ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『スモール・ソルジャーズ』とは1998年に公開された玩具を題材にしたアメリカ映画の一つ。
玩具を題材にした映画ではお約束の「玩具が自分の意志を持つ」がメインだが実は意思がある事を隠している怨霊が玩具に乗り移ったのような神秘的な物ではなく、最先端の科学技術で生み出されたというSF的な物でさらにメインビジュアルだけだと「人間型の玩具が善で怪物型の玩具が悪」と思われるが「怪物型の玩具が善で人間型の玩具が悪」という設定になっており、映画の関係者曰く「善悪は外見だけでは判断できない(要約)」の事で劇中でも両陣営の自分達以外の存在に対しての接し方でそのコンセプトが分かりやすく描写されている。

あらすじ

ある玩具メーカーを買収した軍事産業から民間産業にまで幅を利かせる『大企業グループのグロボテック社』が後に正義の兵隊という設定のコマンドー・エリートとその敵モンスターという設定のゴーゴナイトのフィギュアを制作し販売する事になるがある日、主人公で玩具屋の息子『アラン』がコマンドー・エリートのリーダーの『チップ・ハザード』とゴーゴナイトのリーダーの『アーチャー』のフィギュアを発売前に開封した事で事件が起きる事になる。

実はこれらのフィギュアは内部が精密な機械でできており、その上グロボテック社が開発した軍事用のチップが埋め込められている為、自由に動き回り、さらに人と会話ができるという(当時として)玩具の概念を超える代物であった。

しかしゴーゴナイト殲滅をプログラムされたコマンドー・エリートは、標的のゴーゴナイトだけでなく周りの人間達も標的にするなど暴走し、玩具の粋を超えた事態に発展するのであった・・・

ゴーゴナイト

ライオン似の獣人の外見をし、弓矢と剣が得意で礼儀正しいリーダー格の『アーチャー』、トロールのような見た目でのんびりな性格の『スラムフィスト』、青い体とギョロメが特徴で回る事が好き且つハイテンションな『インセニアック』、力持ちでサイのような姿をした獣人の『パンチット』、顔から足だけが伸び、よく飛び跳ねる『スクラッチット』、メンバーで唯一人語を話せない目玉モンスターの『オキュラ』、元はトログロカンという名前だがコマンド―達にバラバラにされた後に仲間達によって他の機械を組み込まれて復活した『フリーケンシュタイン』で構成された怪物達で自分達の聖地『ゴーゴン』を探している(という設定)。

見た目は怖いが彼らの生みの親のあるデザイナーが「自然と自由を大切にする」というコンセプトで生み出した為、全員善良で自分に寄ってきた猫と仲良くなるなどコマンド―以外の存在には基本友好的だが社長によってコマンド―達の敵にされ、「コマンド―・エリートに負ける事がプログラムされている」為か当初は逃げるだけだったが友になった人間を助ける為にコマンド―達に立ち向かう勇気を見せる。

コマンドー・エリート

階級は少佐でコマンドー達の隊長の『チップ・ハザード』、通信兵の『リンク・スタティック』、砲兵の『ブリック・バズーカ』、爆弾兵の『ニック・ニトロ』、特殊部隊の一員の『キップ・キリガン』、狙撃兵の『ブッチ・ミートフック』の6人の人間によって構成された精鋭部隊で社長によって「正義の兵隊」という設定として玩具化される(チップとブッチ以外は悪人面だが)。

彼らの生みの親のデザイナーのコンセプトは不明だが全員性格に問題があり、ゴーゴナイト殲滅の為なら見張り場として鳥の巣を略奪する為に親鳥と卵を始末したり、幼子を縛りあげたり、仕舞には人間を殺そうとするなどゴーゴナイトでなかろうが自分達以外の存在には容赦なく、軍人という設定からか単なる車の玩具を戦闘兵器に改造するなど玩具とは思えない技術力を持つ。

しかし仲間の一人がボディを破損した場合は見捨てずにチーム総出で修理をし、仲間の一人が動力部を破壊されての完全機能停止、つまり死亡した時は全員でその死を惜しむなどコマンド―同士では仲間意識が強く、ヒロインがコレクションにしている女の子のフィギュアにメロメロになったり、ある作戦を実行する為に機能停止した仲間の頭部にあるチップを取り出す時に驚愕したり、吐き気を催すなど多少人間味がある。チップ取り出しの件は人間で言えば「死人の頭部を外しては顔の皮を剥ぎり取り、さらに頭蓋骨を真っ二つにしては脳みそを取り出す」という彼らからすればグロい光景なのは間違いないのだから仕方がないが。

コミカライズ版

映画とのタイアップで当時のコロコロコミックで連載された映画の漫画版で単なる漫画化ではなく作り出された経緯と会社及び会社関係者達は映画版と同じだがメイン舞台が日本で主役とヒロインが日本人の少年と少女の二人になっているなど変更点が多く、さらに担当したのが後に『機獣新世紀ZOIDS』を担当する事になる上山道郎先生で彼にとっては初めての版権仕事で、この作品が当時の読者達の心を鷲掴みにした事で高く評価され、これがキッカケでZOIDSを任される事になるなど重要な作品であり、先生自身も「人生の節目のひとつになる仕事でした。」と感情深く述べている。

関連タグ

映画 玩具 SF

関連記事

親記事

映画 えいが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スモール・ソルジャーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130

コメント