2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アメリカテキサス州の片田舎を舞台に、若者たちが異常な殺人一家の餌食となる姿を描いたホラー映画の古典的作品であり、
後の映画界(ホラー映画だけでは無く)に多大な影響を与えた傑作。

映画史上、最も怖い作品の一つ。

もともとは低予算映画だったが、公開されるや否や多くのフォロワーを産み、その映像描写の芸術性の高さから、マスターフィルムがニューヨーク近代美術館に永久保存されている。

なお、”殺人”を扱った”史実(記録映画等)以外の作品”で保存されているのは、
ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』と本作のみである。

細かい心理描写や人物の生い立ち、複雑なストーリー構成と言った要素は一切無く、視覚からの情報と作品全体に漂う異様な雰囲気

(例えるのならば”ドキュメンタリー”を観せられている様な感覚)

が、観る者に強烈な印象を与える作品である。
音楽も少なく、カーラジオから流れる音源がそのままBGMとして使われていたりする場面もある。
だがその全体的な静けさが、かえってこの作品の、独特な雰囲気を醸し出すことに一役買っている。
また、スプラッター映画、との間違った見識が見られるが

スプラッター映画では、決して無い。

流血描写は殆ど無く、演出、カメラワークの巧みさで観る者を圧倒する。

濡れ場やお色気シーンは皆無にもかかわらず、
あまりのおぞましさに上映禁止の州が出るほど当時としては大問題となった。

記録映画のようなざらついた映像は意図したものではなく、予算が足りない故、
16ミリフィルムで撮った物を劇場用のサイズにブローアップした為である。
劇中のカット割り・アングルなどの完成度が異様に高く、特に

エンディングの映像の美しさは必見である。

監督トビー・フーパーはテキサスタワー・ライフル射殺魔事件の事件現場に居合わせ、その惨劇を目の当たりしたことから、この映画の着想を得たと言われている。また、実在した殺人鬼エド・ゲインの事件をモデルにしたとも言われているが、監督自身はこの件に関しては記憶が曖昧だと言う。

本作の殺人鬼レザーフェイスはその強烈な個性から、本作を象徴するキャラクターとして知られている。

シリーズ

タイトル公開監督
1悪魔のいけにえ1974年トビー・フーパー
2悪魔のいけにえ21986年トビー・フーパー
3悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲1990年ジェフ・バー
4悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス1995年キム・ヘンケル
5テキサス・チェーンソー2003年マーカス・ニスペル
6テキサス・チェーンソー ビギニング2006年ジョナサン・リーベスマン
7飛びだす悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲2013年ジョン・ラッセンホップ
8レザーフェイス 悪魔のいけにえ2017年ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
9悪魔のいけにえ レザーフェイス・リターンズ2022年デヴィッド・ブルー・ガルシア


このうち3、4作目はそれぞれ家族構成が変更、ストーリーの繋がりも薄い外伝的な作品となっており、5作目、6作目はリメイクとその前日談、7、8作目は1作目以外の出来事をリセットしたリブートとなっている。

備考

本作の原題は『The Texas Chain Saw Massacre』であり、直訳すると『テキサス電動のこぎり大虐殺』となる。

関連タグ

映画 ホラー ホラー映画 恐怖 狂気 殺人鬼 生け贄
レザーフェイス テキサス・チェーンソー
サリー・ハーデスティ ヴァンティア・“ストレッチ”・ブロック ヘザー・ミラー
テックス・ソーヤー 少女(悪魔のいけにえ)

バイオハザード7……本作をリスペクトしているとされるシーンが数多く登場する。
DeadByDaylight……レザーフェイスがキラーとしてゲスト出演している。
CoD:MW……ハロウィンにて本作とコラボし、レザーフェイスのスキンとチェーンソーを意識した武器設計図が登場した。

関連記事

親記事

トビー・フーパー とびーふーぱー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 534701

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました