ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

仮面ライダースーパー1』に登場した悪の組織。

帝王テラーマクロを崇める小国家的性格を持ち、優れた者による世界の制圧とユートピア建国、弱者の根絶を唱える選民思想の集団。

テラーマクロ自身が相当の格闘技の使い手であり、彼の配下にはそうした人材も多い。


ドグマの率いる怪人はかつてのショッカーの改造人間に近いものだが、各人の持つ拳法の腕をより活かすものとなる。戦闘員にあたる“ドグマファイター”は機械化されて上司に忠実なようだが、怪人の不甲斐なさを嘲笑ったこともある。


やっている事はこれまでの悪の組織と同じような悪事ばかりだが、時には独断と偏見でカップルを勝手に作ったり、子供達を遊びで洗脳しようとしたり、自分たちの土地に勝手にマイホームを作った人を勝手に逮捕して裁判にかけた挙句に死刑にしようとしたりなどと迷惑ながらも変な事もしている。

また埋蔵金を探して見つけたかと思ったら実はそれは偽物だったり、作った怪人が洗脳前に逃げだしたり、復活させたナチスマッドサイエンティストに反乱を起こされたりと時折ミスをしでかす事もある。

また重要物資を奪回するために敵であるスーパー1に協力を要請した事もある。

 

首領編集

帝王テラーマクロ


帝王テラーマクロ編集

ドグマ王国においての首領であり支配者。普段は玉座に座り、傍に親衛隊を置く。

鈴の音とともに現れ、怪人達に命令を下す。非常に冷酷で、美しいもの・優れたものが全てと豪語し、それ以外の存在を許さない。

組織内では絶大なカリスマを誇り、怪人達は死亡する間際に「テラーマクロ!」と叫ぶ程である。


Kaiser-Crow

カイザーグロウ

テラーマクロの正体である。ドグマの守護神カイザーグロウの像に流れる血を浴びて不死身の体を持ち強力な力を持つ。スーパー1を苦しめ赤心寺の面々を殺害した。

不死身であるが実は血を浴びる間際、右の肩に一羽のカラスが止まっていたためその部分だけ不死身ではなく、そこが弱点となった(これは、ジンドグマ悪魔元帥の策略によるものだったと後に明かされている)。


幹部編集

メガール将軍編集

ドグマの将軍および大幹部。全身を鎧で固め剣を振るい闘う。テラーマクロに忠誠を誓い、怪人達を指揮している。

実は沖一也の所属する研究所の科学者であったが、惑星開発用改造人間の被験者に志願するも改造手術は失敗し醜い怪人となってしまう。そして人間達に復讐するためドグマに加わった。


死神バッファロー

メガール将軍の正体。元々は惑星開発用改造人間0号であったが手術の失敗が原因でドグマに加わる。

名前の通り、30tの衝撃を誇るショルダーアタックと鉄球を武器とする。スーパー1に最後の決闘を挑んだ。


戦闘員編集

ドグマ親衛隊編集

帝王テラーマクロの身辺警護をする上級戦闘員。地位的にはメガール将軍よりは一応上。


ドグマファイター編集

ドグマの戦闘員で怪人たちの作戦を補佐する。ドグマ独自の拳法である「ドグマ拳法」を使い闘う。普段は機械の電子音の様な声をしているが、人語を話すことが可能。

ドグマ壊滅後は生き残ったファイターがジンドグマの尖兵となった。


ドグマ怪人編集

他の組織と同じく動植物モチーフとなっている。


その他編集

選ばれた者のみで地球の美しさを保とうとするなど、ネオショッカーとの関係が暗示されている(一説によると、テラーマクロの出身地がネオショッカー大首領と同じ「B52暗黒星雲」であり、また劇場版の古代兵器“火の車”奪取計画に“ドグマ復讐兵団”にネオショッカーの再生怪人が一部参戦している)。

仮面ライダースーパー1・沖一也と彼の師である玄海老師率いる“赤心少林拳”一派との戦いの末、玄海や弁慶の犠牲を出しつつも、玄海がテラーマクロの弱点を発見し、スーパー1にテラーマクロが変身した不死身の怪人「カイザーグロウ」が撃破され、ドグマは滅びた。


関連タグ編集

仮面ライダースーパー1


ネオショッカードグマ/ジンドグマバダン

関連記事

親記事

仮面ライダースーパー1 かめんらいだーすーぱーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72237

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました