ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→王の剣

概要

1963年に公開されたディズニー映画。原題は「The Sword in the Stone」。ウォルト・ディズニーが最後に見届けた映画作品でもある。

アーサー王伝説を題材にとった映画であり、原作はT・H・ホワイトの「永遠の王」。
第一部が原作になっているためアーサー(ワート)とマーリン以外の有名どころのキャラはほとんど出てこない。

エクスカリバー円卓の騎士ももちろんランスロットも登場しないアーサー王伝説の映画というのも本作ぐらいではないだろうか。

マーリンが非常にコミカルかつ親しみやすいキャラクターになっており、映画全体のテンポもいいためアーサー王伝説の入門映画には適していると言えるだろう。

実写化が予定されているゲームオブスローンズの監督が登板予定。また、マーリンの少年時代の実写化も企画されている

登場人物/動物

モブを除けば動物の方が多い。
人間の女性は、モブも含めてエクターの手伝い女とマダムミムという中年と老年の二人しかいない。唯一登場した本物の妙齢の♀はリスであり、唯一登場した物理的な妙齢の女性はマダムミムの変身である。

ワート(アーサー)

エクター卿の下で働く痩せっぽちの少年。
後のアーサー王だが、当時の夢は家来になること。マーリンと出会うことで「知恵」「機転」「本当の勇気」等の大切さを学んでいく。

妙齢の人間の女性が一切登場しないし全員まともじゃないのに、5回も劇中でキスをされたディズニー主人公でもある。恋を学ぶのは雌のリスが相手だが、ワートにとってもそのリスにとっても苦い結果になってしまった。もっとも、恋愛運に恵まれないのはアーサー王になってからも一緒だが…。

マーリン

自称世界で一番の魔法使い。
未来のことまで見通している他、タイムスリップ能力まで持ち合わせているなどその自称に恥じない能力の持ち主。科学者としての側面もあり、未来から持ってきた道具も少なくない。パンツはピンクのトランクス。

しかし、大事な場面で呪文を度忘れしたりと少々危なっかしいところもある。また意外と感情的だったり、後述のリスの恋愛や、カワカマスに食われそうになったワートに無茶振りをするなど無責任なことをしたこともある。ひげが長すぎてトラブルになることもある(いまいましいと言っているが、切ろうとはせず、それをカバーする魔法も特に使わない)。マダムミムとは、洒落にならない殺し合いをした。

キングダムハーツシリーズにも登場しており、こちらで知った人も多いだろう。ジーニーの先輩の様なキャラクター性格さを持つ。

アルキメデス

マーリンのペットのフクロウ。
アルキメンデスが名前の由来。言葉を話せるうえ文字も読める。ひねくれものだが、根は優しくワートのピンチを何度も救う。要はツンデレ

マーリンが紹介した飛行機を馬鹿にして笑う場面は見物。

マダム・ミム


森に暮らす醜い魔女。
醜いことを誇りに思っている。マーリンのことを嫌っており、互いにライバル視している。卑怯な手も辞さない悪い魔女であり、自分から勝負とルールを吹っ掛けておきながら開始直後からルール違反を行う。マーリンに比べて大型の動物や肉食動物に化ける傾向が強い。マレフィセント同様、本作のドラゴン枠。

太陽が嫌いで、病原菌という、ある意味で中世の悪の魔女のイメージに近い存在に倒された。

エクター

ワートの暮らす城の主。
一応預かっている立場であるワートについて責任感はあるようだが、彼の言うことを信じようとせず罰を科したりとわからず屋として描かれている。
息子共々、マーリンの魔法で文字通り冷却されたり洗濯された。

ケイ

エクターの騎士志望の息子。
20歳前後。円卓の騎士の一人だが、本作では単なるイヤミな兄貴分である。
正史を考えると一応希望は叶っている。

ペリノー

ロンドンの騎士で痩身と口髭が特徴。
口髭を器用に動かせる。
エクターの親友だが、彼ら親子よりは物分かりが良い。

乙女のリス

授業の一環としてマーリンとワートがリスに変身した際に遭遇してしまった美しい雌のリス。ワートに一目惚れし、彼と一緒になろうとした。ワートの為なら危険を承知で助ける。マーリンやワートよりも尻尾の使い方や枝の走り方等が、当然だが上手い。

彼女とワートの関係は、ディズニー作品でもかなりの悲恋として有名。彼女の行動を苦手とする視聴者もいるが、マーリンの説明通り、雄を見定めた際の雌のリスの普遍的な行動である

この出来事を経て、ワートは愛がこの世で最も不可思議で強く魔法の及ばない力だと学ぶ。その割にはアーサー王は、マーリンを巻き込んでまで悪手の恋愛を重ねてしまったが(さらに後味が悪いことに、悲しみに暮れる彼女を残しておきながら、ワートもマーリンもそそくさと森を後にしていた)。

おばはんのリス

乙女のリスとは別ベクトルで非常にインパクトの強いモブ。見た目はリスよりもビーバーに近く、マーリンは原語版では意訳だがおっさんと言い間違えて、日本語版ではおばはんとも言った。

このリスが現れたのは、ワートと乙女のリスの恋愛に無責任な仕打ちをしたマーリンへの天罰かもしれない。マーリンを手に入れようと強烈なアプローチをかけてくるが、最後には威嚇合戦の末に逃げていった。

このリスとマーリンの掛け合いも笑いどころの一つである。CVは原語版のマダムミムと同じ。

痩せた狼で間が抜けている。物語で一番最初に登場したキャラクター(かもしれないが、あちらの方が体格が立派なため別個体かもしれない)。ワートを捕食しようとするが尽く失敗し、ワートを助ける為に奮闘した乙女のリスに撃退される。

カエル

いたずら好きでワート達をストーキングする。悪どいことに、カワカマスに襲われた際には間接的にワートを追い詰めた。ワートに出目金と罵られた。

カワカマス

お堀の主。ワート達の天敵。けっこうかしこい。どこからお堀に入ってきたのかは不明で、マーリンはミノウに変えてやると意気込んでいた。

猛禽類

数回登場し、毎回誰かを襲うが失敗している。

余談

The sword in the stone


ワートとリスの悲恋に関しては、ワートとマーリンの愛欲への業の深さと因縁を示唆していると考える視聴者も数多い。

  • マーリンの「愛は魔法よりも強く魔法でもどうしようもない」という台詞や、アーサー王の出生および恋愛運のひどさ(どちらにもマーリンが関与している)や、マーリン自身も出生の秘密と愛欲のひどさから妖精(達)に封印されたり魔法を使って愛欲を果たそうとしたり純潔を奪おうとして最後に生き埋めにされた話などは、マーリンを襲ったおばはんのリス同様、乙女のリスを苦しめたワートとマーリンに訪れたカルマなのかもしれない。
  • そもそも、ワート自身がマーリンが手助けして出来た不義の子であるともされ、ワート自身も後にマーリンを巻き込んで言葉にできないほどの業の深い愛欲を重ねた。マーリンも、インキュバスと小国の王女の一晩の共寝によってできた子ともされるが、インキュバスは地方によっては神聖な存在ともされており、ヘラクレスにも似た生い立ちである。

マダムミムが、マーリンとの決闘のルールの一つに、禁止事項として設定した「ピンクの竜」であるが、マーリンが昔関わった赤龍Y_Ddraig_Goch白龍・Gwiberの色を合わせたのがピンクとなる。そして、赤龍とマーリンを象徴する色である青を組み合わせたのが、彼女が変身した紫の竜である。

関連動画


マーリンが、リスの恋愛に無責任なことをしたことにバチが当たった?場面。過去と未来におけるワートとマーリンの業の深さや運命を示唆させる。

関連項目

ディズニー映画
アーサー王伝説

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「王様の剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3442

コメント