ピクシブ百科事典

RiseOfTheGuardians

らいずおぶざがーでぃあん

RiseOfTheGuardians(邦題:ガーディアンズ 伝説の勇者たち)は、2012年公開の3DCGアニメ映画。ファンの期待もむなしく、日本での劇場公開はされなかったが・・・?(詳しくは「日本における扱い」の項を参照)
目次[非表示]

Rise Of The Guardians(略称:ROTG)は、アメリカ合衆国ドリームワークスが作成し、パラマウント映画により2012年11月21日に公開された3DCGアニメ映画である。
 この映画はDVD版における正式な邦題を「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」としている。当初使用されており、pixivタグとして使用される「不思議の国のガーディアン」と異なるため注意が必要である。

作品に関して

 この作品はウィリアム・ジョイス氏の絵本を原作としており、映画の内容としては、
天候を操る能力を持つ妖精、ジャックフロストサンタクロースのノースに呼び出される。彼は子供たちの信じる力を元として平和を守るガーディアンズの一員として活躍している。彼は悪い妖精であるブギーマンのピッチにより世界の平和が脅かされていること、フロストの力が必要とされることを告げる。フロストは戸惑いながらも眠りの妖精サンドマンのサンディ・ダンディ・マン、妖精トゥースなどとともに過ごす」という話であろうと推測される。
(こちらamazonを参照した)

登場人物

月夜に生を受けた氷の操り手。身の丈を超える長さの杖を携え、風に乗って空を飛ぶ身軽な少年。ガーディアンの助っ人として指名され、ブギーマンと戦う中で、300年も求め続けた「自分が生まれた意味」に近づくきっかけを得る。

  • ノース
白い髭を蓄えた北極暮らしの大男で、世に言う「サンタクロース」その人。ブギーマンの暗躍をいち早く察知し、ガーディアンに招集をかける。ロシア訛りで快活に喋り、瞳に映るものすべてに輝きを見出す。両手に剣を持って戦うかなり異色のサンタ。
  • イースターバニー
欧米ではクリスマスと並ぶ祭事、イースター(復活祭)を司るウサギ。オーストラリアに巣穴を構え、地上ならどこへでも穴を開けて出入りできる。武器はブーメランの二刀流。ジャックフロストとは過去に因縁があり、反りが合わない。
  • サンドマン
夢の運び手で、愛称は「サンディ」。金色に輝く砂粒を自在に操り、眠っている子ども達に素敵な夢を届けている。非常に無口だが表情豊かで、意思表示にも砂を使う。ブギーマンにとっては天敵とも言える存在。
  • トゥース
抜けた乳歯を集め、代わりにコインを残していく「歯の妖精」。以前は自ら歯を集めていたが、今は本拠地である「歯の城」で世界中の妖精たち(ベビートゥース)を指揮している。きれいな歯が大好きで、ジャックフロストの歯の白さにも興味津々。
  • ブギーマン
かつて暗黒時代に力を振るった恐怖の化身。希望の象徴であるガーディアン達の台頭によって、文字通り日陰に追いやられ、今では誰にも信じられなくなっている。自身の存在を世界中に知らしめ、恐怖がはびこる暗黒時代の再来を目論んでいる。黒い砂で子どもの夢に入り込み、悪夢を蔓延させることでガーディアンの力となる希望の灯を奪っていく。
不思議な物事を信じる人間の少年。ジャックフロストが接触してきたことがきっかけで歯が一本抜ける。

日本における扱い

 この作品は日本において不遇に扱われている。例を挙げると

  • 日本においては劇場公開がされなかった。
  • さらに日本語版の公式サイトすら存在しない。
  • DVDが発売されたが、タイトルが変更され、他国では発売されたBDが出ていない。

理由としては、本来公開予定はあったものの、
配給会社が、ちょうどパラマウントから20世紀FOXへと世界的に変更になり、パラマウントとの契約でもめ、その時期と重なったことが原因とされている。(ゆえに、マダガスカル3を最後にこの作品以降、ドリームワークスの作品が「ペンギンズ FROM マダガスカル」を除いて配給絡みで日本公開が中止になるパターンが増えている。)

が、2014年03月24日、ドリパスにて上映候補に入ったため、このままうまくいって企画が成立すれば日本での劇場公開が実現するかもしれない可能性が出てきた。
劇場で見たい人はチケットが販売開始された時に備えてファン登録しておこう。

関連タグ

ROTG 不思議の国のガーディアン JackFrost ジャックフロスト
サンタクロース イースターバニー
トゥースフェアリー サンドマン

外部リンク

公式ウェブサイト(英語)
公式フェイスブック(英語)

pixivに投稿された作品 pixivで「RiseOfTheGuardians」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2192185

コメント