ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
サイコクラッシャー
3

サイコクラッシャー

3

さいこくらっしゃー

格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズの登場人物『ベガ』が使う必殺技(もしくはスーパーコンボ)。

概要

全身にサイコパワーを纏い、相手に突撃する突進必殺技。

厳密にはサイコクラッシャーという名前の技は『ZERO』以降のスーパーコンボで、それ以前は「サイコクラッシャーアタック」という通常必殺技だった。

ベガが初登場した『ストリートファイターⅡ'』では、サイコクラッシャーアタックの削りが強力、かつベガの全身が攻撃判定となっているため、この技で往復する「国電」戦法が猛威を奮ったとされる。


その後はいくらか弱体化されたもののゲームシステムの進化もあり、ベガのもうひとつの必殺技・ダブルニープレスとの兼ね合いながらも通常技キャンセルで連続技に組み込むのが基本的な使い方である。


基本的にタメ技だが、ハイパーコンボ版としてこの技が存在する「X-MENvsストリートファイター」「マーベルスーパーヒーローズvsストリートファイター」「マーベルvsカプコン2」のみコマンド技で、この3作品に限り空中でも出せる。このため、しゃがみ中パンチからのエリアルレイブのシメ技としても使われていた。


後の作品では、更に強力なサイコパワーを纏った「メガ・サイコクラッシャー」、ベガワープで姿を消した直後に画面全体を薙ぎ払う「ファイナルサイコクラッシャー」などの上位版も登場した。


また、ユーリ&ユーニのスーパーコンボとしてベガ様を召喚してサイコクラッシャーしてもらう「サイコストリーク」なる技も存在する。意外と部下思いなのか、あるいは単なるクローン体なのか…


転じて「オーラやエネルギーを纏い相手に突撃する」技全般がこれに例えられたりもする。


pixivでは、ポーズタグとしても機能している。


余談

別会社格ゲーではフットボーラーの技の一つの演出がこれにそっくりである。


スーパーマリオ64RTA及びTASで、コース10「スノーマンズランド」にてアイスどんけつを幅跳びとボディアタックで倒す戦法がこう呼ばれる。


関連イラスト


関連タグ

ストリートファイター ベガ(ストリートファイター) 必殺技

血粧嘴(ユダ(北斗の拳))

概要

全身にサイコパワーを纏い、相手に突撃する突進必殺技。

厳密にはサイコクラッシャーという名前の技は『ZERO』以降のスーパーコンボで、それ以前は「サイコクラッシャーアタック」という通常必殺技だった。

ベガが初登場した『ストリートファイターⅡ'』では、サイコクラッシャーアタックの削りが強力、かつベガの全身が攻撃判定となっているため、この技で往復する「国電」戦法が猛威を奮ったとされる。


その後はいくらか弱体化されたもののゲームシステムの進化もあり、ベガのもうひとつの必殺技・ダブルニープレスとの兼ね合いながらも通常技キャンセルで連続技に組み込むのが基本的な使い方である。


基本的にタメ技だが、ハイパーコンボ版としてこの技が存在する「X-MENvsストリートファイター」「マーベルスーパーヒーローズvsストリートファイター」「マーベルvsカプコン2」のみコマンド技で、この3作品に限り空中でも出せる。このため、しゃがみ中パンチからのエリアルレイブのシメ技としても使われていた。


後の作品では、更に強力なサイコパワーを纏った「メガ・サイコクラッシャー」、ベガワープで姿を消した直後に画面全体を薙ぎ払う「ファイナルサイコクラッシャー」などの上位版も登場した。


また、ユーリ&ユーニのスーパーコンボとしてベガ様を召喚してサイコクラッシャーしてもらう「サイコストリーク」なる技も存在する。意外と部下思いなのか、あるいは単なるクローン体なのか…


転じて「オーラやエネルギーを纏い相手に突撃する」技全般がこれに例えられたりもする。


pixivでは、ポーズタグとしても機能している。


余談

別会社格ゲーではフットボーラーの技の一つの演出がこれにそっくりである。


スーパーマリオ64RTA及びTASで、コース10「スノーマンズランド」にてアイスどんけつを幅跳びとボディアタックで倒す戦法がこう呼ばれる。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー