ピクシブ百科事典

トゥルー・エンディング

えぐぜいどのなつのげきじょうばん

2017年8月5日(土)に公開の『仮面ライダーエグゼイド』の劇場版作品である。
目次[非表示]

ドクターバトルの終焉
命を救うのはVR≪仮想現実≫の世界か、リアルな医療か

概要

2017年8月5日(土)に公開の『仮面ライダーエグゼイド』の夏の劇場版作品。

正式名称は『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』

同時上映は『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』。

今作の特徴

今作はテレビ本編に先駆けて「真のエンディングを先行公開する」作品である。
なお、同年6月5日(日)に投稿された番組公式ツイートにて、今作は夢落ちパラレルワールドでは無いと明言され、テレビ本編と関係がある事がほぼ確実となっており、実際に本編第39話では映画本編にも登場するゲーム会社「マキナビジョン」の名が、第41話ではマキナビジョンの社長であるジョニー・マキシマが登場した。

そして最終話後に、正式に『トゥルー・エンディング』は本編最終話から続く物語だと明言された。劇場版の時間は本編直後で、エンドクレジット以降が1年後となっている。

また東映公式から「テレビ第41話を見て映画を見ると、つながります。テレビ第42話を見て映画を見ると、1つの謎が解けます」と言われているように、いつ放送されたテレビ本編を見てから映画を見るかによって、少しずつ映画の味が変わっていく点も特徴(例えばこれなどは前述したように公開初日の8月5日では経緯がわからず、第42話を見て初めて経緯が分かる様になっている、など)。

はっきり言って、公開初日に見たのと最終話視聴後に見たのでは、印象がまるで別物である。

更にテレビ本編では長らく名前以外の詳細が不明だった仮面ライダークロニクル」のラスボス・ゲムデウスの怪人態が今作の予告編で本編に先駆けて登場している。

ストーリー

突如として現実世界の崩壊を目論む"忍者集団"が現れた。
彼らの目的は、VR(仮想現実)空間に「絶望から解放される永遠の天国」を作り出してその支配者となること。

忍者軍団が放つ光の手裏剣によって次々と人々が新種のウイルスに感染して昏睡状態に陥ってしまう。被害を免れた宝生永夢はVR空間から人々を連れ戻そうとするが、人類の危機はそれだけに留まらなかった。

仮面ライダー達は次々と襲い来るかつてない脅威に打ちのめされてゆく。

果たして彼らは運命を変える事が出来るのか。

今作の主要登場人物

一般人

星まどか
小学2年生。これまで殆ど症例が確認されていない難病で聖都大学附属病院に入院しており、学校も長期欠席中である。

星朱美
まどかの母親。女手1つでまどかを育ててきた。娘のまどかを気遣う心優しい性格。
なお、夫はまどかが生まれてすぐに朱美の元を去っている。

マキナビジョン

ジョニー・マキシマ
「マキナビジョン」の社長。テレビ本編にも第41話より登場している。
理由は不明だが、今作での事件を利用して世界の滅亡を画策している模様。

南雲影成
「マキナビジョン」の幹部。仮面ライダー風魔の変身者でもある。
ゲーム「ハリケーンニンジャ」と新種のウイルスを開発したのはこの男である。

ラスボス

ゲムデウスX
今作でライダー達の前に立ち塞がる強敵。
テレビ本編第41話ラストより登場した「ゲムデウス」とは似て非なる存在の模様。

劇場版限定フォーム

クリエイターゲーマー
仮面ライダーエグゼイドの特殊形態。今作のキーアイテムである「幻夢VR」をゲーマドライバーに接続し、「マイティクリエイターVRXガシャット」をドライバーに装填して変身する。
ミサイルや剣と言った武器を始め、ゲームエリア内に様々な物体を作り出す能力を持ち、敵を翻弄する。VR(仮想現実)空間に対応している。

劇場版限定ライダー

仮面ライダー風魔 ニンジャゲーマー
今作限定のライダー。その名の通り忍者の様な外見の仮面ライダー。
変身アイテムはゲーマドライバーハリケーンニンジャガシャットを使用している。
部下は忍者プレイヤー

先行登場

仮面ライダービルド
2017年9月より放送開始される新番組『仮面ライダービルド』の主役ライダー。
完成披露イベントの甲斐翔真氏曰く、どうやら仮面ライダーパラドクスと戦う事になる模様。

用語

幻夢VR
今作のキーアイテム。黄色のVRヘッドセットの様な機械。開発者は檀黎斗
使用者の精神をVR(仮想現実)空間へと送り込む。
モチーフはPSVRのヘッドセット。
ちなみに、幻夢VRの前身であるVRヘッドセットは【裏技】シリーズ及びテレビ本編第41話にて使われている。

マキナビジョン
テレビ本編にも登場した外資系ゲーム会社。社長はジョニー・マキシマ。
最新のVR技術を有しており、檀正宗が「仮面ライダークロニクル」の世界展開の先駆けに選ぶほどの大企業である。

新型ウイルス
今作で登場する新しいバグスターウイルス。開発者は南雲影成。
感染者を昏睡状態に陥らせ、その精神をVR空間へと引きずり込む。
しかもこのウイルス、人間のみならずバグスターにすらも感染させることが可能。

コラボレーション企画

上記の通りキーアイテムである「幻夢VR」はPSVRがモチーフとなっているが、実際に今作とPSVRのコラボが決定している。具体的には、下記の製作発表記者会見でプラネタリウムのスクリーンを使用して披露された360度スペシャル映像がプレイステーションストアで配信されており、PSVRで視聴可能(2017年7月14日より配信開始。タイトルは「劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルVR映像」)。

音楽関係

  • 「Life is Beautiful」

歌:三浦大知
※2017年8月2日(水)より発売中の三浦氏の22枚目のシングル『U』に収録されている。

映像ソフト化

2018年01月10日(水)にDVD&Blu-rayで発売予定。

詳細は東映ビデオ公式サイトを参照されたし。

関連動画

特報



予告編



最新予告編



プレゼント付き前売券告知映像



PSVRとのコラボPV



完成披露イベント前編



完成披露イベント後編



後夜祭

テレビシリーズ最終回を迎えた2017年8月27日、本作と平成ジェネレーションズを同時上映し、また大森Pと脚本の高橋氏が登壇し質問に答えるスペシャルイベント後夜祭が行われ、翌週9月3日には本作を同2名によるコメンタリー付きで上映する後夜祭(レベル2)が行われた。
さらに同年9月18日には同2名に加え監督の中澤祥次郎氏も加えた後夜祭(レベル3)が行われた。
ここまででも十分異例だがなんとさらに第4弾後夜祭(レベル99)が同年10月3日に実施。満を持してのキャスト登壇と『平成ジェネレーションズFINAL』についての重大発表が行われる。

余談

今作の情報が初めて語られたのは『超スーパーヒーロー大戦』のエンドロール後。
その後、2017年6月5日(月)に東京の多摩六都科学館プラネタリウムで行われた制作発表記者会見にて詳細な作品情報が解禁された。

クランクアップは同年5月22日(日)で、ラストカットは""だったとの事。
なお、テレビ本編第41話でジョニー・マキシマが持っている扇子にも「葱」の文字が描かれていたが……?
情報出典の公式ツイートへの外部リンク

今作が映画として完成したのは同年7月7日(金)。
情報出典の公式ツイートへの外部リンク

SF・特撮ビジュアルマガジン『宇宙船』Vol.157に掲載された、宝生永夢役の飯島寛騎氏とパラド役の甲斐翔真氏の対談インタビュー曰く、今作は「1年間『エグゼイド』を見続けてくれた視聴者への贈り物」「テレビ本編を最終回まで見たら"なるほど"と思う」との事である。
※同年7月1日(土)発行。

『エグゼイド』及び『キュウレンジャー』の公式twitterによると、週末動員ランキング第2位(同日公開作品及び全邦画においては第1位)、ぴあ初日満足度ランキング第1位を獲得したとの事。

外部リンク

今作の公式HP

VR動画配信サービス「360Channel」による今作関連の動画を取り扱うチャンネル

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンド VR PSVR

100の眼魂とゴースト運命の瞬間今作⇒???

EPISODE_FINAL:『仮面ライダー龍騎』の劇場版作品。今作と同様に「エンディングをテレビ本編に先駆けて公開」した仮面ライダーの夏の劇場版作品。ただしこちらは『数ある終結の中の一つ』という位置づけである。

MISSING_ACE:『仮面ライダー剣』の劇場作品。こちらは(最終的に、だが)本編のものとは異なるIFの最終回を描き、その4年後を描いたストーリーである。


アナザー・エンディング:『トゥルー・エンディング』から2年後を舞台とした物語。

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥルー・エンディング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124492

コメント