ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キングダムハーツ

きんぐだむはーつ

KINGDOM HEARTS(キングダムハーツ)とは、2002年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたプレイステーション2専用ゲームソフト、及びシリーズ作品。
目次 [非表示]

概要編集

ウォルト・ディズニー社スクウェア・エニックスコラボレーション作品。略称はKH、キンハ、王国心など。

スクエニではDQFFと合わせ「三本柱」となるシリーズ。

本作オリジナルキャラがディズニーの世界を駆け回るという、これまでに無かった形容の作品である。ディズニーキャラに加えて、FFすばらしきこのせかいといったスクエニ作品からのゲストキャラが登場する。


この異色のコラボレーションや「」をテーマとした物語から大きな反響を呼んだ。

主題歌はシリーズ全体を通して宇多田ヒカルが担当している。


ジャンルはRPGだが、アクションゲームの性格もかなり強く、正確にはアクションRPGに近い。

操作は分かりやすく単純であり、難易度設定がある他、隠しボスやシークレットムービーなどのやりこみ要素もあるため、ゲーム初心者から上級者まで楽しめるよう配慮された設計となっている。普段ゲームを触らないような女性にも支持されているのも特徴。


なお、KHシリーズの著作権はディズニーが持つので、ソラカイリなどの本作のオリジナルキャラクターは全てディズニーが著作権を管理するディズニーキャラクターである。

あらすじ(無印)編集

小さな島、デスティニーアイランドに住む少年ソラは、親友であるリクカイリと一緒にイカダを作り、外の世界へ行く計画をしていた。しかし旅立つ前日の夜、突如発生した謎の嵐が島を襲い……。


一方その頃ディズニーキャッスルでは、突然この国の王様がいなくなり、彼に仕えるドナルドグーフィーは、王様の置き手紙に従い、「鍵を持つ者」を探すための旅に出ることになった。


シリーズ作品一覧編集

シリーズは全て短い期間で繋がった同一の世界観を持っており、いわば連作のような形態をとっている。


(見方)

  • 【タイトル】 (【略称】)

【発売年】/【対応機器】

【概要】


2002年/プレイステーション2

シリーズ第1作目。主人公ソラの最初の冒険が描かれる。

条件を満たすとシークレットムービーが閲覧可能。


2004年/ゲームボーイアドバンス

「KH」と「KHⅡ」の間の出来事を描いた作品。

『忘却の城』が舞台となり、ソラが記憶を失っていく物語。

ソラ編とリク編に分かれており、それぞれの視点で忘却の城を冒険していくことになる。

戦闘法は他作品と異なり、カードを使用したアクションバトルとなっている。

後にPS2用「Re:CoM」としてフル3Dリメイクされた。


2005年/プレイステーション2

名称はⅡだが、シリーズ第3作目に当たる正統続編。

ソラ達とⅩⅢ機関との闘いを描く。

今作品から『リアクションコマンド』機能追加。


  • KINGDOM HEARTS MOBILE (MOBILE) (閉鎖)

2008年/携帯電話用ポータルサイト

携帯用アバターサービス。docomo対応で、アプリでの基本操作になる。

FFとのコラボが多め。

下記の「coded」を配信している。

2013年4月30日(火)をもってサービス終了。


2009年/ニンテンドーDS

「KHⅡ」の重要キャラであったロクサスが主人公の作品。

ⅩⅢ機関視点で「KHⅡ」までの一年間を描いたストーリーとなっている。

ミッションを軸としたゲーム。


2009年/携帯電話用ゲーム(要モバイル登録)

「KHⅡ」から少し後の物語。ジミニーメモに書かれた謎の一文の発見から物語が始まる。

舞台は全てデータの世界である。

「MOBILE」からの配信であり、上記の通り閉鎖された為必然的にプレイ不可となった。

ただし、それ以前の時期にDSソフト「Re:coded」としてリメイクされ、PS3とPS4「KINGDOM HEARTS -HD Ⅱ.5 ReMIX」で映像化された。


2010年/プレイステーション・ポータブル

初代作(「KH」)から10年前を描いた作品。

主人公(操作キャラ)はテラヴェントゥスアクアの3人。

『デッキコマンド』を利用したバトルや、マルチプレイによるミニゲームが採用されている。


2012年/ニンテンドー3DS

「KHⅡ」と「coded」から後の物語になっており、ソラとリクの二人が主人公。

「COM」のように分かれているのではなく、ゲーム中に操作キャラが入れ替わりながら

進んでいくシステムになっている。

舞台となるのは、Iの時代に闇に堕ち、様々な世界が解放されながらも未だ目覚めていない"眠りに閉ざされた世界"・"夢の中の世界"。パートナーはドリームイーター


2013年/コンピューター

シリーズ初のブラウザ向けソーシャルゲーム

これまでの物語に直接関わるものではないが、時系列的にはちょうどキーブレード戦争の頃の物語。

プレイヤーは主人公となって、アバターをカスタマイズし、様々なディズニーワールドをめぐる。

ところどころにⅢ以降への伏線が張られている様子。


2015年/スマートフォン

シリーズ初のスマホ向けアプリ。料金は基本プレイ無料のアプリ内課金制。

コンピュータの方のキーと世界観を共有しており、各タイトルを遊ぶと発見できる仕掛けも用意されるという。ただし戦闘システムはコンピュータとは異なる。

なお、タイトルの「アンチェインド」とは日本語で「開放」という意味。

2017年3月23日、名称を「KINGDOM HEARTS Union(ユニオンクロス)」に変更し、内容も大幅リニューアルして再始動。

2021年6月17日をもってオンラインによる運営サービスを終了し、全てのストーリーをシアターモードで閲覧可能なオフライン版へと移行した。


2019年/プレイステーション4XboxOne、PC(Epic Games) 2022年/Nintendo Switch(クラウド版) 2024年/PC(Steam)

PlayStation E3 2013 Press conferenceにて発表されたⅡ以来の正統続編。

これまでの全シリーズ「ダークシーカー編」の集大成となり、システムや物語が繋がっている。

ソラをはじめとした光の守護者達と、闇の探究者ゼアノートとの全面たる戦いが巻き起こる。


2020年/スマートフォン

スマホ向けアプリ。料金は基本プレイ無料のアプリ内課金制。

上記の「Uχ」とは別のアプリ、というわけではなく、2020年6月22日にアップロードとして追加されたゲームモードで、タイトルから二つを自由に選べる方式となっている。

「Uχ」とは戦闘システムが異なり、操作や強化がスムーズになっている。

主人公は、シリーズで何度も立ちはだかったゼアノート。その若い頃を描くものとなっている。

2021年6月17日をもってオンラインによる運営サービスを終了し、全てのストーリーをシアターモードで閲覧可能なオフライン版へと移行した。


2020年/プレイステーション4XboxOneNintendo Switch、PC

シリーズ初のリズムアクションゲームとなる作品。



シリーズ20周年記念イベントにて公開のトレーラー


スマートフォン

アイテム課金型(基本プレイ無料)iOS/Androidアプリ。

UχからDRまでの空白期間が描かれる。位置ゲーやマルチプレイ要素もある。


新たな物語“ロストマスター篇”。

ソラは見知らぬ世界で目を覚ます。”クァッドラトゥム”という、現代の東京に似たこの世界からソラは元の世界へと戻ろうとするが――

一方、ドナルドとグーフィーはソラの手掛かりを求め冥界に訪れるのだった。


ファイナルミックス(英語音声)版、リメイク、HDリマスター編集

  • KINGDOM HEARTS FINAL MIX (KHFM)

2002年/プレイステーション2

「KHⅠ」の英語音声版、リミックス作品。

敵やムービーの追加、難易度選択の実装など様々な調整を施した作品。

条件を満たすと、以前のシークレットムービーに変わって

シーンが追加された『新シークレットムービー』が見られるようになる。


  • KINGDOM HEARTS Ⅱ FINAL MIX + (ⅡFM+)

2007年/プレイステーション2

「ⅡFM」と「Re:COM」を二枚組として発売。

今作品からゲームクリアデータがセーブ可能になり、

『シアターモード』などの特典が追加される。


    • KINGDOM HEARTS Ⅱ FINAL MIX (ⅡFM)

「KHⅡ」の英語音声版、リミックス作品。

オリジナル未公開映像・やりこみ要素を多数追加した作品。

「KHⅡ」のシークレットムービーの続きとなる、新シークレットムービーも存在する。


    • KINGDOM HEARTS Re:Chain of Memories (Re:CoM)

「COM」のPS2用フル3Dリメイク作品。

数多くのムービーや機能を追加し、臨場感溢れるものとなった。


  • KINGDOM HEARTS Re:coded (Re:coded)

2010年/ニンテンドーDS

「coded」のDS移植作品。システムは大きく変わっており、技も多数追加されている。

「KH3D」に続くシークレットムービーが条件付きで見られる。


  • KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FM (BbSFM)

2011年/プレイステーション・ポータブル

「BbS」の英語音声版、リミックス作品。

多数の裏ボスや戦闘システムなどが追加されている。

条件を満たすと、ラストエピード後のストーリーが見られる『シークレットエピソード』に突入する。



HDリマスター編集

  • KINGDOM HEARTS -HD Ⅰ.5 ReMIX- (KHⅠ.5,Ⅰ.5)

2013年/プレイステーション3

「KHFM」と「Re:COM」をHDリメイク化した作品。(「KHFM」は日本語音声版)

更には「358/2Days」がHDフルリメイクシアターとして収録されている。


  • KINGDOM HEARTS -HD Ⅱ.5 ReMIX- (KHⅡ.5,Ⅱ.5,2.5)

2014年/プレイステーション3

「KHⅡFM」と「BbSFM」をHDリメイク化した作品。(共に日本語音声版)

更には「Re:coded」がHDフルリメイクシアターとして収録されている。


  • キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ(Final Chapter Prologue)(KHⅡ.8,Ⅱ.8,2.8)

2016年/プレイステーション4、Xbox One、PC(Epic Games Store) 2022年/Nintendo Switch(クラウド版) 2024年/PC(Steam)

『KH3D』のHDリマスター、PCブラウザゲームおよびスマートフォン用として配信された『χ』『Unchained χ』の裏側で起きていた物語を収録した映像作品『KHχBC』(以下χBC)、『BbS』のその後を描いた新作『KH0.2 BbS-フラグメンタリー パッセージ(A Fragmentary Passage)-』(以下0.2BbS)の3つのタイトルを収録したオムニバスソフト。

KHⅢへ繋がる又は序章となる物語が展開される。


  • キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス

2017年/PS4、 2020年/Xbox One、 2021年/PC(Epic Games) 2022年/Nintendo Switch(クラウド版) 2024年/PC(Steam)

上記の『HD 1.5 リミックス』と『HD 2.5 リミックス』シリーズ6作品(フルボリュームのゲームが4本+約3時間の映像作品が2本)を1本のソフトにまとめたもの。


  • キングダム ハーツ インテグラム マスターピース

2024年/PC(Steam)

『キングダム ハーツ -HD 1.5+2.5 リミックス-』、『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』、『キングダム ハーツ III + Re Mind(DLC)』これら3タイトルがセットになったオールインワンパッケージ。

Steam版発売に合わせて一部作品の背景テクスチャが高品質に改善される。

Steam版発表トレーラー※ネタバレ注意


時系列編集

キングダムハーツ キー /キングダム ハーツ アンチェインド キー→ キングダム ハーツ ユニオンクロス (PC/スマホ)

遥か昔、おとぎ話の時代

 ↓

キングダムハーツ ミッシングリンク(スマホ)

UχからDRまでの空白期間が描かれる

 ↓

キングダムハーツ ダークロード(スマホ)

KHBbSのおおよそ50~70年前

 ↓

「ダークシーカー編」

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(PSP・PS3・PS4・Xbox One・Switch・PC)

KH1の約10年前

 ↓

キングダムハーツ1(PS2・PS3・PS4・XB1・Switch・PC)

 ↓

キングダム ハーツ 358/2Days(DS・PS3{映像}・PS4{映像}・XB1{映像}・Switch{映像}・PC{映像})

KH1の終盤と同時期に開始、2冒頭までつながる1年間

 ↓

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(GBA・PS2・PS3・PS4・XB1・Switch・PC)

KH1のエンディング直後、358/2の中盤と同時期に進行

 ↓

キングダム ハーツ2(PS2・PS3・PS4・XB1・Switch・PC)

KH1のおよそ1年後、358/2 Daysのエンディング直後

 ↓

キングダム ハーツ コーデッド(携帯電話・DS・PS3{映像}・PS4{映像}・XB1{映像}・Switch{映像}・PC{映像})

KH2のエンディング後、エピローグまでの間

 ↓

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス] (3DS・PS4・XB1・Switch・PC)

コーデッドのエンディング後、KH2のエピローグ後

 ↓

キングダム ハーツ3 (PS4・XB1・Switch・PC)

ドリーム ドロップ ディスタンスのエンディング後


「ダークシーカー編完結」

キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー(PS4・XB1・Switch・PC)

KH3から約1年後。

ダークシーカー編のエピローグであり、ロストマスター編のプロローグでもある

「ロストマスター編」

キングダム ハーツ4(対応機器未発表)



今からプレイするなら編集

上記のとおりKH2からKH3までの間に様々なシリーズが展開されている。

『キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス-』と『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ』と『キングダム ハーツ3』の3タイトルを購入すれば、KH3までのほぼ全てのストーリーを網羅できる。(なおこのリミックス版でしかみられないムービー作品が存在するが、それにすら話の根幹に関わる情報が含まれているので、スルーした原作既プレイ勢が困惑する事となった)

これらの対応機種はPS4、後からXbox OneとPC(Epic Games)でもダウンロード専売された。

Switchではクラウドゲームとして配信された。

PC(Steam)ではこれら3タイトル(+KH3 DLC)がセットになったオールインワンパッケージが配信。




所謂「話と話の間にあったかもしれない、本筋に絡まない外伝」「本筋に絡まないので必要はないが、世界観が広がるスピンオフ外伝」というものは一切存在せず、キングダムハーツと名の付く全ての作品が、本筋に絡む重要なエピソードを取り扱っている。(音ゲーであるMoMやソシャゲのχやUχですら本筋に関わる設定が開示される)

というより初代キングダムハーツから4以前までの作品は全てダークシーカー編という一つの物語なので、本来なら全てナンバリングされているべき作品である。



例えば1→2とプレイすると、2冒頭でソラではない見知らぬ茶髪の少年を操作することになり、その少年がよくわからない黒コートの人物に追われる事となるが、CoMをプレイしていると、この黒コートが誰なのかある程度は理解して進められる。

しかし2序盤の謎は殆ど2内でも全て回収される事や、1と2の間の話はそこまで多くないため、敵組織が「XIII機関」なのに13人も出てこない上ムービーに出た奴と会わない(CoMで殆どが倒されているため)というモヤモヤは残るがそれ以外は違和感なく楽しむことができる

また、2で登場するXIII機関が普段何をしていたのかを描いた358/2Daysも併せてプレイすると何故登場人物があの様に行動したのかが分かりやすくなる(本来なら所謂「本筋には関わらないが世界観が広がるスピンオフ」に分類されるのだが、当然本作で扱う事件や初登場する設定が本筋にガッツリ絡んでくるので知らないと3終盤のとある感動シーンが半減どころか困惑にしかならない)



一番酷いのが2→3で、間の作品を一切やらないと、3冒頭でいきなり2で死んだはずの人物が仲間面で生きて出て来て、しかもキーブレードまで所持していて訳がわからなくなる。

更に「目覚めの力」と称される1でも2でもカケラも言及されず見たこともない力がどうのこうのと言われ、話の中盤では「数年前に行方不明になったキーブレード使い」という見たことも聞いたこともない人物が重要となって来て全く話についていけなくなってしまい、敵と味方の大半の素性が分からず、その陣営にいる動機もわからないし、なんならラスボスすらポッと出にしか見えない。

にもかかわらず、作中人物は当然のように知っているし、知っている前提で話してくるので誰も説明してくれない。(開発もそれを想定しているのか、一応未履修の人のための大雑把な説明ムービーが3のタイトル画面から見れるようになっている)



そして3終盤に出てくる古のキーブレードマスターだの予言書だのという用語はソシャゲ版の用語であるため、ソシャゲをプレイしていないと、他を全てプレイしていてもなんのことやら分からないというとんでもない事態に陥る(一応これに関しては「ソシャゲをやっている人へのファンサービス」及び「一足早く何を言っているか理解できる」だけで、今のところ他のものと違いガッツリ関わってくるわけではない)

現在、サービス終了したアプリは全てのストーリーが閲覧可能なオフライン版の配信がされている。



プレイ順編集

時系列順にやると先の作品のネタバレが含まれるので、発売順にプレイするのがオススメ。

発売順:KH → Re:チェインオブメモリーズ → KH2→ 358/2Days → バースバイスリープ → Re:コーデッド → ドリーム ドロップ ディスタンス → バックカバー → 0.2 → 3 → 4(近年発売予定)


キングダム ハーツ HD 1.5収録作品

キングダム ハーツ HD 2.5収録作品

キングダム ハーツ HD 2.8 :KH3へ繋がる又は序章となる物語が展開される。

  • キングダム ハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス HD
  • キングダム ハーツ キー バックカバー(映像作品)
    • 『キー』の裏側を描かれた映像作品。
  • キングダム ハーツ 0.2 バースバイスリープ-フラグメンタリー パッセージ-
    • バイ スリープ ファイナル のシークレットエピソード直後から始まる。

キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス

上記の『HD 1.5 リミックス』と『HD 2.5 リミックス』をディスク1枚にまとめたもの。


登場キャラクター編集

キングダムハーツのキャラクターを参照。


登場作品編集

{}内はキャラクターのみ登場した作品

()内はワールドとして登場した作品


ディズニー作品編集


ピクサー作品編集


スクウェア・エニックス作品編集

※全てキャラクターのみ登場

漫画・小説版編集

漫画編集

天野シロが作者であるキングダムハーツのコミカライズ版。

「KH1」の頃はゲーム雑誌『ファミ通PS2』で連載。スクウェア・エニックスに合併してからは自社の漫画雑誌『月刊少年ガンガン』にて連載された。

現在は「358/2Days」を挟んで「KH2」の物語まで連載終了。

BbS・Coded・3D・0.2を飛ばして、「KH3」が2019年4月29日よりガンガンONLINEで連載開始した


大筋は原作通りだが、立ち寄っていないワールドがあったり展開が多少簡略化されている等コミカライズ故の宿命が見られる。

"ディズニー作品とのコラボ"であるキングダムハーツ本編と異なり、"キングダムハーツのコミカライズ"であるため、キングダムハーツという大筋の話に関わらないワールド(Iの敵組織であるディズニーヴィランズや、ⅡやIIIのXIII機関が現れない、或いは現れても話に関わる収穫や損害がないワールド)はスルーされているのだと思われる

とはいえ必要な場面等はちゃんと描かれているのでゲーム未プレイの方でも特に問題はない。

メタ発言などゲームよりもギャグシーンが多めで、漫画独自のキャラ付けや設定があるなどアレンジが加えられている。


  • キングダム ハーツ(ファミ通PS2連載、全4巻。エンターブレイン刊、現在は絶版)
    • キングダム ハーツ FINAL MIX(スクウェア・エニックス刊の上記の新装版、全3巻)
  • キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(月刊少年ガンガン連載、全2巻)
  • キングダム ハーツ2(月刊少年ガンガン連載、全10巻)
  • キングダム ハーツ 358/2 Days(月刊少年ガンガン連載、全5巻)
  • キングダムハーツ3(ガンガンONLINE連載)

小説編集

金巻ともこを著者とするキングダムハーツの小説版。

挿絵や表紙は、漫画版作者の天野シロ。

こちらもカットされるワールドがあるなど展開の簡略化がみられるが、ゲームであまり語られなかったキャラの心理描写や他キャラの暗躍などが描かれている。


因みに、著者の金巻ともこは、358/2 Daysのシナリオを担当しており、シオンの名付け親でもある。

  • キングダム ハーツ(上下巻)
  • キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(ソラ編上下巻、リク編1巻)
  • キングダム ハーツ2(全4巻、短編全2巻)
  • キングダム ハーツ 358/2 Days(全3巻)
  • キングダム ハーツ バース バイ スリープ(全3巻)
  • キングダム ハーツ Re:コーデッド(全1巻)
  • キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス](全2巻)
  • キングダム ハーツ キー キミとキーブレードの物語
  • キングダム ハーツ3 (全3巻)


著作権について編集

FFや「すばらしきこのせかい」のキャラ以外は全てディズニー側に著作権があるので、イラストを投稿する際はその辺を考慮する必要がある。

ただ動画サイトなどでも動画が普通にあるので、常識を逸脱しなければ寛容に見て貰える模様。

しかしディズニー社がたいへん著作権に厳しい、そして大規模な会社であるという事を忘れてはならない。関連のマナーサイトなどをよく読み、熟知の上で作品を投稿する事が望ましい。


…というのが一般論であったが、実際にはそういった風潮は都市伝説レベルの話。キングダムハーツのサークルもしっかり存在している。

上述の内容を真に受けて大騒ぎする者も多いことは事実だが、ぶっちゃけるとディズニー社自身がしっかり二次創作などを容認する発言をしている

マナーサイトを鵜呑みにして叩く方がよろしくないだろう。



その他編集

  • ディズニーハロウィンでコスプレ参加できるのだが、かつてはキングダムハーツのキャラは除外されていた。だが2015年より、ソラリクカイリなどのキングダムハーツオリジナルキャラ(=ディズニー版権のキャラ)に限りコスプレ参加が解禁された。(キングダムハーツのFFキャラクターは仮装不可) またディズニーアンバサダーホテルではキングダムハーツルームを期間限定で2度開催しており、3度目の開催も決定している
  • 2011年春より放送されていた『ユルアニ?』枠のアニメ『ほんとにあった!霊媒先生』の5話にて、『金華ハムダーツ』というキングダムハーツが元ネタらしきゲームが、数秒間ではあるが登場した。金華ハムダーツのタイトルには、キングダムハーツでもおなじみのハートマークや王冠があしらわれ、背景には、ソラ、ドナルド、グーフィ、王様と思しきシルエットがあった。しかし、ポスターには…。
  • キングダムハーツモバイルのアバターは「データ」「人形」という伏線になっている。またDDFFシアトリズムでそのデザインが登場したり、FFシリーズにも少なからず影響をあたえている。(参考:キングダムハーツ(FF用語辞典wiki)

作中用語してのキングダム ハーツ編集

「世界の中心」「大いなる心」「王国の心」とも呼ばれる、心の集合体。

アンセムは「世界の心がつながり、全ての心が帰る場所」と推測しているが、その実態の多くは謎に包まれている。またその性質によって形は一定ではない。

人の心のキングダムハーツ(ハートレスをキーブレードで倒した際に飛び出る心を横取りして凝縮した物)、世界のキングダムハーツ(天然物、世界そのものの心)等、キーブレード同様種類がある模様

劇中では重要な位置を占めており、敵となる存在が何度も完成を目論んでは主人公たちに阻止されてきた。



関連イラスト編集

♛ 𝐊𝐈𝐍𝐆𝐃𝐎𝐌 𝐇𝐄𝐀𝐑𝐓𝐒 ♛✨キングダム ハーツⅢ 🗝✨

Best Friendキングダムハーツ


関連タグ編集

ディズニー ファイナルファンタジーシリーズ コラボレーション

KH キンハー キンハ 王国心  kingdomhearts kingdom_hearts:表記ゆれ

王国心100users入り 王国心500users入り 王国心1000users入り KH1000users入り

目からシーソルトアイス

キーブレード フォームチェンジ(キングダムハーツ)

スクウェア・エニックス スクウェア

光(宇多田ヒカル)


ワールド(キングダムハーツ)

キングダムハーツのキャラクター

キングダムハーツのカップリング


ツムツムWOFFFFBE:コラボしたことがある作品

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL・・・2021年10月にソラが参戦

外部サイト編集

KINGDOM HEARTS PORTAL SITE


他の記事言語編集

Kingdom Hearts

関連記事

親記事

スクウェア すくうぇあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47360092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました