ピクシブ百科事典

フランケンシュタインの怪物

ふらんけんしゅたいんのかいぶつ

メアリー・シェリーの小説『フランケンシュタイン』に登場する怪物。
目次[非表示]

概要

フランケンシュタインと言われて、われわれ日本人が真っ先に思い浮かべるのはツギハギだらけの巨漢の姿だろう。しかしながら、このには名前が無い。フランケンシュタインというのは怪物の名前ではなく、彼を生み出した科学者の名前である。
製造者ヴィクター・フランケンシュタインは、創り出した人造人間に名を付けることが無かった(作中ではただ単にモンスターと呼ばれている)ため、こいつはそのまんま「フランケンシュタインの怪物」と呼ばれている。

また、製造者のフランケンシュタインも、科学者のイメージから「博士」とされることが多いが、原典では一介の学生であり、博士号は持っていなかった。あまりに有名であるが故に、子引き、孫引きが繰り返されるうちに誤解が多くなった作品と言える。
脳天にねじが突き刺さり黒いシャツを羽織った巨漢……と言う姿は、1931年のアメリカ映画『フランケンシュタイン』でボリス・カーロフの演じた怪物がモデルになっている。
非常に強い怪力を持つ他、知能も高く作中ではドイツ語とフランス語を独学で学び、終盤では英語も話せるようになっている。
また、感情や感性も豊かで、彼が旅の途中で様々なものに触れ感情を知ってゆく様は正に人間の成長そのものであり、簡単に「怪物」と蔑むのも憚られる程に内面はナイーブ。

怪物くん』『ゲゲゲの鬼太郎』などの二次創作では、生命力が高くパワーはあるもののやや鈍重な怪物とされることが多い。
また日本の巨大ロボット物の元祖である『鉄人28号』について作者の横山光輝は、映画版のフランケンシュタインの怪物にヒントを得たと後に語っている。なお『鉄人28号』では、悪役キャラとして「不乱拳博士」が登場している。

ドイツではキングコング仮面ライダー等、創作上の怪力を持った人外はみな「フランケンシュタイン(の怪物)」と表記されやすい。

来歴

大学生ヴィクター・フランケンシュタインは、墓場から死体を盗み出して繋ぎ合わせ、遂に長年のだった人造人間を作り出した。しかしその醜い外見絶望したヴィクターは「怪物から逃げたい」と言う気持ちが芽生え、怪物を見捨ててスイスに逃走した。
残された怪物は次第に知恵を付けていき、ヴィクターを追いかけてスイスに向かい、「こんな醜いオレには恋人などできるわけもない、オレの伴侶を作ってくれ」と懇願する。
しかし、「もしこいつに生殖能力が有ったら、世界は怪物だらけ」になると危惧したヴィクターはこれを拒否して逃走。生みの親から「お前など子ではない」と言われた怪物は、怒りに任せヴィクターの家族恋人をその怪力で殺してしまう。ヴィクターは恐怖したまま北極海まで逃げるが、無理が祟って船上で死んでしまう。
ヴィクターが死んでしまった事を知った怪物は、その遺体を引き取った北極探検隊の隊長に「やり残すことはない」と告げると、不死身肉体を滅する為に北極点へ向かい、自らの身体を火中に投じるのだった。

フランケンシュタインの怪物をモチーフとしたキャラクター

なお、正式名をそのまま使うものはない。

スーパー戦隊シリーズ


仮面ライダー


その他特撮


漫画


ゲーム


その他


フランケンっぽいもの


キャラクターのモチーフとしての扱い

基本原典のような知的(?)な所は再現されずパワーファイターなキャラ付けが多い。また某作品の影響かもう二人とセットでいることも多い。

余談

家族や恋人が殺された以降のヴィクターや怪物の行動は、抄訳家によっては微妙に異なり、ヴィクターは『大切な人達を殺された復讐の為に、怪物を追ったが無理が祟って死亡』した。
怪物の場合、最期が『ヴィクターの死骸と共に、自らを北極海に沈めた』ともされる。

関連項目

フランケンシュタイン 西洋妖怪
フランケンシュタインの花嫁
モンスター 妖怪 哀しき悪役 
ハロウィン:定番の仮装。

ボリス・カーロフロバート・デ・ニーロ:映画作品でフランケンシュタインの怪物を演じた俳優達。

アイ・フランケン:フランケンシュタインの怪物が成り行きでヒーローとして活躍する映画。

関連記事

親記事

フランケンシュタイン ふらんけんしゅたいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フランケンシュタインの怪物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189930

コメント