ピクシブ百科事典

ブギーマン

ぶぎーまん

民間伝承で登場するオバケの名前。ボギーマンと呼ばれることも。
目次[非表示]

概要

日本でも親が言うことを聞かない子供に「おばけが来るよ!」と脅かす事があるが、
こうした「親の言うことを聞かないと架空の恐ろしい何かが来る」という言い回しは
あらゆる地域・時代で名前や姿形こそ違えど存在する。

そのうち、英語圏でしばしば名前が挙がるのがこの「ブギーマン」である。
「ブギーマンがやってくるぞ」という架空の存在を使用した脅しがいつの間にか大きくなり、一つの概念として確立した、正に都市伝説そのもの。始祖といえるかもしれない。
学問的には「子供部屋のボギー」という。

アメリカではブギーマンと言えばベッドの下やクローゼットの中に潜んでおり、
言うことを聞かない子供を攫うチャンスを伺っているとされる。
多くの子供にとってブギーマンの伝承は恐怖そのものであり、小さい頃は
寝る前にベッドの下やクローゼットの中をクリアリングしていたという話も少なくない。

なお、姿に関してはあまり描写される事がない。そのためか、正体不明の犯罪者や殺人鬼等、
何の痕跡も残さない暗殺者等の比喩として「ブギーマン」という名称が使われる事がある。

ネイティブアメリカンのオジブウェー族は、ウェンディゴとして伝承している。

キンダーフレッサー、キンダーシュレッカーというものが子供を攫って喰うと言われている。
また、シュヴァルツェマン(黒い男)というやたらかっこいい名前の者もいるとされており、
隠れ潜む場所は上記のブギーマン伝承とそっくりである(黒いというのは体が黒いわけではなく、暗所に潜むという意味)。

ちなみに19世紀ごろにハインリヒ・ホフマンという医師が描いた『もじゃもじゃペーター』という
絵本には黒人へヘイトスピーチをする子供を折檻する大男「アグリッパ」や
指をしゃぶる子供の親指をはさみで切り落とす「グレイトトールテイラー」が登場する。
けっこうなヒット作品となっており、邦訳版も出版されている。

18世紀頃、「Pere Fouetterd(鞭打ちじいさん)」という高襟の燕尾服、潰れた山高帽、
チョッキにネクタイ、長い靴下に留め金付きの靴姿(当時の田舎のおっさんによく見られた服装)出で立ちの男の伝承が広まっていた。
大きな袋を背負いクリスマス前に悪い子を袋に詰めて連れ去り、鞭で打つという恐怖の逆サンタである。

この鞭打ちじじい伝承は1930年代にアメリカへと渡り、「Father Flog(鞭打ちオヤジ)」という
名前で広まってアメリカの悪ガキ達を震え上がらせた。
派生として、普段は大きな鍋に隠れており嘘つきや盗み癖の悪い子には折檻を、
良い子や更生した子にはお菓子をくれるという鞭打ちオヤジの奥さん「Madam Flog」の存在が語られる事もある。

叺背負い、隠しん坊、隠れ婆、油取りなど様々な子供を攫う妖怪が伝承されている。
こうした存在をまとめて「隠し神」と呼称する。
また、なまはげ等のように怠け者や悪い子を戒めに現れるという伝承もある。

現代でも様々な都市伝説という形で類似するものが生まれているが、
テレビ番組の企画から生まれ、現在でも活動するガォーさん等もいる。

ブギーマンという名前が登場する作品

  1. ハロウィン(映画):本編に登場する殺人鬼「マイケル・マイヤーズ」の別名。本タグ登録数一番のキャラ。
  2. サイレントヒルホームカミングダウンプアにて登場するエネミー。ホームカミングではあの三角様の本作における名前であり、ダウンプアではハンマーを携えガスマスクを付けたローブの大男である。
  3. ブギーウギーナイトメア・ビフォア・クリスマスの悪役。これが元ネタとされる。
  4. マーティー・ライトWWEのプロレスラーのリングネームとして使用されている。
  5. RiseOfTheGuardians:希望の象徴であるガーディアンズの活躍で日陰者になった、暗黒時代の恐怖の化身。
  6. 女神転生シリーズ:現時点ではデビルチルドレンの黒・赤の書にのみ登場。紫色のマントを身に纏った怪人のような姿をしている。ゲーム内ではカジノの景品として仲魔にできる。


関連タグ

幽霊 妖怪 おばけ 都市伝説 しつけ
バガブー/バグベア/ボギー

なまはげ 黒サンタ

関連記事

親記事

幽霊 ゆうれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブギーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161873

コメント