「襟立健吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 906

コメント