ピクシブ百科事典

争いや対立を行う双方のいずれにも与しない中立的な(第三者的)勢力のこと。
双方に平等に戦いを仕掛けて三つ巴の争いにしたり、隙を突いて漁夫の利を得たりすることが多いが、介入して調停を行う事もあるにはある(完全に静観する場合は「傍観者」などと呼ばれ、基本的には「第三勢力」とは呼ばれない)。利害に応じて一方の陣営と一時的に手を組むこともある。

バトル漫画・アニメ・特撮では、味方(主人公サイド)と敵(主人公が倒すべき存在)との戦いが膠着した際に投入されることがよくある。中には、黒幕でもないのに敵陣営を大方排除してラスボスになってしまう者も(ドラゴンボール人造人間編のセルなど)。
また、敵や味方が内部分裂を起こして、どちらの陣営にも属さない勢力が生まれたときも「第三勢力」とみなされやすい(ダイの大冒険ハドラー親衛騎団など)。

なお第三勢力といっても完全に中立的(主人公/敵陣営いずれとも同じように敵対する)とは限らず、どちらかと言えば主人公寄り(主人公とは別の目的・行動原理で敵勢力打倒を企てる)、どちらかと言えば敵陣営寄り(主たる敵勢力とは別に主人公打倒を狙う、独自に悪事を働く)のものも少なくない。

第三勢力とみなされるためには、当然ながら相応に強くなければならない。両陣営それぞれと自ら対抗できるだけの戦力を持っていることが条件である。

それゆえ第三勢力が一方の陣営に与した場合、物語上のパワーバランスが決定的に崩れかねない。そういう場合は第三勢力キャラが少なくとも相対的に弱体化する(させられる)か、第三勢力が付かなかった側が大幅に強化されるといった展開になることが多い。また一方の陣営(多くは敵勢力側)が強大化しすぎて、もう一方の陣営と組まなければ対抗できなくなっているという状況のこともある。稀には第三勢力キャラがあまりにも強力なため、主たる敵組織ヒーローに手を貸してようやく滅ぼしたというケースもある。また組むのは一時的で所詮は同床異夢、すぐに離反するということも少なくない。

関連記事

親記事

中立 ちゅうりつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「第三勢力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57134

コメント