ピクシブ百科事典

ブギー

ぶぎー

ブギーは、映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の登場人物である。

概要

フルネームはウーギー・ブギーで、多数のが詰まった麻袋のお化け。袋を焼かれたり解かれたりしてもまた修復して虫を詰めれば問題なく復活できるらしい。
日本語版ではライオンキングでプンバァを演じた、今は亡き小林アトムが吹き替えを担当した。
人を驚かせたり怖がらせることが好きなハロウィン・タウンの住人の中でも悪質な部類で、自称町の影の支配者。1のぞろ目に腹を立て、机を叩いて目の合計値を11にを変えるなど、劇中自ら歌っているがイカサマが得意なギャンブラーで、常時サイコロを2つ持ち歩き、ことあるごとに振っている。自室には絵柄のキングが剣を振るうトランプ型のオブジェ、や胸にスロットがセットされたガンマン風のロボットなどカジノを模した意匠のトラップが多数設置され、拷問部屋にもなっている。
ちなみに冒頭では月に映ったブギーの影が多数のコウモリとなってカメラ側へと飛んでくるシーンがあるが、これも彼の能力なのか、あるいは何かしらトリックを使ったのかは不明。「恐怖の夢ならお任せ」とも歌っていたので、子供達に悪夢を見せる能力はある模様。

作中の行動

ハロウィンの落書き


ナイトメア・ビフォア・クリスマス本編では序盤と中盤にシルエットのみで登場し、終盤で子分のロック・ショック・バレルが拉致したサンディ・クローズを送ってきたところで完全に姿を見せる。
その際容姿について「どっちもどっちかな?」と体系がそっくりなことを歌っていたが、その太っちょなサンタを歌って踊りながら軽々と振り回して見せるなど、巨体に見合う怪力と意外に軽やかなステップを見せた。
その後サンディ・クローズを救出にきたサリーも強力な肺活量(?)で引き寄せ捕らえてしまい、二人を文字通り料理すべくマグマに放り込もうとするが、死んだと思っていた主人公ジャックに寸でのところで妨害される。
ジャック相手に部屋に仕組まれたトラップを駆使して戦い、最終的に全て看破され逃走を企てるが、ロボットの稼動スイッチを押した際偶然解けた糸をジャックに掴まれ、そこから縫い目を裂かれ体内の虫が散らばった後、大半はマグマに落ちて、最後に残った1匹はサンディ・クローズに踏みつぶされるという、人によってはトラウマになりそうな程壮絶な最期を遂げた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブギー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210578

コメント