ピクシブ百科事典

アーマック

あーまっく

対戦格闘ゲーム『Mortal Kombat』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

死亡した戦士達の魂の集合体である赤い忍者。
沢山の魂の集合体故か一人称は「We(我々)」。
強力な超能力を駆使し、自在に空中浮遊したり、相手を空中へ持ち上げたりする。

登場作品

アルティメットモータルコンバット3

本作より初登場。(ただし下記する事情あり)
シャオ・カーン側の戦士として、地球側の闘士たちに牙を剥く。

モータルコンバットディセプション

シャオ・カーンによる魂の呪縛から解放され、地球側の戦士となった。
ケンシに助けられた恩として、超能力の極意を授けている。

モータルコンバットショウリンモンク

隠しキャラとして登場。
特定の場所に行くと戦うことができる。

モータルコンバットアルマゲドン

地球側の闘士として最終戦争の大乱闘に参加。
クァン・チーに倒されトドメを刺されようとするケンシを助け、師弟の絆を見せた……と思ったら変身していたシャン・ツンだった。
エンディングではブレイズの力によって分裂、意識を共有した群衆と化す。

モータルコンバット9

歴史が遡ったことによりまたシャオ・カーンの手先に。
その上ケンシとの師弟関係どころか改心の経緯も無かったことにされてしまった。 そんな……

モータルコンバットX

顔を覆う包帯が少なくなり、どこか干からびておりシワの多い素顔が晒され始める。
忍者らしさはほぼ無くなっており、どっちかと言えば怪しい宗教団体の教徒に見える。
自身のエンディングではシャン・ツンから魂を大量に奪われてしまう描写がある。

モータルコンバット11

プレイアブルキャラから外されており、そればかりかkryptにおいてThe pitエリアに入るや否や眼前で謎の転落死亡事故を遂げる。
対戦相手に落とされでもしたのだろうか?

また、一部の技がDLC専用キャラ『シャン・ツン』に吸収されており、使用時に一瞬だけアーマックに変身する。

FATALITY

  • 相手を超能力で何度も叩きつけ、粉々に砕く。(UMK3)
  • 相手の頭をアッパーカットでかち上げ、文字通り吹っ飛ばす。 ジョニー・ケイジのパクリとか言うな。(UMK3)
  • 相手を超能力で持ち上げたあと、地面に思いっきり叩きつけて粉々に砕く。UMK3の頃と比べると当時の技術の進歩により痛々しく仕上がっている。(MKD)
  • 相手を超能力で持ち上げたあと、上半身と下半身を引きちぎる。(MKD)
  • 超能力で相手を持ち上げ四肢を引きちぎったあと、頭から地面に思いっきり叩きつける。(MK9)
  • 超能力で相手の身体を縮小させ、慌てふためく相手を思いっきり踏みつぶす。ちなみにクレイトスにやると闘争心そのままに啖呵を切ってくるが、やはり踏み潰される。(MK9)
  • 超能力で相手を持ち上げたあと、1~2度捻ってから口から胃や腸を吐き出させる。 エグい。(MKX)
  • 超能力で相手の首をちぎり飛ばし、首の断面にねじ込んだ後、腹から発射させる。(MKX)


誕生秘話

MK1においてレプタイルが表示される際、ソニア・ブレイドの2Pカラーが読み込まれ、赤く表示されるバグが発生。
プログラマーであるエド・ブーン氏がバグである事を認めず、「あれは隠しキャラクター、アーマックだ」と開き直り、その結果誕生したのが彼である。
もし、エド・ブーン氏がバグである事を認めていたら、アーマック誕生はなく、シリーズの主要キャラクターが一人減っていた事だろう。
そう考えるとエド・ブーン氏の開き直りは、ある意味英断であったとも言える。

因みに実写時代のシリーズは緑が赤く表示されるバグに縁があるのか、ジョニー・ケイジのダッシュキックの際に入る緑色の残像やナイトウルフの斧アッパーの際に入る緑色の光もそれぞれ赤く表示されるバグがあった。

関連タグ

モータルコンバット 忍者 超能力 バグ

関連記事

親記事

モータルコンバット もーたるこんばっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アーマック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9663

コメント