ピクシブ百科事典

魔族(仮面ライダーキバ)

もんすたー

魔族とは作中設定に登場する13あるモンスターの種族のことである。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーキバ』作中の設定上に登場する13種類の知的生命体。
世界中で伝承されるモンスターの原典になったとされる。
共通点はどの種族もライフエナジー(魂もしくは生命力のようなもの)を吸って生きる点である。
ライフエナジーを得る手段は種族によって異なる。
種族によっては異種族交配も可能。

種族一覧

いわゆる吸血鬼の種族。
『キバ』ストーリー全体の敵。
優れた技術力を持ち、キバサガの鎧を作り上げた。
人間と愛し合う者もいるが、人間との恋愛は固く禁じられている。
13魔族の頂点に立つだけあり、他種族に侵略行為を繰り返し、意に従わない種族は絶滅させてきた。
ライフエナジーは虚空に実体化させた吸血牙を獲物に突き刺す。また、人間と同じように食べ物からライフエナジーを摂取することも可能。
モチーフは吸血鬼+地球上の生物+鳥類
名前の由来はFANG(牙)+vampire(吸血鬼)

  • ウルフェン族
狼男など獣人たちの種族。
人間への擬態は可能。結束力の高く集団行動の多い狩猟民族。
ファンガイアによって迫害、ルークに最後の集団を皆殺しにされたことによりガルルこと次狼を残し絶滅させられた。
ライフエナジーの摂取法は爪で精神体を取り出し、口からエナジーを啜る様にして行う。
攻撃法は獣らしく爪や嚙みつきであり月の満ち欠けで力が変動し満月時が最大となる。

  • マーマン族
半魚人の種族。また、河童もモチーフである。
湖沼や河川、湿地帯といった場所に生息。人間への擬態は可能。
こちらもラモンことバッシャー以外全滅。
人間との交配も可能だが、基本的にマーメイド族との交配によって繁殖する。
水を固めて打ち出す攻撃が得意。
また、マーメイド族と違って、水陸両方で生活ができる。
かなりの長寿で100〜120代でもまだ少年期であり1000歳まで生きそうだった個体もいた。
視力が発達している種族でもある。
オスしかいない種族だったりする

  • フランケン族
人造人間の種族。
彼らはフランケンシュタイン博士によって生み出された人造モンスター
培養によって個体数を増やす。
人間を襲ってライフエナジーを吸うことに変わりないが、純粋無垢な性格故に、受けた恩は絶対に忘れないとされる。人間への擬態は可能でライフエナジーは対象の口から直接吸い上げ摂取する。他にも雷をエネルギー源にできる。
一方、知能は人間に比べ低く、代わりに腕力がどの種族よりも発達しており、ファンガイアの脅威になっていたが、やはり力=ドッガを残し絶滅。
ちなみに彼らの種族が誕生したのは1700年代なのでその歴史はほかの種族と比べると浅い。
怪人態はロボット刑事+拳骨がモチーフ。

  • ドラン族
ドラゴンなどの種族。
グレートワイバーン、ガオーラドラン、ゴルディワイバーン、エルドラゴンなど様々なクラスが存在。
性質は凶暴で、多くはファンガイアによって戦闘用生物、要塞などに改造された。成長速度は人間の10分の1。
グレートワイバーンはこの種族の中でも最強とされ、キャッスルドランがこれに該当している(シュードランは同種の未成熟個体)。他にもゴルディワイバーンはドラン族の中で知能がもっとも高く他種族とのコミュニケーション能力に長けておりタツロットがこれに該当。
どこぞのRPGの様に、ガオーラドランの皮膚はアークやキバの鎧に転用されている(同種の牙を用いないとまともに加工できないほど丈夫)。

  • マーメイド族
作中未登場。
人魚などのメスしかいない種族。
マーマン族との交配が必要とされる(性差による形態が異なる同種とも解釈できる)。
完全に水中適応なため、陸上では活動できない。
それも手伝ってか、辛うじて絶滅は逃れた。
しかし、数が減っていることは確かで、マーマン族がラモンを残して絶滅、人間の乱獲などで数を減らしたことが示唆されている。
簡単にいうと絶滅危惧種。人間と交配できるかは不明。(マーマン族が人間と交配が可能という事が劇中で示唆されている為、可能だと思われるが、マーメイド族が完全水棲である事を考えるとやはり無理のようである。)

  • ゴースト族
作中未登場。
幽霊などの肉体を持たない精神生命体の種族。
他種族に取り憑いてライフエナジーを摂取するといわれる。
肉体を持たないせいか戦闘はできない。
ゴーストといっても霊魂とか怨霊ではなく、最初からこういう生命体である。

  • ギガント族
作中未登場。
10メートル前後もある巨体を持つ種族でタイタン巨人サイクロプスビッグフットなど実に多種多様なクラスが存在。
ほとんどが高山や雪山で生活している。
3WAによってイエティのタイプが捕らえられ、爪と冷気能力を解析、仮面ライダーレイ開発の参考にされた。
UMAとして確認されることからもわかるように絶滅からは逃れている。

  • ホビット族
作中未登場。
小人妖精などの種族。
ギガント族とは対極に身長は最大で10㎝になる。
人畜無害で森に生息、自給自足の生活を営む。
争いは好まない完全平和主義であるため、ファンガイア侵攻の際には真っ先に降伏したことにより絶滅は逃れ、ファンガイアに隷属することとなった。

  • ゴブリン族
作中未登場。
ゴブリンなどの同種、他種族問わず争いが耐えない種族。(彼らを連想させる)
頭の中が相手と戦うことでいっぱいなヤツらで、他種族を殺害し、捕食しては遺骸をコレクションするという悪趣味な嗜好がある。
ファンガイアと真っ先に対立したが、仮面ライダーサガとなった初代キング率いるチェックメイトフォーの返り討ちに遭い全滅。
鬼ではあるものの、鬼戦士とは別の存在である。

所謂吸血コウモリのような姿のキバットバット家やモトバット族などの家門が存在する種族。
魔皇力をコントロールする業に長けており、キバ、闇のキバの鎧を直接体内に封印されることで装着の最終決定権を担う。その能力から他の鎧や変身システムの参考にもされている。
ファンガイアとは同盟関係にあるようだ。
人間の頭くらいのなりだが、知能は人間を超えているらしい。
現在確認されている個体はメスを除いて杉田智和氏が演じている。
名前の由来はそのまんま『キバ』+『バット』から。

上記11魔族以外のモンスター以外の悪魔幻獣怪物がモチーフで世界中の伝承の大半の起源となったとされている。
戦闘力はチェックメイトフォーには後れを取るが、並みのファンガイアを凌ぐ。人間への擬態が確認されるのは1個体のみ。
他種族を洗礼、奴隷化することによりレジェンドルガ化させるなど、真の実力は計り知れない(これが一番手っ取り早い手段だが、同種での交配によって繁殖するかは謎のまま)。
彼らの頂点に立つのはキング制のファンガイアとは違い、ロードである。
キバへの対抗手段としてアークの鎧を開発している。
劇場版でのメインの敵で初代キングによってアークが封印されていた。
太古の争いで『ほぼ全滅している』。
テレビ版では登場しないが、共通してダークキバによって種族が全滅寸前に追いやられている(テレビ版と劇場版はパラレルワールドなので、テレビ版では既に全滅した可能性がある)。
デザインモチーフは植物+魔物。

一番個体数が多い種族。
他種族に比べ非力であるが、本能よりも愛や勇気などの精神論をモットーとする。
知識や文化が著しく発達した種族なためか、他の種族を惹きつけ、中にはファンガイアと愛しあう者や友情を育む者も存在。
結果、幾多の争い、憎しみ、悲しみを繰り返しながらも、他種族の存在や自分達が魔族であることを忘れるほどに増え数多くの言語や国を生み出しながら現在に至る。
また、他種族との交配で魔力を有した混血児を作ることも可能(この能力はオスメスの区別なし)。
反面種族内の統一性に欠けておりクラスは人種に分けられる。他の魔族と異なり、死んだ生き物からライフエナジーを摂取する。
数多くのファンガイアや他種族からは繁殖のための存在や、餌としか見られていないが、イクサシステム核兵器といった兵器を有し、迂闊に全面戦争を引き起こせば、両者の絶滅、最悪星を滅ぼす危険な存在とも見られているため、ファンガイアはあくまで人類を管理する考えに至った。


上記の種族にカテゴライズされないモンスター

  • サガーク族

UFOをモチーフとしたファンガイアによって製造された人工モンスターの種族。
人語ではなく、古代ファンガイア語で話す(玩具版では日本語で話す)。
知能は無いに等しく、キバット族同様魔皇力の制御に秀でるが、マザーサガークのように戦闘特化した個体もいる。

キャッスルドラン内に安置されている彫像。
マシンキバーと合体して、ブロンブースターになるブロンが該当。

種族不明の巨大モンスター。
サガの眷属とされ、巨大な翼の生えた蛇の姿をしている。
キバ飛翔態に敗れる。

この他に設定では馬型のモンスターが存在しマシンキバーにはその脳が搭載されている。

関連タグ

仮面ライダーキバ

ファンガイア アームズモンスター キバット

デルザー軍団

モンスター

関連記事

親記事

仮面ライダーキバ かめんらいだーきば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔族(仮面ライダーキバ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5698

コメント