ピクシブ百科事典

檀黎斗神

ごっどこうりん

『仮面ライダーエグゼイド』第42話で檀黎斗(新檀黎斗)が名乗った新(神)名(自称)。
目次[非表示]

【注意】
1.夏映画のネタバレを含みます。
2,第43話以降と映画の黎斗の動きはこちらに記載するようにお願い申し上げます。

テレビ本編での動向


黎斗「私抜きで止められるのか?檀正宗を」
永夢「止めて見せますよ、新黎斗さん」
黎斗「新檀黎斗という名はもう捨てた。今の・・・私は・・・檀黎斗”神”だ!」

第42話にて、貴利矢の提案に応じる形ながらも、ゲムデウスウイルスを克服し抗体生成に成功という快挙を成し遂げた黎斗。
貴利矢にはその後ガシャコンバグヴァイザーⅡに吸収され衛生省に身柄を拘束されてしまうが、前述のゲムデウスの抗体生成の功績もあり、衛生省の寛大な考慮によりCRに以後身柄を管理されることとなり、ポッピーの筐体内で彼専用の檻に入れられることになる。
そして、ワクチン開発の興奮冷めやらぬ黎斗は勢いに任せ、新檀黎斗という新しい名も捨ててしまい、新たに檀黎斗神(だんくろとしん)と名乗るのだった。

サブタイトルの「God降臨!」はゲムデウスではなく檀黎斗神のことを指していた…のかもしれない(公式はサブタイトルや黎斗神という名前について何も言っていないので、真偽は不明)。

ちなみに全員が呆気にとられた前回の改名とは違い、少なくともCRの面々はどんなことを言い出すのかある程度予想できていたようだ(前回の改名の際にいなかった貴利矢と日向審議官は彼が何を言い出すのか興味津々の様子であったが、実態を知ると呆れていた。日向審議官に至っては無言で通信を切っている)。
また、貴利矢は意外なことに上記の発言に対し「神ってことにしといてやるか」と非常にソフトな反応をしている(受け身とはいえ彼のおかげでワクチンが完成し、死ぬはずだった多くのゲムデウスウイルス感染者が救われたことを一番よく知っている彼だからこその反応かもしれない)。

黎斗が貴利矢をゲームオーバーにしたあの時、2人の関係がどんなだったかを考えると、感慨深いものがある。

第43話では冒頭において「私は心をいれかえた」と改心したと言って永夢に出してくれと頼む。が、当然ながらこの期に及んでこんなあからさまな演技が通じる筈も無く、永夢と貴利矢を白けさせ、ポッピーからは許可がなければ解放できないと真面目に返され逆ギレする。ゲムデウスクロノスに連れ去られたニコを助けるべく専用のゲームエリアに潜入した大我の後を追おうとする永夢飛彩に、専用のゲームエリアへアクセスする為のチートコードを開発する代わりに、衛生省に自身を檻から解放する許可を取るように取引をする。その後は許可を取れたのか檻から解放されており、開発したチートコードを使って2人をゲームエリアへと潜入させた。
※ちなみに同話では、貴利矢を含むゲムデウスウイルスに感染した事がある患者達のゲーム病が再発しているが、彼はゲムデウスウイルスの抗体そのものの保持者であるため無事だった。

第44話ではパンデミックの影響でバグスターウイルス化してしまった人間達を全て削除しようと動き出したが、突如現れた謎の戦士・仮面ライダービルドに阻止される。エグゼイドの成分を採取する(レジェンドライダーフルボトルでも作ろうとしていたのだろうか)事を目的としていた彼に勘違いされたまま、訳が分からないゲンムはビルドに襲い掛かるが、ゴリラモンドフォームに変身したビルドに圧倒されゲームオーバーになるもすぐに復活。誤解が解けた事で謝罪してから立ち去っていくビルドに、何者なのかを問いかけた(ちなみに誤解が解けた際、神を自称した直後にビルドの謝罪が入り、自己紹介を強制終了された)。
主人公を差し置いて前作で暴れ回った彼は、次回作のライダーにも主人公に先立って邂逅し、倒されることとなった。

ポッピーが自らの命と引き換えにゲムデウスワクチンで感染者達を治療していった際は、町に広まる光の粒子から彼女の消滅を悟る。「ゲームマスターの私に許可なく、勝手に消える事は認めない…!」と悲しむ彼の前に消滅直前のポッピーが現れ、母親のような優しい笑顔を浮かべる彼女の手を握る直前で彼女は消滅する。彼女の前では新檀黎斗でも檀黎斗神でもなく、ただの檀黎斗としての彼がそこにいた。そして彼の手のひらには、ポッピーだった一粒の光の粒子が遺り……。

その後、超ゲムデウスに挑んだ際はプロトマイティアクションXガシャットを使い、久しぶりにゲンム・レベル1の姿に変身した(プロトマイティアクションXガシャットは他のプロトガシャット共々正宗の手元に渡っていたはずだが、正宗が不在の隙に社長室から回収して来たのだろうか…?)。

最終回ではCRのドクター達と共にクロノスとの最終決戦に挑み、更にライフを1つ消費しつつも見事クロノスを撃破。「仮面ライダークロニクル」を終結させた。
後日談では上述のポッピーの粒子を自身の体内で培養させていたことで、無事にポッピーが復活。更にパラドが復活した理由についても第18話ラストシーンで永夢がゲーム病である事を暴露した時のようなテンションで永夢に説明した(なお、説明を終えた直後にポッピーのバグヴァイザーⅡに吸収された)。かつて永夢(とパラド)を苦しめるために放ったセリフから続く言葉が永夢を笑顔にしたというのがなかなか奇妙な運命である。

その後、第44話で仮面ライダービルドに出会っていたからか、ビルドのレジェンドライダーガシャットを製作したようだ(なお、劇場版との繋がりも考えて時間軸はぼやかされている)。

余談

あくまで自称の『神』ではあるが、人間の魂のデータ化に成功し限定的な死者蘇生を可能にする、ゲームエリア内のみだが時間停止を可能にする等、やっていることは実際に神の御業ともいえることばかりである。ただしこれまでに散々犯してきた罪やそれに対する態度を思うと、神は神でも神話とかの人間から見ると傍迷惑な神っぽいが(日本的には基本、神は祟り神でもあるし)。
もう少し正義感が強ければ、ウルトラ戦士も夢ではなかったかもしれないが……。

……と、ここまでのストーリーを追っていると、歪んでいるなりにも人類の救世主であると捉えられなくもない黎斗だが、そもそもこの物語における、諸悪の根源は生前の彼である

バグスターウィルスの発生そのものは偶然であり、状況によっては仮面ライダーという対抗手段の有無など、今より悪化する可能性自体はあったし、正宗の誘導によるところも無きにしもあらずだったのだが、その正宗の計画も黎斗がいなければ、成立し得ないものであった。

放送終了後に告知されたVシネマ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」では、黎斗(髪型は死亡時やゴライダーでのオールバックであり、檀黎斗神とはまだ明言されていない)が黒幕として立ちはだかるような宣伝が打たれており、まだまだ今後の動向(奇行?)が気になるキャラクターであると言えるだろう。

我々は忘れていた。この男が全ての悪の根元であることを――

視聴者のほとんどからは「別に忘れてないよ」と言われてしまっているが。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーゲンム

檀黎斗:人間だった時の名前。第30話以前の活躍等はこちらを参照されたし。
新檀黎斗:改名前の名前。第30話~第42話の活躍等はこちらを参照されたし。













































































※※※以下、映画のネタバレ要素を含みます、映画視聴後の観覧をお勧めします。※※※













































































トゥルー・エンディングでの動向(ネタバレ注意)

※この部分は『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』のネタバレも含みます。




仮面ライダークロニクルが終了した後も引き続き、ポッピーの筐体の中で彼専用の檻に入れられており、衛生省の判断により事件解決のために一時的に釈放される。 なお、劇中に登場した時点での残りライフは最終決戦時点と同様2

仮想現実世界に移動し自由に行動できる幻夢VRとマイティクリエイターVRXガシャットを開発して永夢に譲渡、仮想現実に閉じ込められた人たちを救う事に貢献した。

その後、追ってきた仮面ライダー風魔らを引きつけるも、忍者プレイヤー軍団との戦いでも更にライフを消費し、とうとう残りライフが1となってしまう。
ラスボス登場後はラスボスの力を封じるためパラドと共にゲーマドライバーとガシャットを残してラスボスの力を一時的に封じる役を買って出る。最終的にラスボスの覚醒と共に解放された為、事なきを得ている。

戦いの末、再び檻に閉じ込められることになるが、彼本人は特に気にする様子も見せず、悠々とゲーム開発に没頭するのであった。

事件の真相解明を灰馬から指示されて素直に従う、幻夢VRを永夢に渡す際衒いもなく「人々を助ける」と言う、残りライフ1でも躊躇なく戦いに挑み身を挺してゲムデウスの力を抑え込む等、いくらか精神的に成長している描写が多いのが特徴的。

上述のポッピーの一件が判明しているため、これも本編を見るタイミングで映画の味が変わるという事例の一つと言えよう。

pixivに投稿された作品 pixivで「檀黎斗神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84832

コメント