ピクシブ百科事典

サブゼロ

さぶぜろ

サブゼロとは格闘ゲーム『モータルコンバット』に登場する人物の一人。
目次[非表示]

概要

格闘ゲーム『モータルコンバット』の登場人物。
サブゼロ(絶対零度)という名の通り氷を操る忍者で、中国の忍者組織『燐塊(Lin Kuei)』に所属している。
ちなみに“絶対零度”というのは日本で発売されたスーパーファミコン版の説明書での表現であり、サブゼロ(Sub Zero)とは実際には“氷点下”を意味する単語である。(転じて「"超"クール」を意味するスラングでもある)

人物像

彼らは兄弟であり、兄は『Bi-Han(ビ・ハン)』、弟は『Kuai-Liang(カイ・リャン)』と呼ばれている。現在サブゼロといえば大体弟の方を指す。
兄は1作目で敵であるスコーピオンに殺されてしまい、悪霊『ヌーブ・サイボット』として復活した。
弟は弟の方で『燐塊』から裏切り者扱いされたり、弟子の女性忍者フロストに裏切られたり、サイバネティック忍者に改造されたり、更には後述する1作目にて兄が披露したFATALITYが世間から叩かれてしばらく封印される羽目になったりする等、兄弟揃ってイバラの道を歩んできた。

氷を操り、相手を凍らせて身動きを封じ攻撃を与えるのが主な戦法。
また、氷でできた武器を瞬時に形成したり、分身を設置して牽制する使い方も会得している。

他にもFRENDSHIPで自分のフイギュアを宣伝したり、雪だるまを作るなどのお茶目な一面を見せている。
氷を操る故か、突如自分が描かれた移動販売車に乗り込みアイスクリームを販売をするパターンもある。…ニンジャのサイドビジネスだろうか?

キャラ性能

『氷を操る忍者』のキャッチフレーズを最大限に活かしており、とにかく相手を拘束する技を備えている。
フリーズショットの使い方が勝利の鍵で、プレイヤーのセンスが問われる。

また、シリーズを追うごとに氷技のバリエーションが増えていき、上空から氷塊を落とし凍らせる技や、接触した相手を凍結させる分身を設置する技(MKX以降はそれを投げつけたりする)を備えたりと、まさに『サブゼロ』の名に恥じない性能を持つ。

容姿

“西洋人が勘違いしている東洋文化”を基にしている『モータルコンバット』の例にもれず、基本的にのツートンカラーの忍者の容姿が基本。
3作目からは素顔を晒すようになる。
特に『デッドリーアライアンス』では厳ついオジサンのような容姿へと大化けしてる。

原点回帰を図った2011年の『Mortal Kombat(以下9と表現)』では再び1作目と同じ容姿となった。

グランドマスター


9の二十数年後の世界が舞台のXでは髭を生やし、年季を感じさせつつも格好いい容姿となっている。
また、自身が放つ凍気の影響か肌と目が白い。
11の世界は9の世界とXの時代が混合しており、どちらとも感じさせる容姿になっている。
『X』では白人の混じった顔つきだったが、11で完全にアジア人の顔つきと肌の色になり、目の色も黒に戻る。

時代背景

初代MKでは兄が戦っていたが、スコーピオンに殺されてしまった。
殺害された兄は『ヌーブ・サイボット』として復活し、外見・性能が全く異なる別キャラクターとして以降登場するようになる。

弟のサブ・ゼロは3において『燐塊』の魔界陣営への接近とサイバー忍者化計画を拒否した為、裏切り者として追われる身となる。
親友のスモークを失ったり、サイラックスセクターに襲われたりしたものの、後に燐塊を掌握、組織を率いて魔界と戦う立場となる。
だが、9において歴史が再構築された結果、サブ・ゼロ(弟)はサイバー化から逃げ切ることができず『サイバー・サブゼロ』とされてしまっている。

Xではクァンチーによって人間の姿に戻されたもののレヴェナントと化し、ジョニー達スペシャルフォースを襲っていたが、後にライデンらの手により生き返り燐塊の総帥となっている。
その後の話であるコミック版でレッドドラゴンに単独で奇襲を仕掛けカミドゥグを封印(?)するため、カミドゥグがある部屋まで来たが、隠れていたカノウにカミドゥグで右目を切り付けられ逆にカミドゥグに操られてしまう。
その為時代改変された後でも右目に傷がついている。
後に人間に戻されたスコーピオンと和解。
度々スペシャルフォースのバックアップをしており、キャシー達に訓練をしたり窮地から助けたりしている。

サイバー・サブゼロ

MK9にのみ登場した別キャラクター。
胸部から放たれるフリーズショットはもちろんのこと、時間差で爆発し相手を氷漬けにする氷爆弾、体を分解してのテレポートなど、サイラックスの要素が組み込まれたような必殺技を持つ。
また、人間時に使っていた氷の刀を大剣にグレートアップされたりと、パッと見の印象は上位互換キャラに見える。
コードネームは『LK-52O』。

紆余曲折あって、サブゼロは人間の姿に戻され、彼の存在はなかったことにされた。
だが、時を経てMK11において愛弟子が、彼の要素を引き継ぎまさかの再登場を果たすことになる……

登場作品

モータルコンバット
モータルコンバット2
モータルコンバット3
アルティメットモータルコンバット3
モータルコンバットトリロジー
モータルコンバットミソロジーサブゼロ
モータルコンバット4
モータルコンバットGOLD
モータルコンバットデッドリーアライアンス
モータルコンバットディセプション
モータルコンバットショウリンモンク
モータルコンバットアルマゲドン

モータルコンバットVSDCユニバース
もちろんDCユニバースとのコラボに便乗。
版権キャラとのコラボゆえに露骨な欠損描写や出血描写がオミットされている同作においてもサブゼロは自身の能力を利用して、「血や内臓の生々しさが消え失せるほどカチカチに凍らせる」という前提条件の下、(相手がバットマンだろうがスーパーマンだろうが)跡形もなくバラバラにするという版権に配慮しつつも「殺した」感の強いFATALITYを披露した。

モータルコンバット9
モータルコンバットX
モータルコンバット11

インジャスティス2
DLC専用のキャラとして参戦。

FATALITY(究極神拳)

Spine Rip (MK、MK4、MKG、MK9、MKX)
サブゼロを象徴するFATALITYにして、MKシリーズで最も悪名高いとされる残虐極まりない技。
その内容とは、相手の首を脊髄ごと引っこ抜くというものである。

愛があれば3分で脊髄抜き


※注:想像図です

後の『真・仮面ライダー』や『人造人間ハカイダー』に先立つこのFATALITYは、初期の『モータルコンバット』が実写取り込みだったこともあってその見た目が凄まじく今日に至るまでの語り草になるほどの『モータルコンバット』の代名詞となったのだが、同時に人権保護団体から酷く叩かれて2作目から封印を余儀なくされただけでなくアメリカのレーティング審査機関ESRB発足の起源になったとも噂されている。

この脊髄を引っこ抜くFATALITYはその後実写から3Dポリゴンになった4作目で復活するが、実は『9』、『X』でも、とあるDLCを購入すると発動することが出来る(北米アカウント/北米タグが必要。後々発売された『Komplite edition』及び『XL』では不要。)
また、本人も意識しているのか、脊髄抜き以外にも「9」以降の彼のFATALITYの一つは何かしらの形で背骨が関わっている。(後述の「Frozen in time」等)

サブゼロがゲスト出演した『インジャスティス2』でも彼の勝利演出としてこの技と思えるものを対戦相手(若しくはカメラマン≒プレイヤー)に披露する。
同作の対象年齢はESRB:T(13歳以上対象)とモーコンシリーズのESRB:M(17歳以上対象)より低いためか、やられてる相手が直接画面に映ることはないが、代わりに殺る気満々の表情を浮かべるサブゼロが対戦相手の視点で映し出され、技を決めた際に引きちぎる音と血が滴っている音がリアルに響き渡るというモーコンシリーズに引けを取らない衝撃的な演出になっている。

氷葬拳 (MK)
日本版では流石に脊髄抜きが披露できないため、代わりに用意されたFATALITY。
相手をフリーズショットで凍らせた後、裏拳で粉々に打ち砕くというもので、インパクトは劣るがサブゼロらしい技でもある。

氷葬零拳 (MK2)
瀕死の相手に(コマンド技で)フリーズショットを打ち込み凍らせたあと、アッパーで粉々に粉砕する技。

冷魂葬零弾 (MK2)
相手に冷気を体内に打ち込み、一気に気化させたあと上半身を爆砕するFATALITY。
コマンド技で凍らせる前と後で演出が若干違ってくる。

Frozen in time (MK11)
槍を構えた自らの氷像を作るのと同時に相手をスライディングで氷像の槍に突き刺し、身動きの取れなくなった相手の腹から背骨と首を引きずり出すFATALITY。

他にも

  • 相手の下半身を凍らせたあと粉砕して、上半身だけになって命乞いをしているところを踏みつぶす(MKD)
  • 相手を凍らせたあと頭をもぎ、残った身体に思いっきりぶつけて木っ端微塵にする(MKD)
  • 氷のトゲを背後に形成して、飛びかかって相手を押し倒し、串刺しにする(MKX)
などのFATALITYも使う。

人気

スコーピオンとのライバル関係や上記した脊髄抜きのインパクトが影響してか、モータルコンバットシリーズの中ではスコーピオンと共にぶっちぎりの人気を誇っているキャラクターである。
近年ではスコーピオンと共に本来の主人公であるリュウ・カンを差し置いてパッケージイラストやタイトル画面を飾ったり、単独でもモータルコンバットのスタッフが作った格闘ゲーム『インジャスティス2』(『1』でもスコーピオンのイントロでちょっとだけ出ている)にゲスト出演したり、2プレイヤーの初期カーソルになったりと、スコーピオンと共にシリーズの『顔』として活躍しているキャラクターとなっている。

担当声優

(現在サブゼロとして活躍している弟のみ記述。兄は「ヌーブ・サイボット」を参照のこと)

  • Jim Miller:MKVSDC、MK9
  • Steven Blum:MKX、MK11、インジャスティス2

関連項目

モータルコンバット FATALITY / 究極神拳
凍結 兄弟 暗殺者
アイスソード / 氷の剣
脊髄ぶっこ抜き

スコーピオン:宿敵である白井流の忍者。彼に兄を殺された。
スモーク:親友関係。
サイラックス:燐塊の同僚。だがサイバネティック忍者化された彼に命を狙われる。
セクター:燐塊の同僚だったが、組織の近代化についての意見が合わなかったり、改造された彼に命を狙われたりする。
フロスト:愛弟子だったが裏切られてしまう。

関連記事

親記事

モータルコンバット もーたるこんばっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サブゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205244

コメント