ピクシブ百科事典

スコーピオン(モータルコンバット)

すこーぴおん

スコーピオンとは、「モータルコンバット」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

白井流と言う組織に所属している忍者。
燐塊と言う組織に所属するサブゼロに一族を壊滅させられ、自身もサブゼロに殺害されてしまう。
その後サブゼロへの復讐を果たすために甦る。すでに故人ゆえかマスクを外した素顔は骸骨になっている。
黄色い装束が特徴的だがこれはがチームカラーの燐塊に対する憎しみの証である(要するにネガポジの関係)。

しかし実際にスコーピオンを殺したのはサブゼロではなく、彼に扮したクァン・チーである(モータルコンバット4で判明)。また、生前の時の名前はHanzo Hasashiであり、スコーピオンという名前もクァン・チーが付けたもので、スコーピオンを甦らせたのも他ならぬ彼である。
既婚者で子供も授かっていたのだが一族もろとも殺害されている。

サブゼロとのライバル関係に人気があり、モータルコンバットシリーズを通して、サブゼロと肩を並べる看板キャラクターとなっている。

バトル時の彼

相手を引き寄せる「スピア」や地面(地獄)から炎を吹き出す「Hell Fire」など彼を印象づける特徴的な技が多いが、シリーズを通して技の癖が少ない初心者向けのキャラクターになっている。
ヒモ付きクナイ「スピア」(日本版『1』・『2』では「バトルハープーン」)を使って相手を引き寄せるときに発する「GET OVER HERE!」「COME HERE!」という台詞はシリーズを通して開発者のエド・ブーン氏が声を当てている。プロの声優が担当しているvsDCユニバース以降でも、例外的にこれらのボイスはエド・ブーン氏のものが使われている

主なFATALITY

  • 魔焼波/TOASTY!

シリーズお馴染みのFATALITY
マスクを外し、ガイコツの素顔を見せた後炎を吐いて相手を焼き殺す。
魔焼炎波、魔焼突死波といった派生技もあり、前者はガイコツになった相手が爆散し、後者は前者の演出に加えて「TOASTY!」のナレーションが入る。
モータルコンバット3ではガイコツ顔を見た相手が思いっきり悲鳴を上げている(もちろんスコーピオンも例外ではない)。
ちなみに「X」で人間に戻ったスコーピオンもといハンゾウ・ハサシもわざわざガイコツ顔になって火炎放射する。

  • Nether-Gate
「9」で使用。
相手の首にスピアを巻き付けた後、地獄に繋がるポータルに蹴り入れ、地獄の業火で焼かれたであろう相手が別のポータルから何ともクリスプな状態の姿で帰ってくる。
また、その様から敵が縊死したような絵面になっているというモーコンらしいブラックな演出も入っている。
  • Stop Ahead
「X」で使用。
火の玉で相手の胸をぶち抜いた後、倒れてくる敵の顔面をスライスしてトドメを刺す。
胸をぶち抜かれた際にリアルに描かれた心臓が姿を表し、顔面を斬り落とされた際にこれまたリアルに描かれた脳みそがこぼれ落ちるというモーコンとして見ても強烈な演出が入る。
このような強烈な演出をあえて多くのプレイヤーが一番最初に使うであろうスコーピオンの1番目のFATALITYに採用することで、「『X』はこれまで以上に(良い意味で)ヤバい。」という開発者からのメッセージのような役割も果たしている技である。

余談

日本語

モータルコンバットXでは、ケンシの息子タカハシ・タケダとの掛け合いシーンで日本語を話している。また、ターニャの会話でも聞くことができる。

スコーピオン「タカハシ・タケダ…」
タケダ「ハンゾウ・ハサシ…」
スコーピオン「イタミハカンジルダロゥ(痛みは感じるだろう)」

かっこいいけど片言なので凄くシュールになる。

扱い

3Dになった辺りから本来の主人公であるリュウ・カンよりも、スコーピオン(及び彼のライバルであるサブゼロ)のほうが優遇されるようになった。

例を挙げると…

  • ディセプションからは彼とサブゼロがキャラクターセレクト時の初期カーソルとなる。
  • vsDCユニバースからはパッケージの一番手前を飾る
  • 9ではストーリーモードの出番こそあまり無いものの、パッケージのイラストはライバルであるサブゼロと死闘しているシーンで、リュウ・カンの面影は無い。
  • バットマンスーパーマンなどのキャラクターが登場するDCコミックの格闘ゲーム「インジャスティス:神々の激突」にゲスト出演。ゲスト出演の理由はインジャスティスを手掛けているNetherRealm Studiosの代表作が「モータルコンバット」を作っていることが理由。さらに『2』では彼の代わりにサブゼロが参戦した
  • 最新作のXではついに単独でパッケージイラストを飾った。さらにDLC全部入りのXLでは彼の代わりにサブゼロが大きく写っている
    • また、同作のファーストトレーラーはスコーピオンとサブゼロの1対1の決闘であり、やっぱりリュウ・カンの面影は無い。また間接的ながらもこのトレーラーはこの2人の参戦が真っ先に確定したことも意味している。(対するリュウ・カンのトレーラーは発売の約二週間前

どうしてこうなった

GET OVER HEREについて

  • シリーズお馴染みの彼の台詞だが、外伝作の一つである『ショウリンモンクス』では「GET OVER HERE BITCH!」や「GET THE FUCK OVER HERE!」とダーティーワードが入っているバリエーションがある。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「スコーピオン(モータルコンバット)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2165

コメント