2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

電子戦隊デンジマン

でんしせんたいでんじまん

電子戦隊デンジマンは1980年に放送された特撮番組。 「スーパー戦隊シリーズ」の第4作。
目次[非表示]

『デンジ・スパーク!!』

「デンジレッド!」
「デンジブルー!」
「デンジイエロー!」
「デンジグリーン!」
「デンジピンク!」

「見よ! 電子戦隊デンジマン!!」

概要

1980年2月~1981年1月にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ第四作。

●登場キャラクターがバラエティ豊富。
●巨大ロボに初めて変形機能を導入。
●マスクの目にゴーグルを採用。後の戦隊において定番デザインとなる。
●レギュラーのマスコットキャラクター・デンジ犬アイシーが登場。

などなど後の戦隊シリーズの方向性を決定付けた作品であり、名前が再び色分けされるなど『秘密戦隊ゴレンジャー』に原点回帰したかのような要素が散見される(色構成も全く同じ)。

また敵の首領・ヘドリアン女王は、人気が出て次の太陽戦隊サンバルカンにも登場する。

登場人物

電子戦隊

ベーダー一族に滅ぼされ、地球に逃げ延びたデンジ星人の末裔からなる5人の戦士。第2話によればデンジ星には先代がいた模様である。
スーパー戦隊史上初の(公的組織所属者でない)民間人による戦隊であるが、インターポールから一定の信頼を得ており、依頼を受ける事もあった。

それぞれがアスレチッククラブの従業員であり、赤城は空手のインストラクター、青梅はヨガと体操のインストラクター、黄山は主婦向けに料理教室と美容体操の講師(+喫茶コーナーでの調理担当)、緑川はボクシングのインストラクター、桃井は水泳や合気道、テニスのインストラクター(これとは別にピアノを教える場面も)を務めている。
このアスレチッククラブとデンジランドは地下で繋がっている。

メンバーの名前はそれぞれ色が入っているのが特徴。

スペック

ジャンプ力(デンジジャンプ)最大150m
走力(デンジダッシュ)時速120km(250km以上を出す事も可能)
聴力10km先の物音を聞き取る

デンジレッド/赤城一平
演:結城真一
デンジブルー/青梅大五郎
演:大葉健二
デンジイエロー/黄山純
演:津山栄一
デンジグリーン/緑川達也
演:内田直哉
デンジピンク/桃井あきら
演:小泉あきら

他の主要人物

デンジ犬アイシー
声:京田尚子
デンジ姫
演:舟倉たまき(現・舟倉由佑子)

悪の組織「ベーダー一族

全宇宙を汚染しようとたくらんでおり、3000年前にデンジ星を滅ぼした異次元からの侵略者。
ヘドロなど汚いものが大好きで、人類とは真逆の美観を持つと言われている。
戦隊シリーズでは珍しく、幹部全員が全員顔出し俳優によって構成されており、また戦闘用の怪人体等も存在しない。一方、変装して人間社会に入ってくることはやたらと多い。

ヘドリアン女王
演:曽我町子 
デンジマン、ひいてはスーパー戦隊の悪役を語る上でなくてはならない人物。
強力な超能力を持っており、呪いや妖術を得意とするが、後述のバンリキモンスには劣るようである。というより、物語を通じてほとんど戦闘には参加していない。
倒された怪物の墓(?)を作って「痛かったろうムササビラー、苦しかったろうシャボンラー」と語りかけたり、特攻しようとするヘドラー将軍に「犬死には許しません!」と言ったりと身内にはやたらと優しい。ただし、戦闘員ダストラーの扱いに関してはかなり悪い。
後の戦隊シリーズの悪役にあるアットホームな雰囲気を最初に創った人物とも言われる。
ちなみにスリーサイズはB:98、W:98、H:98

ヘドラー将軍
演:香山浩介
ベーダー一族の戦闘司令官。女王に絶対の忠誠を誓う、部下からの信頼も厚い武人である。バンリキ魔王の反乱時にバンリキ魔王と互角に渡りあうほど実力の持ち主であり、女装を含めた変装も巧みで、自ら作戦指揮を執ることもある。物語の終盤では、デンジレッドを除く4人のメンバーを拘束。が、手下のカラクリラーの邪魔が入り、あと一歩のところでデンジレッドを倒せなかった。バンリキ魔王との確執の末、遠回しに戦死を命じられ、デンジマンとの決着をつけるため女王から授かったベーダーの剣を用い自らをベーダー怪物化(外見は特に変化しない)してダイデンジンと戦い、電子満月斬りの前に敗れ去る。その死は敵であるデンジマンからも礼をもって弔われた。
第49話では、テニスウェア姿を披露、かなりのイケメンであった。

ミラー・ケラー
演:美川利恵・湖条千秋
女王に忠誠を誓う女スパイ。ヘドラー将軍とともに変装して、人間を罠にはめようとすることも多い。

ベーダー怪物
左右で非対称の体をしており、また内臓を彷彿とさせるグロテスクなデザインが目立つ。
また、腰には通し番号の入ったバックルを付けている(劇場版に登場したアンゴラーのみ固有のバックルを付けている)。基本的に番組で生まれた順なのだが、十数年前に生まれたはずのビーダマラーも番組に出た順の通し番号がふられていた。
保管されていた卵を、専用の孵化機に投入することで、怪人となって登場する。孵化機に入れる前に油で揚げるといったバリエーションも見られた。ウミツラーが「デンジ星を滅ぼしたベーダー怪物の子孫」と呼ばれていたことから、怪物内でも家系のようなものがあるようだ。
名前はムササビラー、ケンダマラーというように、「モチーフ+ラー」というものが多い。タイヤジコラー、ルパンカメラー、ヒゲキタコラーといったユニークなネーミングもあり、中にはチカゲリラーのように、何がモチーフなのか全く分からない怪物も存在。
巨大化は本人の意思で自由自在に行うことができ、巨大化に伴うリスク等も特に見られない。
へドリアン女王と合わせ、今なおカルトな人気を誇る怪人である。

ダストラー

第三勢力

バンリキ魔王
演:大前均
物語の中盤から登場する宇宙の流れ者。外見は地球人と似ている。
巨大化や瞬間移動といった超能力を持ち、戦闘では槍や両腕に装着された剣を使う。
ベーダー怪物の卵や、戦闘員ダストラーを珍味と言って食していた。
ベーダー城に住み着き、終盤までは傍観者として振る舞うが、実はベーダー城を奪う機会を虎視眈々と狙っていた。
へドリアン女王やヘドラー将軍のことは奴隷のごとく扱うが、配下のバンリキモンスのことは、酒瓶を割っても「この悪戯者め」と言っただけと、可愛がっている。

バンリキモンス
バンリキ魔王の配下で、単独でデンジタイガー、ダイデンジンを破壊し、また必殺技デンジブーメランを跳ね返す等、攻守ともに隙がなく驚異的な戦闘能力を有する。唯一の弱点は尻尾。魔王が毒入りと気付かずに飲まされそうになった酒瓶や杯を割る等、感覚面も優秀と思われる。
魔王と仲良く釣りをしているシーンもある。

武器/技

デンジスティック
刃が付いた5人の共通武器。地面に突き立てれば火花を発し、先端から高圧水流「デンジウォーター」を発射する。
また、日本刀やバットといった近接武器にも変化する。
5人はこれを合体させる事で「デンジブーメラン」という必殺武器に変形させ、敵を切り裂く。敵の脳天に叩きつけてスパークさせる「電子稲妻落とし」という技も存在する。

デンジパンチ
特殊金属デンジα鋼製のナックルで、マグナムパンチと呼ばれる強化版も存在する。
威力は50mmの鉄板を叩き割る程。5人の共通武器だが、空手が得意なレッドが使用する事で威力を発揮する。

デンジストーン
額に電子頭脳と共に組み込まれた石。状況に応じて様々な機能を発揮する。

  • デンジシャワー
デンジストーンから特殊光線を放つ。ベーダー怪物にダメージを与えるのみならず、ベーダー怪物に憑依された人々を解放する際にも使用される。また、解毒作用もあるようだ。
  • デンジパワー
デンジストーンの発揮する力で拘束から脱する。
  • SOS信号
デンジストーンからデンジランドへ救難信号を発信する。
  • デンジスーパーサイエンス
デンジストーンから光線を放ち、ベーダー怪物の技を封じる。

デンジタワー
戦隊シリーズ伝統の櫓を組む戦闘フォーメーションの一つ。

デンジスコープ
デンジ赤外線を照射し、物体や異空間の視認の他、人間に化けたベーダー怪物の正体を見破る。
また、フィルムに入り込んだベーダー怪物を追い出す効果も持つ。

ドラゴンフライ
秋の空を埋め尽くすトンボのごとく飛び上がり、敵に次々とキックを浴びせる。

ショットガン
円を組んだ5人が拡散弾のように周囲の敵に突っ込む。

電撃アタック
個人技をベーダー怪物に次々とぶつけていく技。

デンジサークル
敵を包囲して放つとんぼ返りキック。

スクランブルチェーン
5人が鎖のように腕を組み、回転しながら敵を蹴散らす。
テレビマガジンでは「デンジ大車輪」という名称であった。

ブルーロケット
4人が発射台となり、ブルーをロケット弾のように飛ばす技。

デンジトリック
5人が不規則に高速移動し、敵を惑わす。

デンジ影分身
5人が合計15人に分身し、敵を撹乱する。

デンジ風返し
5人が輪になって高速回転し、突風を巻き起こす。

デンジスプレー
怪物に飲み込まれた人間を体外に吐き出させる為に、高所まで引き上げた怪物を頭から地面に激突させるえげつない技。

テレビマガジンに掲載されていた技

デンジブルドーザー
キャタピラーのような陣形を組み、敵を押しつぶしながら進む。

アッパーファイト
5人同時にキックを放って敵を怯ませる。

デンジV字カッター
5人がデンジスティックを構え、Vの字の陣形を組んで敵に突っ込む。

ドミノスクラム
前列3人、後列2人がそれぞれ腕を組んでドミノよろしく敵を押し潰す。

デンジロケット
5人が敵をロケットのように投げ飛ばす技。

メカニック

デンジタイガー
万能戦闘母艦。デンジファイターを格納。主な攻撃手段はミサイル。EDにて敵の猛攻下を突き進んでいる最中、どう見てもデンジタイガーが火事になっているのは秘密。

デンジファイター
ダイデンジンに変形する大型戦闘機。但しこの状態で戦闘を行った事は百獣戦隊ガオレンジャーvsスーパー戦隊までなかった。

ダイデンジン
巨大ロボット。デンジファイターが変形してダイデンジンになる。

デンジマシーン
最高速度450km/hを誇るサイドカーで、対空砲を装備。
主な搭乗者はレッドで、サイドシートにはピンクが乗る。

デンジバギー
最高速度350km/hを誇る青い車体が特徴の4WD車両。
主な搭乗者はレッド以外の男性メンバー。

各話リスト

話数サブタイトル
1超要塞へ急行せよ
2人喰いシャボン玉
3油地獄大パニック
4ベーダー魔城追撃
5壁に蠢く赤い毒花
6悪魔分身の少女
7デンジ星の大悲劇
8白骨都市の大魔王
9死を呼ぶ怪奇電話
10魔法料理大好き!?
11いのち泥棒を追え
12危険な子供スパイ
13割れた虹色の風船
14100点塾へおいで
15悪の園への招待状
16熱海の陰謀を砕け
17泣くな! 野球小僧
18南海に咲くロマン
19私の星の王子さま
20ゴリラ少年大暴れ
21死神党を攻撃せよ!
22超時間ふしぎ体験
23天井裏を歩く悪魔
24罠をはる怪力男
25虎の穴は逃走迷路
26デンジ姫の宇宙曲
27赤いカブト虫爆弾
28呪いの館の密殺者
29超能力刑事の急襲
30消えた盗んだ出た
31魔法使い秘術合戦
32地獄の大銃撃戦
33吸血楽器レッスン
34哀しい捨子の物語
35謎のはたおり姫
36勇気ある仔犬の詩
37蛮力バンリキ魔王
38無限魔空の大冒険
39女王怒りの妖魔術
40チャンピオンの敵
41史上最大の総力戦
42少年を喰う悪い夢
43謎なぞ七色レディ
44不思議ランプ物語
45二人いたデンジ姫
46腹ペコ地獄X計画
47朝日に消えた人魚
48バンリキ魔王反乱
49ベーダー城大異変
50将軍は二度死す
51ひびけ希望の鐘よ


音楽

  • ああ電子戦隊デンジマン

作詞:小池一夫/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:成田賢
OPテーマ。OP映像でデンジマンが街を駆け抜けるシーンは安心戦隊ALSOKのTVCMでパロディされた。

  • デンジマンにまかせろ!
作詞:小池一夫/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:成田賢
EDテーマ。スクライドにおけるマーティン・ジグマールのセリフのパロディ元になったと思われる。
獣拳戦隊ゲキレンジャーにて成田氏が27年ぶりに歌唱した戦隊ソング(挿入歌)「1-2-3-4(ヤーイーサンサー)激気正義!」は、歌い出しの詞がオマージュとなっている。

挿入歌

  • 戦う電子戦隊デンジマン

作詞:八手三郎 / 作曲・編曲:渡辺宙明 / 歌:成田賢、こおろぎ'73

  • 星からきた超兵器
作詞:八手三郎/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:成田賢、こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会

  • ひとりぼっちの青春
作詞:江連卓/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:内田直哉、ザ・チャープス

  • 輝け!デンジマン
作詞:上原正三/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:内田直哉、こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会

  • ゴーゴーデンジタイガー
作詞:上原正三/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:成田賢、こおろぎ'73、ザ・チャープス

  • 銀河ハニー
作詞:上原正三 / 作曲・編曲:渡辺宙明 / 歌:中尾隆聖
作中に登場する歌手吹雪豪の代表曲という設定であり、商品化は2001年までされていなかった。

関連作品

  • 『電子戦隊デンジマン(劇場版)』

1980年7月12日公開。東映まんがまつり内にて上映された本作の劇場版作品。

2011年6月11日公開。本作から青梅大五郎/デンジブルーが登場。

2012年1月21日公開。上記の『199ヒーロー』に続いて青梅大五郎/デンジブルーが登場。

余談


  • 電子戦隊の「D」のマークが2つに分かれているので「エコ」という風に見えることは有名な話。(特にダイデンジン)

  • OP時に黄山純が化学実験をやっていて、スポイトから薬品を滴下した瞬間爆発するというお約束のカットがあるが、何故かこのとき薬品を滴下した試験管から「ボン!」と噴き出る爆発ではなく机の上にあった別の実験器具が爆発するという不思議な現象が起こっている。しかし、その点についてツッコんではいけない。おそらく振動に弱い液体が入っていたのだろう。

  • 企画段階での仮称は『電子マン・トリッガー』。実際の作品ではデンジ姫が担った「ベーダーに滅ぼされた異星の生き残り」という役が、ヒロインのクリスタル/トリッガー5にあてられていた。決定名称の『電子戦隊デンジマン』はプロデューサーの吉川進が命名。


関連イラスト

1980



関連タグ

スーパー戦隊シリーズ

海賊戦隊ゴーカイジャー:劇場版で青梅大五郎が登場。
ナビィ:EDの歌詞が口癖に使用されている。

死を司る女神ヘラ…ヘドリアン女王のモデルであるアメコミのキャラクター。

電子鬼 デンジマンを歪めた戦隊怪人

その他の出演者
酒井ゆきえ:準レギュラー・松尾千恵子巡査役。

三原順子[現:三原じゅん子](第4話、第21話)
高橋利道(第18話)※第29話で別役として出演。⇒後に『大戦隊ゴーグルファイブ』でデスギラー将軍役。
林家源平(第23話)⇒『ジャッカー電撃隊』で姫玉三郎役。
中尾隆聖(第26話)※吹雪豪役として出演。
中田博久(第28話)⇒後に『超電子バイオマン』でメイスン役。
倉地雄平(第29話)⇒前作バトルフランス
山田隆夫(第30話)⇒次作で途中からレギュラー(矢沢助八役)。
朝風まり[現:二代目・引田天功](第31話)※本人役
高原駿雄(第31話)⇒『秘密戦隊ゴレンジャー』で江戸川権八総司令役。
杉欣也(第33話)⇒次作バルシャーク役。
春田純一(第40話)⇒後にゴーグルブラックダイナブラック等を演じる。
飯塚昭三(第46話)

バトルフィーバーJ本作太陽戦隊サンバルカン

関連記事

親記事

昭和戦隊 しょうわせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333687

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました