ピクシブ百科事典

ディメーン

でぃめーん

ディメーンとは、『スーパーペーパーマリオ』に登場するキャラクターである。「ザ・伯爵ズ」における幹部の1人。
目次[非表示]

ボンジュ~ル、概要だよ~☆

ノワール伯爵の部下で、通称「みわくの道化師 ディメーン」。その通称のように道化師のような容姿をしており、常に不敵な笑みを浮かべている。テーマ曲は通称と同じで、戦闘曲は「イッツァ ショータ~~イム!」である。
名前の由来は恐らく「次元」を意味する「ディメンション」。英語版での名称は「Dimentio(ディメンティオ)」。
様々な魔法を使える「魔法使い」であり、特に次元魔法や、分身を使った攻撃が得意とする。
フランス語交じりの他を惑わす掴み所のない言動が特徴。「んっふっふ」と笑いつつも、ペーパーマリオでは珍しい黒い発言が多い。
同作のキャラクターの中でも人気が高い。

また、他のキャラクターをニックネームで呼ぶのが特徴の1つである。勇者側であるマリオは「ヒゲヒケくん」か「ムッシュ ヒゲヒ~ゲ」、ピーチ姫は「マドモアゼル ピーチ」、クッパは「トゲトゲくん」か「ムッシュ トゲト~ゲ」、ルイージは「ルイルイくん」である。
ザ・伯爵ズはというと、ノワール伯爵は「伯爵さま」(素では「伯爵」)、ドドンタスは「ドドンタくん」、ミスターLは「エリリン」、マネーラとナスタシアは呼び捨てであった。
ただし、最終面において「マリオ」や「ルイージ」と呼び捨てにしていることから、ドドンタスとは違って、本名をちゃんと認識しているようだ。

1-4『いせきとカイブツ』で初登場。そのときに「あっさり目的を果たちゃったらつまらないだろう」と言ってズンババを狂わせた。ステージ3にてあらゆるステータスが256倍に跳ね上がるディメーン空間へとマリオたちを召喚して勝負を挑むが、同じ空間にいるために両者のステータスが256倍になっていたので、全く意味をなさなかったというドジを踏む。
(※ただし後述の理由により「演技だったのでは?」と考えているプレイヤーもいる。)

伯爵の部下であるが、さりげなくマリオ達を試すような行動や、冒険の手助けをしていたりと、行動に謎が多い。ドリンクバーの話によると、彼が一体何者で、どこから来たのか誰も知らないらしく、まさに謎の人物である。また、彼自ら伯爵に仲間にするよう持ちかけたらしい。伯爵は1度その申し出をはねのけたものの、「黒のヨゲン書」に彼らしき人物が書かれているのを発見し、結局は仲間にすることにしたようである。

実は真の黒幕ともいうべき存在であり、本作のラスボスでもある。伯爵やマリオ達を利用し、コントンのラブパワーを使って「新世界の王」になろうと目論んでいた。
目的のためになら非情な行為も厭わない腹黒冷酷な精神の持ち主。作中でピーチ姫を助けるなど援助行為をしていたが、それらはすべて彼の策略でありマリオ達勇者を利用していただけにすぎなかった。
勇者たちに伯爵を倒してもらい、その後コントンのラブパワーを奪うという算段。
ルイージミスターL」である事を知っていおり、ミスターLがマリオ一行との二度目の戦いで負けたときは彼をアンダーランドに送り飛ばし、暗黒城ではディメーンとルイージの一騎打ちが行われることになる。
最後には、コントンのラブパワーとその雛形となった「ミドリのオトコ」ことルイージと融合し、スーパーディメーンとなる。
その時の戦闘BGMである「サイコーのショー」は彼らしくエキセントリックさから人気が高い。

結局、彼の望む世界がどんなものか、彼の正体が一体何者だったのかは、最後まで明かされることはなかった。
ウラハザマタウンのドリンクバーのマスターによると彼の正体はかつて街の支配者だった大魔導師の事故で行方不明になったという息子という説が浮上しているが、彼の事なのかは不明で誰も彼の正体を知らないらしい。

台詞

「フフフ…キミはボクだけのものだ…ルイージ!」
「そうかい、そうかい…。時間のムダだったね。じゃあさっさと死んでくれるかい?」
「さあ…サイコーのショーの始まりだ!」
「じゃあ、そろそろ始めようか?ボクが全てを手に入れ…新世界の王になるための戦いを!」

さぁ、サイコーのイラストの紹介だ!

/びやあぁぁあん!\
ちびキャラ強化月間その3「ディメーン」


第一回テレフォンショッピング★



関連タグだよ、んっふっふ

スーパーペーパーマリオ ザ・伯爵ズ ルイージ
マルク ジョーカー(プリキュア)(※そっくりさん)

pixivに投稿された作品 pixivで「ディメーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1319004

コメント