ピクシブ百科事典

カメレキング(ドグマ怪人)

かめれきんぐ

ドグマ王国が忍者の末裔を改造して作ったカメレオン怪人(画像中央のトカゲのような怪人)

「こらぁ、どうして急ブレーキをかけるんだ!?」
CV/石井敏郎
仮面ライダースーパー1 第5話「跳べ一也!悪魔のマシーンレース」登場

概要

ドグマ王国の近代美術館に陳列するための世界の秘宝を奪わせるべくメガール将軍が捕えた忍者の末裔をカメレオンと合体させて作られた怪人。
モトクロス大会に出場した沖一也ドグマファイターのマシン集団で襲撃し、倒したと報告するも、帝王テラーマクロから「沖一也の死体は確認したのか?」と言われ、あわてて戻る羽目に遭う。
モトクロス会場近くの山奥で忍者の末裔であるアカネという女性とその兄(名前は不明)に出会った一也だったが、実はアカネの兄こそがカメレキングの正体。兄は妹を人質に脅されやむなく投降した結果、改造されて妹に「これは兄の格好をした悪魔」とまで言われるまでに別人格となってしまった。アカネには命令に逆らうと自身の脳内コンピューターと連結して首を締めるリングを装着させており、殺す事も躊躇しない。このリングはカメレキングが死なない限り解くことはできない。

一也を捕え、時間が来ると串刺しになる装置に仕掛けた後は秘法強奪に向かったが、帰りがけにスーパー1に邪魔され、自らオートバイにまたがりスーパー1のブルーバージョンと追跡戦を行った。

武器は爆弾となる左手(普段は5本指だが投げる際は3本指になる)と口内にある剣。
また、何故かスーパー1との戦いでは使用しなかったが、保護色で姿を消す能力も持つ。
左手はエレキハンドで破壊されたため剣で戦うも、剣は折られた上に投げ返されて刺さったところをスーパーライダー閃光キックを受けて爆死した。

その後アカネは、死んだ兄の遺骨を持って故郷に帰ることになった。

余談

劇場版にてドグマ復讐兵団の一員として復活した後、「10号誕生!仮面ライダー全員集合!!」にて同じドグマのカマギリガンや、他組織のガメレオジン獣人大ムカデカミソリヒトデと共にバダン帝国の一員となっていた。(カメレオロイドクモロイドはどうした?)この時は『サーベルキング』を名乗っていた。

コメント