ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベーダー一族

べーだーいちぞく

スーパー戦隊シリーズ第4作目『電子戦隊デンジマン』に登場する悪の組織である。
目次 [非表示]

概要

スーパー戦隊シリーズ初の宇宙から来た敵組織で、地球を汚いヘドロにまみれた星にしようと目論む。地球人とは美意識が異なっていて、汚いものを好み、綺麗なものを嫌う。

この点は後の蛮機族ガイアーク幽魔獣ヨドンヘイムにも通じる。

ヘドリアン女王の下、強固な一枚岩を築いていたが、バンリキ魔王の登場を契機に、不穏な空気が漂い始めることになる。


なお、シリーズでは珍しく、首領・幹部全員が顔出しである(他にはゴーマ族が該当する)。


ヘドリアン女王

演:曽我町子


クイーン

ベーダー一族の指導者。侵略目標となった惑星への果てしない憎悪を持ち、絶望や悲しみといった負の感情を好み、地球に絶望感をもたらそうとする。

ベーダー怪物には我が子のように接し、デンジマンに倒された際には慈しんだり労わったりするなど、幹部からは非常に慕われる一方、ダストラーへの扱いが酷い。そのためか、バンリキ魔王が反乱を起こした際には、ダストラーに反逆されてしまった。また、ベーダー怪物でも裏切り行為を許すことはなく、処刑を命じる厳格な一面を持つ。

その高いカリスマ性と、ベーダー一族に対する慈悲深さと優しい心遣いのため、ヘドラー将軍やミラー・ケラーからは絶対の忠誠を誓われており、彼らの死に際しては女王も嘆き悲しんでいた。


最終回でヘドラー将軍やミラー・ケラーを始め、すべての同胞を失い、孤独になった女王は、ベーダー魔城に乗り込んだデンジマンに「ヘドラー将軍も死んだ……。ミラー、ケラーも死んだ……。私は1人ぼっち……。だが、勝ったと思うなよ、デンジマン。私には、しばらくの休息が必要なだけじゃ。では、また逢おう。……さらばじゃ」とデンジマンとの別れの言葉を静かに言い残し、いずことなく姿を消した(そこには女王の姿はなく、ホログラフィーであった)。

だが、北極にて彼女を目覚めさせようとする者がいた…(その後の詳細は、『機械帝国ブラックマグマ』の記事にて)


戦隊シリーズのTVシリーズで唯一2作品に跨って登場する敵キャラクターである(Vシネマ等で復活した敵は除く)。

また、シリーズで数少ない女ボスでもある(他には、同じく曽我が演じる『ジュウレンジャー』の魔女バンドーラと、『ゴーゴーファイブ』の大魔女グランディーヌリュウソウジャーエラスがいる)。

ちなみにスリーサイズはB98:W98:H98である。


幹部

ヘドラー将軍

演:香山浩介(現・藤堂新二)


ヘドラー将軍

「デンジマンと刺し違えて死ねたら…本望です。」

女王の信頼も篤い戦闘指揮官で、剣術に優れる武人である。数多くの作戦を立案し、自ら陣頭指揮を行う。正々堂々とした戦いを好む武人肌と誇り高い武士道精神の持ち主で、デンジレッドとの戦いではカラクリラーの助勢を一喝し、一騎打ちを望んだ。

そのため、デンジレッドとの間には戦士としての熱い心が通じ合っており、デンジレッドと差し違えようと特攻するも、後一歩及ばず怪我を負うが、咄嗟にデンジレッドが爆風から庇い助けられた。そのため、ミラー・ケラー、ベーダー怪物など、多くの部下から慕われており、また敵であるデンジマン、特にデンジレッドからも敬意を抱かれており、ヘドラーの戦死後、デンジマンから敬礼された。

変装も得意であり、劇中ではノリの良さも見せた。

バンリキ魔王とは対立する事が多く、バンリキ魔王の反乱では互角以上の戦いを演じた。しかし、強力な力を持つ部下のバンリキモンスが加わったバンリキ魔王の前に屈辱の服従を強いられる。

立場が危うくなり、暗殺を謀るが失敗、バンリキ魔王から「爆弾を積んで電子戦隊に特攻せよ」と遠回しに戦死を命じられ、デンジレッドとデンジマンと差し違えようとするも失敗、傷を負うも、敵であるデンジレッドに助けられ、ベーダー城へ帰還するが、バンリキ魔王から「死にぞこない」と侮辱される。

そして、バンリキ魔王とバンリキモンスに苦戦するデンジマンを見て、ヘドリアンに持った者を怪物になるベーダーの剣を授けて欲しいと言う。

「電子戦隊を倒すのは、自分達ベーダー一族で、バンリキ魔王に手柄を奪われるくらいなら」と悲壮の覚悟を持ってデンジマンとの決着をつけるべく女王から授かったベーダーの剣を持って、バンリキモンスの超能力に苦戦するデンジマンの前に現し、ベーダーの剣の力で巨大化、怪物と化す。

デンジマンに正々堂々の一騎打ちを望み、ダイデンジンと死闘を繰り広げるも、一歩及ばず、最後は電子満月斬りでベーダーの剣ごと両断されて破れ去り、名誉ある戦死を遂げた。

その戦いぶりと誇り高い武人として散った彼を敵であるデンジマンから、敬礼を以って弔われた。

「ヘドラー将軍に、敬礼!」


みらーけらー

ミラー

演:美川利恵


女王直属の女スパイ。金色のコスチュームがミラーである。変装が得意で、主にヘドラー将軍の補佐を務める。

水晶玉に変身することが出来、女王の妖魔術を増幅させる重要な役を演じる。


ケラーが倒れた後、バンリキ魔王に取り入るが、これは、弱点を探るための演技で、密かに女王にバンリキモンスの弱点を漏らし、デンジマンに勝利をもたらした後、バンリキモンスが倒された事に怒り狂ったバンリキ魔王に光線を浴びせ、失明を伴う大ダメージを与える。しかし、これが仇になり、錯乱したバンリキ魔王の槍を受けた事で致命傷を負い、女王の腕の中で息絶えた。


ケラー

演:湖条千秋


女王直属の女スパイ。銀色のコスチュームがケラーである。変装が得意で、主にヘドラー将軍の補佐を務める。

に変身することが出来、女王の身辺警護という重要な役を演じる。


最終回で、バンリキ魔王から女王を庇い自らの身を盾に変化させて、バンリキ魔王の短剣を受けて死亡した。


ヒダラー前将軍

第34話でその存在が示唆されたヘドラー将軍の前任を務めていた。自身の不手際でビーダマラーの卵を紛失してしまったらしいが、それ以外の詳細は分かっていない。


構成員

ベーダー怪物

ムササビラー

↑画像はベーダー怪物第1号・ムササビラー。


ベーダー一族の尖兵として卵から生まれる。名前は「○○ラー」で統一される。

ベルトのバックルには、製造番号が記され、最初に誕生したムササビラーは「00」、最後に誕生したケンダマラーは「49」となっている。「37」は欠番になった。

基本的にヘドリアン女王には忠誠を誓っているが、サッカラーはバンリキ魔王の口車に乗って裏切った。

細胞を組み替えることで、自在に巨大化・縮小化が出来る。


ダストラー

ベーダーの戦闘員。ベーダー怪物よりも単純な構造を持つ下級兵士で、1つの卵から複数体が孵化する。大きな鎌が武器。ヘドラー将軍やベーダー怪物の指揮下で行動し、作戦を従事する。

詳細は当該記事にて。


ベーダー一族の戦力

ベーダー魔城

ベーダーの本拠地。


ベーダー戦闘機

ベーダー魔城から現れ、ダストラーが操縦する戦闘機。大抵はデンジタイガーにやられる。


バンリキ魔王

演:大前均

バンリキ魔王

第37話から登場する、スーパー戦隊シリーズ初の第三勢力。子分のバンリキモンスを引き連れてベーダー魔城へやって来た。

血に飢えた無法者で、「地獄の使者」「宇宙の用心棒」とあだ名される。

性格は、傲岸不遜で、女王の前でも平気で粗相をするため、ヘドラー将軍とはまったくそりが合わなかった。

粗暴に見えるが、意外にも知恵が回り、初登場の37話では、単独行動をしていたデンジレッド以外の4人に重傷を負わせた。


終盤に反乱を起こすが失敗し、燭台にされてしまうが、モンスによって復活。ついにベーダーの実権を握る。

しかし、横暴な振る舞いから女王に強く憎まれ、水晶玉に変身したミラーの閃光で失明してしまう。

失明した状態でうっかり地上に出てきたため、デンジブーメランによってあっさり倒された。

デンジマン・ベーダー双方を大きく苦しめた男にしては、あまりに呆気ない最期であった。


しかしながら自身の戦闘力も相当なもので、特に愛用の槍による白兵戦、短剣を仕込んだ両腕の手甲による格闘戦でデンジマンだけでなく、ヘドラー将軍までも圧倒している。

なお、槍は彼自身の身長に合わせた長さになっており、穂先が剣のような形状なので矛に近いとも言える。

また、自由に巨大化することもでき、電子満月斬りを真剣白刃取りで受け止めるなどの実力を見せ互角以上に渡り合っている(その際止めを刺さず、余裕綽々で引き上げた)。


次作『太陽戦隊サンバルカン』ではアマゾンキラーが登場した際のヘドリアン女王の会話で名前のみ登場。


デザイン段階で大前均が演ずる事が決定していたため、大前の肉体と体格を活かした露出の多い衣装となった。

本来は右肩を露出させて左側に鎧があるデザインだったが、大前が左利きであったため、左右逆に変更された。


バンリキモンス

声:飯塚昭三

バンリキ魔王の子分。強力な念力を操り、これまで無敵だったダイデンジンを電子頭脳が修理不能になるまでに追い込んだ。

しかし、唯一の弱点である尻尾をヘドリアン女王に知られた上、デンジ犬アイシーの犠牲で復活したダイデンジンに尻尾を破壊され、そのまま電子満月斬りの前に敗れ去った。



関連イラスト

ヘドリアン女王ハンバラー【ベーダー】ルパンカメラーしゃぼんらー地下のゲリラ『電子戦隊デンジマン』の怪人「デンワラー」タイヤジコラー宇宙的大魔術師ッ!左右非対称の妙!ケンダマラー


関連タグ

電子戦隊デンジマン スーパー戦隊シリーズ


秘密結社エゴスベーダー一族機械帝国ブラックマグマ

関連記事

親記事

ベーダー魔城 べーだーまじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52010

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました