ピクシブ百科事典

エド・ゲイン

えどげいん

アメリカに実在した、「シリアルキラー」の代名詞的存在とされる連続殺人犯。
目次[非表示]

概要

1906年8月27日にアメリカ合衆国で誕生。

幼児期にうけた母親による過度に禁欲的で歪んだ性教育により、両親と兄を亡くして以降、カニバリズム解剖に執着。墓を荒らし死体を解剖していた。
そしてその人間の死体を部品として使い、様々な物を作成していたことでよく知られる。

雑貨店経営者の女性を殺した事がきっかけでそれらの倒錯的な物品の数々が発見される事となり、その異常な犯行内容から、現在では大量連続殺人鬼の代名詞として知られている。
だが、実際に彼が殺害した人数は2人だけであり、シリアルキラー(大量殺人犯)と呼ぶほどの人数ではない。
彼の異常性は、人間の死体を食べる、皮を剥いで被る、墓場で踊るといった死者の尊厳を冒涜するような行動にある。

裁判の結果、慢性的な精神異常(性的サイコパス)として無罪になったものの、1984年7月26日に亡くなるまで病院に収容された。

創作への影響

あまりに猟奇的なその犯行から、後の映画作品などのモチーフに使われることも多く、彼の起こした事件自体も何度か映画化されている。
彼をモチーフとした架空のキャラクターとしては、映画「悪魔のいけにえ」に登場する、殺した相手の皮で作られたマスクを被っている殺人鬼レザーフェイスなどが有名(※)。

日本では、死体で作った人形を操る『るろうに剣心』の外印などが有名。また、「ゴールデンカムイ」に登場する剥製職人江渡貝弥作は、母親の歪んだ教育を受けた過去や、墓から掘り出した死体を装飾品に加工するといった趣味嗜好など、細部に至るまでのキャラクター造形全体がエド・ゲインに影響を受けている。
また、『魔術士オーフェン無謀編』にもオーフェンが作成した鉄球を発射する武器「エドゲイン君」に名前が借用されている。

(※)監督のトビー・フーパー自身は俗説であると否定しているが、一方で子供の頃に聞かされた「死体でランプシェードを作った男」の話が印象に残っているとも発言しているため、意図せずとも少なからず影響を受けていたものと思われる。

関連タグ

カニバリズム 解剖 殺人鬼

レザーフェイス レクター博士

関連記事

親記事

シリアルキラー しりあるきらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エド・ゲイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25883

コメント