ピクシブ百科事典

忍者

にんじゃ

日本古来より存在した(する?)特殊諜報集団。『忍(しのび)』とも言う。
目次[非表示]

忍者に付けるタグ。また、RPGなどにおける職業ジョブ)タグの一つ。RPG界でも「」と双璧を成す有名和製ジョブである(本来なら闇に生きる忍者は、目立ったり有名であったりしてはいけないのだが…)。

概要

日本中世期・近世期のスパイにあたり、諜報や破壊工作、暗殺等を行うプロフェッショナル。その起源は、聖徳太子説、山林の原住民族説や、修験道の山伏説など、多くの諸説が存在する(忍者の精神統一法である「九字法」の呪文は、古代の山岳宗教である「修験道」に起源を持つ)。
忍者の多くは農地の乏しい山野での暮らしを起源とする。これらの土地の武士たちは互いに争う中で、平地とは違うゲリラ戦法や情報収集能力を編み出して勢力を保った。特に近畿伊賀甲賀がその典型とされる。やがて、その技能を武器に「草」「透破(すっぱ)」「軒猿(のきざる、けんえん)」等と呼ばれる傭兵として各地の有力者に仕え、各地へ散って各流派の集団を形成した。これが後世でいう忍者である。とくに日本史で戦乱の激しかった戦国時代に隆盛した。
彼らは一族をなし、お抱えの大名の指示に従って、生計を立てていた。戒律も厳しく、裏切り者や抜け忍は容赦なかった。また、中世当時の最新技術を積極的に導入しており、外国から渡ってきた「火薬」の技術を扱う事にも長けている。当時の人々にとっては火薬の存在をよく知らない者が殆んどのようで、その人々の目には幻術・妖術のように見えて幻惑されただろう。
妖魔・怪物も登場するようなファンタジー要素のある作品の忍者は火や水の呪術を扱うなどするが、修験道説や火薬による幻惑術などの要素が混合して「忍者は呪術を使う」という要素が形成されたと思われる。忍者の格好は黒子のような黒装束で頭巾を被って、を背中に抱えたイメージが多いが、実際は紺色や柿色で、ちゃんと腰に帯刀していた。
いつも忍び装束を着ている訳では無く、普段は服を裏返して農民姿で野良仕事をしたり、色々な職業者に変装していた。
江戸時代も江戸幕府に仕え続け、記録上、最後に確認できる忍者は、幕末ペリー艦隊に潜入して諜報活動を行ったともいわれている。
近代になり、警察日本軍の創設で忍者の役目は終え、消滅した。

しかし、陸軍中野学校で藤林佐武次保武が記した万川集海が使用されるなど、役目は終えたあとも影響は多く残されていた。現代でも伊賀・甲賀などの忍の血筋の人々が、忍術道場などを運営して技術や思想を伝えている。
特に外国人は、今も忍者は密かに存続していると信じている人も多く、観光の際に道場に訪れて修行体験をしていく人も多い。

女の忍び「くノ一

Nin Nin!


女性の忍者も存在していた。彼女たちのことを、「」の字を解体した「くノ一(くのいち)」とする表現が一般的である。異説では、人体にある「九つの穴」に加え、女性は穴が一つ多い(陰部ことから「九の一(くのいち)」として呼んだともいう。もっとも信憑性は今ひとつで、また「くのいち」という呼び方自体が山田風太郎の創作とする説もある。
女忍者の仕事も情報収集や暗殺が主だったが、女性ならではの「色仕掛け」で男を籠絡させるのが特徴。だが、敵方を本気で惚れて裏切る可能性もあったため、監視役忍者が常にいた。「くのいちの術」と言って女性を使った忍術は存在するが、これは女性を使った謀略作戦のことであった。女忍者が女中になりすまし城に潜入したという記述も残っており、女中達の「女の噂好き」を利用した諜報活動でかなりの功績をあげていたとされる。
基本的に、小説やゲームに登場するような華々しい活躍自体、忍者にとっては実際少なかったものである上に、それを身体能力的に劣る女性が担当していた可能性は低く、刀を持って戦うアクティブなくノ一はほぼ存在しなかったといってよい。
また史実に登場するくノ一で有名なのは、武田信玄に仕えた歩き巫女集団がある。

忍法帖シリーズの忍者

甲賀忍法帖を嚆矢とする山田風太郎の小説シリーズに登場する忍者。現在、巷間に流布する超人・魔術的な忍法を駆使する忍者のイメージを作り出したルーツともいえる存在。作中、破天の技能である忍法を会得する術が、忍者としての素質と凄惨な修行そして一念が極まるところに発現すると語られ、時に歴史を左右する偉業をなす。一方で近親者同士の血を掛け合わせ、多くの身体的異形者や精神異常者の誕生という犠牲を払って遺伝による忍法を創造することも描写され、相伝された忍法の存在に己の運命を翻弄される忍者が幾人も登場する。
また忍者は権力者から完全に使い捨てとして扱われ、いずれも任務の中で様々な悲喜劇に巻き込まれた上で死亡し、生き延びても力尽きるか絶望して廃人になるという末路が大体のところである。さらに忍者を前時代の遺物として近代兵器に完膚なきまで粉砕させるというシビアな扱いの作品もあり、基本的に人間世界における無惨・理不尽を形容する存在として書かれる。

RPGゲームの職業としての忍者

数多くのRPGで職業として登場している。元来ファンタジーRPGは洋風テイストの世界観が多いが、侍とともに違和感なく溶け込んでるものも多い。その理由はRPG初期からの人気シリーズ「ウィザードリィ」の第1作目から侍と共に、戦士や魔法使いといった職業の一つに入っているからであろう。忍者はその中でも転職が難しく、上級職中の上級職と認定されている。
しかしウィザードリィシリーズの忍者の最大の特徴は、武器や防備を一つも装備しない方が強いということで、レベルを上げる度に防御力が高まるという仕様で、攻撃力も素手だとクリティカル(即死)が出やすくなっている。その為、裸の忍者のイラストが発売当時から多く存在する(裸忍者を参照)。

忍べ。


かくして「全裸のイラストを描くのに大して理由のいらない職業」という(ビキニアーマーの女戦士は「何故防御力の低い鎧を着るのか」という意見が出るが、裸忍者だと「だってウィザードリィがそうだから」で済む)、絵師にとっては有難い存在となっている。サキュバスあたりと絡ませるとスッポンポンの男女しか存在しなくなるだろう。

忍者の代表的な術

技名解説
分身の術文字通り目にも留まらぬ速さで動き、敵に自分が何人もいるように見せかける。
変わり身の術丸太などを自分にみせかけ敵の目を欺く。敵の油断を誘い、反撃のチャンスを作る。
空蝉の術変わり身の術とほぼ同じ。空蝉とは、蝉の抜け殻のこと。
微塵隠れ自分は地面に掘った穴に隠れ、地上に仕掛けた爆薬で敵を爆破する。
移し身の術赤の他人に成りすます。催眠術を用い、人格の交換すら行う。


忍者として有名な人物と流派

実在の忍者


忍者であると疑われている人物

架空の忍者(時代劇)


忍者が題材でない作品の中で登場する忍者

スーパー戦隊シリーズ

仮面ライダー

その他特撮


漫画

アニメ

魔神英雄伝ワタル

トランスフォーマー

勇者シリーズ

ゲーム

サイバーパンク

その他


忍者を題材とした作品

スーパー戦隊シリーズ

その他特撮

漫画

アメコミ

アニメ

ゲーム

バラエティ番組

小説

web小説

その他

カワサキのバイクに「Ninja」シリーズがある。映画『トップガン』で主人公が乗っていた「Ninja GPZ900R」が有名。

キャラクターのモチーフとしての扱い

だいたい忍んでる忍者キャラクターは少ない。
また忍者の真似事をしてる人もいる。

関連キャラクター

忍者(女) ヨシオ おぼろ丸 黒鋼 キョウ アンズ いが☆グリオ エスピオ・ザ・カメレオン

関連タグ

世界忍者 乱破 似非忍者 抜け忍 アサシン 隠密 御庭番 忍犬
ござる ニンジャソウル 下忍 中忍 上忍
流派伊賀流 甲賀流 風魔戸隠流 裏柳生鉢屋衆
忍法 忍術 手裏剣  短刀
作家白土三平横山光輝山田風太郎
和風 和風ファンタジー

別表記

ニンジャ 忍び しのび シノビ くのいち くノ一 黒脛巾組 軒猿
Ninja

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25685201

コメント