ピクシブ百科事典

ジェフリー・ダーマー

じぇふりーだーまー

アメリカ合衆国の連続殺人犯。ミルウォーキーの食人鬼との異名を取る。
目次[非表示]

※閲覧注意(一部ショッキングな表現が含まれています。耐性の無い方は閲覧を控えてください)












概要

本名ジェフリー・ライオネル・ダーマー(1960年5月21日-1994年11月28日)
実在したアメリカの連続殺人鬼であり、食人鬼である。
1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体の解体、人肉食(カニバリズム)を行った。
世界でも類を見ない凶悪殺人犯である。

一般的にシリアルキラーの代名詞といえばエド・ゲインなどが有名だが、犯行内容、殺害した人数で言えばダーマーの方が圧倒的に多く、遥かに異常である。

以下にその概要を記す。

人物

幼少期と家庭環境

1960年5月21日、ミルウォーキーに生まれる。
キャリアはあるが家庭を顧みない父と、薬物中毒で精神が不安定な母親の間に生を授かる。
彼が幼少の頃から両親の夫婦仲は悪く、家庭では罵り合いや暴力行為も珍しくなかったという。

家庭での居場所を見いだせなかったダーマーは、いつも一人でいることが多かった。
特に、ほとんど笑顔を見せることがなく、基本的に笑わない子供だったといわれている。

小学校に上がっても、いつも一人でいることが多く、その頃に熱中していたのが小動物などの死体集めであった。
父からもらった科学薬品セットを使い、死んだ小動物の遺体に薬品をかけ、肉を溶かして骨を取り出すのが楽しかったという。ほかにも、生首を木の棒に突き刺したモニュメントを制作するなど、この頃から、その異常性が現れ始めていた。

彼が18歳のとき、両親が離婚する。
父は行方をくらまし、母は弟を連れて出ていってしまったが、18歳のジェフリーは一人前の大人とみなされていたため、両親は彼の面倒を見ようとはしなかった。
彼は齢18にして、天涯孤独の身となったのである。

自身の性癖と初めての犯行

18になった頃、彼は自分がゲイであることに気付き始めた。

1978年6月半ば頃、高校を卒業してブラブラしていたダーマーは、町外れでスティーヴン・ヒックスというヒッチハイカーと出会った。
一目惚れした彼は、酒とマリファナを餌に自宅へ誘った。両親は別居中で、自宅には彼一人しかいない。やがてスティーヴンがそろそろ帰ると云い出した。帰したくなかったダーマーは、手元にあったダンベルで彼を殴って気絶させ、首を絞めて殺害。


(※以下特に閲覧注意)



その後死体と性行為を行った。そしてナイフで腹部を切り裂くと、鮮血をすくって体に浴びた。その内臓を床に広げて血だらけにし、その上を転がって遊んだ。その後死体を床下へ運び込み、バラバラに解体した。しばらくは手元においていたが、腐敗しだしたため、首以外の部分はゴミ袋に詰めて近くの森に埋めた。

これが第一の被害者だった。
犯行後、彼は罪悪感からアルコールに依存するようになり、父の勧めで大学に進学したものの、ほとんど真面目には通わず、暇さえあれば自宅で酒ばかり飲む日々を送っていた。やがて大学からも退学勧告が届き、結局大学を辞めざるを得なくなった。
その後、陸軍に入隊し、勤務態度も真面目だったが、再びアルコール依存に陥り除隊。
つまらないいざこざで警察の世話になることも多かったが、家族を安心させるためにチョコレート会社に再就職した。
この頃から地元のゲイバーに通い詰めるようになる。同時に、被害者の数も増えていくのである。

第二・第三の殺人

1987年9月15日、ゲイバーで知り合った24歳の白人青年をホテルに連れ込み殺害した。しかし、この時の犯行は彼自身、非常に記憶が曖昧で(酒を飲んでいたためと言われている)、死体の処理を手際良くこなしていたため、結局この件では立件されなかった。

1988年1月16日、ネイティブアメリカンの血を引く青年を祖母の家に連れ込み、殺害。
死体を解体し、酸で肉を溶かした。このとき、彼は睡眠薬で眠らせてから絞殺している。
これ以降、彼は飲み物に忍ばせた睡眠薬で相手を眠らせてから殺害するという殺害方法を確立させている。
その後もヒスパニック系、黒人の青年などを同じ手法で殺害し、死体を解体している。
この頃からダーマーは、死体の一部を切り取って、手元に保存するようになった。
また、この間にラオス人少年に同じ犯行を行おうとしたが逃げられ、一度逮捕されているが、あくまでも性的暴行の罪で捕まったに過ぎず、殺人に関してはバレていない。
この件で、ダーマーに1年間の刑務所外労働と5年間の保護観察処分が言い渡された。この寛大な判決により、ダーマーは日中は勤務先で働き、夜や週末は刑務所で過ごすことになった。


ジェフリー・ダーマーの神殿

1990年3月、ダーマーは仮釈放となり、新たに北25番街924号にあるアパートに居を構える。
オックスフォード・アパートメント213号室、後に、ジェフリー・ダーマーの神殿と呼ばれるこの部屋で、ダーマーは非常に凄惨な犯行の数々を犯すのである。

新居に移って間もない5月、ダーマーは犯行を再開する。
最初の標的はイスラム風のゲイの青年で、いつも通りの手口で殺害したあとに死体を解体。
その後も時期を開けて、殺人行為を繰り返した。
ある日、ミルウォーキーの本屋の前で出会ったダンサーの黒人青年を自宅に招き入れたダーマーは彼を殺害し、その肉を食べている。彼の犯行内容にカニバリズムが追加されたのである。

その後も、黒人男性やアジア人の少年を標的に同じような犯行を繰り返し、犠牲者の数をどんどん増やしていった。

1991年7月15日、ダーマーは6年間勤務したアンブロシア・チョコレート社を解雇された。理由は頻繁な欠勤と遅刻、それにともなう勤務成績の急激な悪化だった。また、家賃の滞納が続いたため、7月いっぱいで部屋の立ち退きを迫られていた。
このころになると、もはや普通の人としての仮面をかぶり続けることすら不可能になりつつあった。
犯行も終盤を迎えると、かなり行き当たりばったりに犠牲者を手にかけるようになり、ただでさえ手狭な部屋はこれまで手にかけてきた犠牲者のバラバラ死体であふれかえり、異臭はもはやアパート全体を覆いつくすほどだったという。
そしてこの頃になると、すでに犠牲者の数は17人に達していた。


事件の発覚と死体の部屋

1991年7月22日午後11時30分2人の巡査がパトカーで巡回していると、左手首から手錠をぶら下げた黒人の青年が金切り声を上げて飛び出して来た。
男は、近所のアパートに住む頭のおかしい白人の男に殺されかけたと訴え、ふたりは半信半疑ながら、男の案内でそのアパート──オックスフォード・アパートメントへ向かった。問題の男の住む213号室のベルを鳴らすと、ブロンドのハンサムな白人青年が顔を出した。男は礼儀正しく警官に応対したが、背後から強烈な悪臭が漂いだし、さらによく見るとアルコール依存症特有の症状が出ていた。男はジェフリー・ダーマーと名乗り、失業したばかりで酒を飲んだくれていたことや、悪ふざけで手錠をかけたことを申し訳なさそうに話した。

巡査が手錠の鍵を出すように云うと、ダーマーは隣の寝室に取りに行った。
「あいつ、ナイフを持っていますよ」
手錠をされた男が小声で云った。
「待て。戻って来い」
巡査の1人がダーマーを制して、自らが寝室に取りに行った。
酷い臭いだった。よくこんなところに住んでられるな。呆れつつも、鍵を探して引き出しの中を覗くと、トンデモないものが彼の眼に飛び込んで来た。それはバラバラ死体のポラロイド写真だった。
「なんだこりゃ!」
その声を聞くや、ダーマーは逃げ出そうとした。
「おい、そいつを逃がすな!」
ダーマーはその場で床にうつぶせにされ、後ろ手に手錠をかけられた。
やがて騒ぎを聞きつけたやじ馬が集まって来た。巡査たちには臭いの原因が判り始めていた。恐る恐る冷蔵庫を開けると、やじ馬の一人が叫んだ。
「なんてこった! 人の頭が入ってやがる!」
その瞬間、ダーマーは叫び声を上げた。この世のものとは思えない、獣のような声で叫び続けた。
巡査の一人がダーマーの前科照会をおこなったところ、1989年に少年に対する性的暴行のかどで有罪判決を受け、5年間の保護観察下に置かれていたことが判明した。

ただち応援が駆け付け、この世のものとは思えないほど異常な光景が明るみとなった。

部屋の中を捜索すると、冷蔵庫から肉片や内臓などを入れたビニール袋、切断された複数の頭部が発見された。
その後の家宅捜索で、容量260リットルのポリ容器からは酸で溶解された3人分の胴体をはじめ、着色された頭蓋骨が複数、キッチンの鍋からは切断された手が数本と男性器が1本発見された。
床には引きはがされた皮膚や切断した指などが無造作に捨てられていた。
また、被害者のものと見られる運転免許証や社会保障カードなどの身分証明書のほか、死体の解体に使われたチェーンソーや解剖器具などが押収された。

検死官が最終的にまとめた報告書によれば、発見された人体は全部で11人分だった。
また、捜索にあたった刑事たちの何人かは黄色い防護服に身を包み、防毒マスクをつけたまま捜索と証拠物件の押収に当たった。
凄惨さを極めた部屋の家宅捜索では、数々の犯行現場に立ち会った刑事の中にすら気分を悪くする者がいたり、中でも人肉がぎっしり詰まった冷蔵庫が運び出されたときはあまりの悪臭に周囲の野次馬が後ずさりし、嘔吐するほどだったという。

恐ろしいことに、冷蔵庫の中には人肉の他に食料らしいものがまるでなかった。このことはダーマーが被害者を食べて暮らしていたことを示唆していた。


裁判と結末

その後裁判が開かれ、ダーマーが犯行内容をほぼ全面的に認めたため、裁判の焦点は彼が精神異常か否かに当てられた。(もし異常と判断されれば無罪が成立し、彼は精神病院に収監されることになる)
しかし判決は有罪となり、彼は最高刑の終身刑を言い渡された。(ダーマー自身は死刑を望んでいたが、州の法律で死刑制度は廃止されていた)

1994年11月28日、ウィスコンシン州ポーテージにあるコロンビア連邦刑務所のシャワールームで、黒人収容者クリストファー・J・スカーヴァーに撲殺された。
ダーマー、スカーヴァーともう1人の囚人でシャワールームを清掃する職務に従事していたとき、スカーヴァーはトレーニングルームより持ち出したベンチプレスの鉄棒で2人を殴打した。
まもなくスカーヴァーは看守に逮捕され、ただちにダーマーは救急車で病院へ搬送されたが、搬送中に死亡が確認された。
スカーヴァーは、自分は「神の息子」で、「父」から2人を殺すよう命令され、信用できる相手とできない相手とを教えてくれたと供述しているが、スカーヴァーもまた有罪となった。

事件後、犯行のあったアパートは解体され、現在は更地となっているという。

ダーマーの父ライオネルは仕事を辞め、本の出版などでお金を貯め、被害者遺族に賠償をしているという。
ジェフリーが殺される前に出版された父ライオネルによる手記は、以下の言葉で結ばれている。

「父親であるということは永遠に大きな謎であり、私のもうひとりの息子がいつの日か父親になるかもしれないことを考えると、彼には次のようにしか言えないし、これから父親になろうとしている人たちにも次のように言うしかない。『気をつけて、しっかり頑張ってほしい』と」


外部リンク

ウィキペディア 殺人博物館

関連タグ

シリアルキラー カニバリズム 殺人 犯罪

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェフリー・ダーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26355

コメント