ピクシブ百科事典

道化師

どうけし

滑稽な身振り手振りや芸当をして人を楽しませる者。
目次[非表示]

道化師とは

  1. 滑稽を演じる人。また、それを職業とする人。
  2. イタリア作曲家・ルッジェーロ・レオンカヴァッロによるオペラ。原題『I pagliacci』。


概要

日本では、歌舞伎で喜劇的な演技を受け持つ俳優を「道化方」と呼ぶ。

欧米における道化師は、奇抜派手衣装に、クラウンメイクと呼ばれる化粧をしているのが一般的である。
日本では、欧米の道化師をピエロ(pierrot)と呼ぶことが多いが、近年ではクラウン(Clown)という呼び方も浸透しつつある。

欧州の歴史上においては宮廷道化師(ジェスターもしくはフール)という権力者のお抱えの道化師の存在も確認されており、道化師に限り権力者に無礼な事や皮肉を言う事は許されていたという。ただし、ポーランドに存在した「スタンチク」という道化師はユニークなところと裏腹に政治批評家・思想家でもある優れた人物であったとされている。
また宮廷道化師はその芸を通して下々の世相風俗を権力者に解説する役割もあったらしい。

道化師喜劇のなかでやがてオーギュストという対になる道化師も登場し、クラウンは「人間の素晴らしさを謳う」善(白)の道化師、オーギュストが「人間の醜い現実を体現する」悪(黒)の道化師という、相反する一つの存在として描かれえるようになった。

なお、道化『師』は衣装やメイクも含め自発的にそれを務めるものを意味するが、単に道化と表記する場合は道化師のほかに

  • 物語上のコメディリリーフ、ズッコケ役
  • 的外れな努力を重ねたうえ報われることなく、目標や権益を他者に(結果として)奪われる立場や状況(かませ犬踏み台も参照)
  • 『おどける』という言葉に『お道化る』という字を当てることもある(厳密な漢字表記は『戯ける』で、これを語源として生まれたのが日本語における『道化』であるとする説が有力)
などの意味でも用いられる。

創作のモチーフとしての道化師

物語の中で、滑稽な言動をする登場人物(コミックリリーフ)を指して、「道化」または「道化師」と呼ぶことがある。(有名なキャラクターとしては、『水戸黄門』シリーズのうっかり八兵衛、『ドラゴンボール』のミスター・サタンなど)

中世芸術においては、死神を道化の姿で表現する手法が存在した。
近現代においても、本来は周囲を愉しませる存在である道化に対し恐怖心を抱く道化恐怖症(コルロフォビア)というものがある。
このような恐怖の対象としての道化師を殺人ピエロ(キラークラウン)と呼ぶことがある。
原因や性質に関しては専門家による考察が為されているので検索していただきたいが、実在の殺人鬼であるジョン・ゲイシーなどの事例もあり、2016年秋にはネット上で『凶器を持った道化師』の扮装で悪戯をする動画が流行し、世界各地で若者警察の世話になる事例が多発している。

その為、創作の世界では道化をモチーフにした悪役や怪物が多く、パワーを誇る純粋な強者よりも、陰謀特殊能力を駆使する難敵の印象が強い。
その殆どが陰湿または狂気的な人格の持ち主となっているが、バギーやイェーガーのように人間臭く中堅程度の力しか持ち合わせていない者も存在する。

道化師をモチーフにしたキャラクター

作品名五十音順。モンスターについては、色違い等の派生種を省略している。

『道化を連想させる仮面』のキャラクターや、一時的に道化の扮装をしたことがある者、そのような職に就いていても劇中で殆ど見せていない者などを含むかどうかには議論の余地がある。詳細は各当該記事にて。

固有キャラ


モンスター・役職等


文学・伝承


関連イラスト

傀儡の道化師マリセル
RED Foor
嘘と道化師
センシティブな作品


道化
にくむ道化師
誘う道化師
スウィートトゥース(再)


日本の創作や漫画ではファンタジックな姿をしたものが多いが、欧米などではダークなものやメタルな印象のものも少なくない。

関連タグ

職業
三枚目 愚者 / フール ジョーカー クラウン ピエロ ハーレクイン アルレッキーノ サーカス  喜劇 コメディ 

ハーリキンチェック … 道化師の衣装に使われる事が多いチェック柄。

外部リンク

関連記事

親記事

職業 しょくぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「道化師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1255901

コメント