ピクシブ百科事典

ジョン・ゲイシー

じょんげいしー

アメリカの重犯罪者、シリアルキラー(大量殺戮者)の代名詞的犯罪者。
目次[非表示]

概要

ジョン・ウェイン・ゲイシー(John Wayne Gacy)
1942年3月17日 - 1994年5月10日

 アメリカの重犯罪者、シリアルキラー(大量殺戮者)という観念を作るきっかけになった代名詞的存在。

 ポーランドからの移民の血を継ぐ一家に生まれる。心臓に疾患のある病弱な子供時代に、虐待気質のある厳格な父親に虐待・奴隷労働の責め苦を受けていた経緯から、非常に歪んだ権勢欲のある人間に育つ。
その後、職を転々をする日々を経て、商才を身に付け、建築業の会社を立ち上げ社長になるまでに上り詰める。自身の過去の経歴から恵まれない子供への慈善活動を熱心に行い、その功績により民主党へ入党して地元の名士となり、アメリカの国政・地域の政治家などの権力層などにも人脈を持ちアメリカ大統領の野心まで持つようになった。

 しかし、根本的に性格の破滅的歪みが改善されたわけではなく、とうとう父親の死や妻との離婚を経て、彼の欲望は殺人への衝動を抑えきれなくなった。彼の殺人的好奇心はすべて細マッチョ美少年美青年に向けられており、目をつけた青少年を会社のバイトという目的で面接を行いに来させたあと、隙をついて縛り上げて水攻めなどの拷問同然のレイプの果てに、細い首を縄で少しずつ締め上げて殺しまくった。そして殺した少年たち33名を自宅の庭や家の土台などに埋めるなど異常な行為を繰り返した。自身のホモセクシュアリティを隠すために殺害に及んだとされる。

 しかも凶行中であってもゲイシーは通常の生活を続け、獲物の物色も兼ねて、子供たちの慈善活動などをおこなった。この時の慈善活動において、ジョンはよくピエロ「道化師ポゴ」に扮して面白がらせていた。そのため、後に『殺人ピエロ:Killer Clown)』と称せられるようになった。

1978年、青少年連続行方不明事件の関係者として、警察による聞き込みを受けていた過程で、部屋に漂う鼻につくほどの酷い臭いを不審に思った警官によって、失踪した青少年の持ち物とされるアクセサリーや身分証明書などが家の一角から発見されたことで、今度は事件の重要参考人として取り調べを受け、犯行を自白、逮捕された。家宅捜索に入った家では、遺体の腐敗が進んでいたことから異臭が凄まじく、検察は証拠物件を集める目的で家の土台ごと持って行ったため、多量の有毒ガスや有害な細菌が検出されるなど、文字通りの地獄絵図となった。

 ジョンは逮捕された後も、なんと自分自身が弁護士となり、冤罪を主張して再審請求を求めて裁判を嫌というほど延長させたり、刑務所の中で一緒の哲学者や芸術家のように振る舞ったり(TVのインタビューなどにも進んで出ていたという)するなど、自身の犯した罪については微塵も思いをはせることはなく、それどころか『どれほど少年の殺害が面白いか』という自説を雄弁に垂れまくっていた(当然世論はそれに容赦することはなく、彼の死刑執行を求める声が殆どであったが)。そうした異常な胆力を持つ犯罪者だったため、精神学者や各分野の研究者の興味を惹き、様々な論文が書かれた。

 ところが、一人の少年との出会いが彼の運命を決定づけた。その少年ジェイソン・モスは、成績優秀だった一方で、予てより凶悪犯罪を犯した罪人の心理・精神鑑定に強い関心を抱いており、またFBIの精神鑑定士を夢見ていたことから、当時世間を騒がせた数々の凶悪犯(実際にジェイソンが送っていたのは、チャールズ・マンソンジェフリー・ダーマーなど、いずれも悪名高い者ばかりであった)と文通するという趣味を持っていた。その過程で、ジョンのことを知ったジェイソンは、ジョンとの文通を夢見て、早速手紙を送る。その後、紆余曲折を経て、二人は互いに手紙を送り、電話で話をするほどの仲に発展していったが、実はジョンからの手紙にあった内容はいずれも、手紙をよこしてきた人間が自分が殺すにふさわしいかどうかを試す手段であった。勿論、ジェイソンはそのことに気付くはずもなく、まるで自分が殺人鬼を操っているかのような心地に酔いしれていた。しかし、事実は全くその逆であった。飽くまでジョンにとっては、ジェイソンは新たな犠牲者にふさわしいカモに過ぎなかったのである。
 ジョンは、言葉巧みにジェイソンを自らが収監されている刑務所へ呼び出し、更には、模範囚だった自分の評判に付け込み、仕切り板も看守もなしに二人きりで対面するという、本来であれば刑務所内でのルールに反している方式での面会を取り付けさせた(その後、看守がジョンより密かに賄賂を受け取っていたことが発覚している)。そして監視人がいなくなったところで、ジョンはジェイソンを防犯カメラの映らない空間に誘い込み、凌辱しようとしたが、偶然通りかかった看守に間一髪で取り押さえられ、事件は未遂に終わった。
それまでのジョンは「自分は多重人格である」と主張したり、冤罪を訴えてはのらりくらりと刑罰を引き延ばしていたが、この一件によって殺意や責任能力が認められる決定打になり、これまでの再審請求も全て取り消された。

 1994年、ジョンの毒殺刑(死刑)が遂に執行された。通常ならば5分ですむ処置が、何らかの手違いで30分以上かかったため、ジョンは壮絶に苦しみながら死んでいった。享年52歳。
しかし最後まで冤罪を主張し続け、死に際まで自分の犯した罪を認めることはしなかったという。

 これらの常軌を逸した猟奇的犯行、あまりにも存在・性格が絵に書いたような悪魔的犯罪者だったので、映画や小説やキャラクターなどのモデルになった。

余談

  • 上記の出来事が人生最大の黒歴史となったジェイソンは、事件後は囚人との文通を一切やめた上に、FBIに入って犯罪心理学者になる夢をも捨て去り、大学を優秀な成績で卒業した後弁護士になった。1999年にジョンに襲われた出来事についての回想録『「連続殺人犯」の心理分析』を出版したが、その出来事によるトラウマに苛まされ続け、とうとう31歳の時に拳銃自殺を遂げてしまった。
  • 執行直前までは先述にもあるように、独房で絵を描くことを趣味としており、手紙を送った者に気に入った人物があれば、自作の絵を送付することがあったという。現在、彼が描いた絵画は物好きによって高い値段で取引されており、あのジョニー・デップも彼が生前に描いた絵を高値で買い取っている。


関連タグ

ペニーワイズ(ジョンをモチーフとする架空の殺人ピエロ)
ピエロ 殺人鬼 死刑囚
テッド・バンディ ヘンリー・リー・ルーカス

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョン・ゲイシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20893

コメント