ピクシブ百科事典

レザーフェイス

れざーふぇいす

ホラー映画『悪魔のいけにえ』シリーズ、およびそのリメイク作品『テキサスチェーンソー』に登場する殺人鬼。
目次[非表示]

概要

ホラー映画悪魔のいけにえ』、またはリメイク作品『テキサス・チェーンソー』に登場する殺人鬼である。主にチェーンソーによる殺人を行う。
モデルは殺人鬼のエド・ゲインとされているが監督はこれを否定しており、むしろ「悪魔のいけにえ」という作品自体は「テキサスタワー乱射事件」の被害に遭った事と話している。

13日の金曜日』シリーズの殺人鬼、「ジェイソン・ボーヒーズ」がよくチェーンソーを使用していると思われがちだが、ジェイソン自身はチェーンソーを使ったことは一度もない。チェーンソーを使用しているのはレザーフェイスの方であり、知名度の高いジェイソンとイメージが混同してしまった可能性がある。

『悪魔のいけにえ』でのレザーフェイス

本名はババ・ソーヤー。テキサスの田舎に住んでいる3人兄弟の末っ子(第1作)
家族構成は長男のドレイトン・次男のヒッチハイカー・137歳の祖父(屠殺の名人でもあった)・ミイラ化となった祖母のみ(第二作からは登場しなかった)

テキサスに訪れた若者たちをチェーンソーで殺し、一家の食料とする食人鬼である。
先天性の皮膚病の為、人の顔の皮を剥いで作った仮面をいつもかぶっている。
女装が趣味で化粧をしたりドレスを着用することがあり、人間と動物の骨を集め、家具やオブジェを作ったりする。
外見は巨体だがその外見に関わらず足が速い
家の一部を破損した原因で長男からお叱りを受ける。家族に従順するなど人間味があるキャラクター。一方で、父親に内緒で夜道で殺人に興じていたりする。
怪物になることが多い他のホラー映画の殺人鬼と異なり、れっきとした人間として描かれており、屈強な肉体を持ち合わせているものの、発達障害があり、精神年齢は8歳児程度でチェーンソーやナイフで体の一部を破損されたこともある。


2作目ではヒロインであるストレッチに一目惚れして恋におちる。彼女を家族に隠して殺さずにいたりと人間臭い面も描写された。

3作目からは家族構成が変わり新たに父、母、妹、既婚者の兄2人が加わる
ある時、訪れた旅行者にヘッドフォンをつけたり、怒りの表情を現すなど人間らしさが出ている。

1作目のパラレル続編である【レザーフェイス一家の逆襲】では本名が“ジェド・ソーヤー”に変更されている他、家族や家庭事情などの設定も前作とは異なっている。更に本作の主人公であるヘザーは冒頭で自警団に虐殺されたソーヤー一家の血縁者であり、レザーフェイスの従姉妹である。

1作目の前日譚にあたる【レザーフェイス -悪魔のいけにえ】ではレザーフェイスの少年時代が描かれているが、従来と違って初登場時は奇形ではなくむしろ普通の少年であり、レザーフェイスへと変貌していく経緯も異なる等、実質的にパラレルワールドである。

なお、アメリカコミック【LeatherFace VS Jason】ではジェイソンとの死闘を繰り広げたが、自身と似た境遇を持つ彼に対して、ある種のシンパシーを抱いていたとも取れる描写がなされていた。
対戦格闘ゲーム『モータルコンバット』でもDLCとして参戦、チェーンソーを用いたスタイリッシュな戦闘を行う。ただの人間のハズなのに超人化け物が入り乱れるモーコン世界で多くの人をいけにえにした。
対戦ホラーゲーム『Dead by Daylight』のDLCで追加キラーとして参戦(公式トレーラー)。詳しくは「THECANNIBAL」にて。

2013年版『テキサス・チェーンソー』でのレザーフェイス

レザーフェイス


本名はトーマス・ブラウン・ヒューイット。家族からはトミーと呼ばれている。
こちらもテキサスに住んでおり、自らを含めて7人家族の長男である。
家族構成は叔父、祖父、母(養母)二人の姉、弟。
悪魔のいけにえと同じようにチェーンソーを使って若者を殺す。こちらも足が速い。

ヒューイット家の子供の殆どは養子なので母であるルダ・メイとは血が繋がっていない。
続編である【ビギニング】では彼の過去が明らかになる。

1939年8月にテキサスの精肉工場でスローン(彼の実母である)が子供を生んだ直後に息を引き取り、実の父親にその奇形を気味悪がられ工場の包装紙で包み込みゴミ箱に捨てられた。
ゴミ箱を漁っていたルダ・メイがそこから赤子を拾い、トーマスと名付けた。

(※なお、日本と英語のWikipediaで書かれているトーマスの過去が違うので注意して欲しい)

日本のWikipediaのトーマスの過去

6歳の時に自傷性の変性顔面異常症と診断されて、それが理由で学校で虐めを受ける
反動によって動物を切り刻むなど異常性を持つようになり、【縄張り意識】を持つようになる
9歳の時に不登校になり、自らが生まれた生肉工場で働くが主任が本当の父と分からず主任から罵られる。30歳の時に工場が閉鎖されると同時に逆上した彼は主任をハンマーで殺す。

英語のWikipediaのトーマスの過去

12歳の時に自傷性の変性顔面異常症と診断されて、先天的な皮膚病で鼻が無くなりそれに因る虐めを受ける。
15歳の時に4人の子供達からマスクと弁当を取られてしまい、クラスメイトから笑われてマスクをゴミ箱に捨てられ同時に激怒する。
17歳の時に不登校になり、精肉場に就く。主任が彼の本当の父親であるが分からず虐めを受ける(主に罵られる)
工場閉鎖の時に友人から自分の出生と真実を聞いて激怒して主任を殺した。

この過去から彼は顔に対するコンプレックスを強く抱いてしまった。そして若者を殺し更には皮膚を剥いで自分の顔を覆う物として必要不可欠とするようになったのだった。

関連タグ

ホラー映画 食人 チェーンソー
悪魔のいけにえ テキサス・チェーンソー

pixivに投稿された作品 pixivで「レザーフェイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607257

コメント