ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

英語表記は "Kitana"。


外界の皇帝;シャオ・カーンの側近暗殺者で、シャオ・カーンとその妻であるシンデルの娘。周囲からはそのように扱われ、実際彼女自身もそう考えていたが、本当の正体はシャオ・カーンの侵攻で滅亡した国家;エデニアの姫君。最初のうちは外界の戦士として地球界の戦士達を相手に立ち回るが、エデニア国家君主であり、実父;ジェロッド(Jerrod)を殺害の上、母を寝取ったのがシャオ・カーンであることが判明すると、事実上継父であるシャオ・カーンに反旗を翻し、地球界側につくようになる。


しかしながら、生まれてまもなくエデニアが亡国と化したと同時に母がシャオ・カーンに寝取られた為、彼女自身のアイデンティティは外界人であり、11のタワーEDでは、クロニカの砂時計の力でエデニアの復活を成し遂げたが、エデニアの言語はおろか文化にも馴染めず、「The truth was hard. Through Edenian by blood. I am not an Edenian. I’m an Outworlder. (馴染むのにはあまりにも難しいものだった。私は結局、私はエデニア人でありながらエデニア人ではない。外界の人間なのだ)と皮肉のこもった心情を吐露していた。


実質的なヒロインであり、主人公であるリュウ・カンとは恋仲同士である。

特に近年ではその関係が顕著になっており、MKXストーリーモードのポストクレジットで冥界の支配者となったリュウ・カンの伴侶になったり、MK11ではライデンと融合し神に覚醒したリュウ・カンに永遠を生きるパートナーとして選んだ上、ライデンが彼女の復活させることに賛同している。

他にもMK11ではシャオ・カーンによって下半身不随にされたコータルから、「外界を一つにまとめ上げる事ができる指導者は貴女を除いてあり得ない」と皇位を譲られ、以後キタナ・カーンとなった。


彼女とバラカ達タラカタンのDNAを組み合わせたクローン;ミレーナがいる。


MK11で復活したフレンドシップでは仲睦まじく抱き合う様子も。……そこは親友のジェイドじゃないかな……


1995年1997年実写映画ではタリサ・ソト(Talisa Soto)がキタナを演じている。


2021年の映画では本人は登場しないものの、主人公らの修行場であるライデン寺院に彼女の鉄扇が飾られている。


戦闘スタイル編集

切れ味の鋭い一対の鉄扇を用いた格闘術を主軸に、風を操る魔法を織り交ぜて戦う。

操作感に癖が少なく、距離を選ばない為、初心者にも優しいキャラである。


主なFATALITY編集

基本的にキスをする事によって相手は死ぬ

  • 風船のように膨らみ爆発四散。(MKII、MKG、MKDA、MKDC)
  • 身体が縦に伸び続けて爆発四散。(MK3)
  • 普通に爆発四散。(MKSM、MK11 BRUTALITY)
  • 身体が溶ける。(MK1)

その他

  • 鉄扇で斬首。(MKII、MKG、MKSM、MKX)

関連タグ編集

モータルコンバット 鉄扇 風属性

kitana

関連記事

親記事

モータルコンバットの登場人物一覧 もーたるこんばっとのきゃらまとめきじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1190262

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました