ピクシブ百科事典

クァン・チー

くぁんちー

モータルコンバットシリーズの登場キャラクター
目次[非表示]

概要

初出は1996年のアニメ「Mortal Kombat:Defenders of the Realm」。
ゲームでは外伝作「モータルコンバット ミソロジーサブゼロ」(本編ではモータルコンバット4)にて初登場。
妖術師で堕落の神を崇拝する「The Brotherhood of Shadow」のリーダー。
全身真っ白の肌特徴的なタトゥーと強烈なビジュアルが特徴のシリーズを通しての悪役である。

活躍

燐塊の忍者サブゼロ(兄)に化けて白井流の忍者ハンゾウ・ハサシを家族及び一族まとめて惨殺。
その後ハンゾウを地獄の使者「スコーピオン」として甦らせ、サブゼロ及び燐塊に対する激しい憎しみを植え付ける。
事情を知らないスコーピオンをいいように扱い、スコーピオンがサブゼロに復讐を果たした後、死亡したサブゼロを漆黒の忍者「ヌーブ・サイボット」として甦らせ、自らの配下につける。
そして「4」にてスコーピオンとサブゼロ(弟)の前に突如表れ、この事を暴露した後に二人まとめて冥界送りにしようと企むも、自らを嵌めたことと、家族や仲間を殺害した事に激怒したスコーピオンに殺害(もしくは地獄送りに)されてしまう。

「デッドリーアライアンス」では生存したことになっており、「4」にて同盟仲間だったシノックを容赦なく殺害し、かつてのラスボスにして自分と同じ妖術師シャン・ツンとタッグを組み、タイトル通りの「デッドリーアライアンス(死の同盟)」を結成する。
しかしスコーピオンがサブゼロ(弟)と和解して良きライバル同士になった後も、スコーピオンのクァン・チーに対する憎しみは消えておらず、「X」にて彼と鉢合わせした際にスコーピオンに容赦なく首を斬り飛ばされて死亡した。

バトル時の彼

ポータルからのワープや妖術を使った引き寄せ等トリッキーな技が多い中~上級者向けのキャラクターとなっている。
シリーズ伝統の技としては緑色に光る骸骨を飛ばす、ポータルで相手の頭上からストンピングをする、妖術で相手を無防備な状態にして引き寄せる等が挙げられる。

主なFATALITY

  • LEG BEATDOWN

「4」と「9」で使用。
相手の足を引きちぎってそれで永遠に殴り続ける技。「9」では3発目に相手の頭が弾け飛ぶ(=死ぬ)がその後もずっと殴り続ける。
戦闘終了時に出るメニューが表示されても殴り続ける様は若干シュールだが、それ以上に相手が死のうが構わず殴り続けるという悪役らしい彼の残虐性が伺える技でもある。

  • NECK STRETCH
「デッドリーアライアンス」で使用。
妖術で相手をろくろ首にする。本当にそれだけで一切出血描写が無い(GBA版では有る)。それ故か当時のファンからは不評だった。
  • MIND GAME
「X」で使用。上述の妖術で相手を引き寄せる技を発展させた技。
刀を召喚した後、妖術で相手をこちらに引き寄せて刀の根元が喉の奥に行くまで突っ込ませた後、そのまま妖術で相手を上下に動かして真っ二つにする。

人気

活躍だけ見ればシリーズを通しての悪役として外道を貫くクァン・チーだが、
「デッドリーアライアンス」のギャラリーにてサングラスをかけてサックスを演奏したり、(恐らく空耳と思われるが)「9」にて野太い声で「Woolay!」と叫んでみたり、「デッドリーアライアンス」のFATALITYにて敵をろくろ首にしたり、何より他に類を見ないその強烈なキャラクターデザインなどネタ要素も多く、彼の本分である「シリアスな悪役としてのカリスマ」と上記のネタ要素が影響してか、色々あって賛否両論激しい「4」以降に登場したキャラクターの中ではケンシと共に群を抜いて高い人気を誇っているキャラクターである。
「4」以降に登場した多くのキャラクターがリストラされた「9」や「X」にてケンシと共に連続で参戦できたことや、「X」での活躍ぶりからも彼の人気の高さが見て取れるだろう。

余談

上記した「Woolay」は相当ファンのツボにはまったのか、ネットにて「Woolay」と検索するとクァン・チーの情報が大量に出てくる。(もちろんネタ記事が多数。)
「Woolay」自体は恐らく「Hooray」と同じく陽気な掛け声の一つだと思われる。
公式もTwitterのハッシュタグに使用しており、現在はクァン・チーそのものを意味する単語と化している。

『X』にて自身と対峙した際
クァン・チー1: We mustn't fight! (我々は戦うべきではない!)
クァン・チー2: I'm afraid we must. (いや、戦わなければなるまい。)
クァン・チー1: You were my only friend...(お前は私にとって唯一の友と呼べる存在だったのに…
または
クァン・チー1: Impostor! (私の名を騙るとは…)
クァン・チー2: I was created by Shinnok.(私はシノックによって創られた本物のクァン・チーだ。) 
クァン・チー1: Impostor and a liar!(名を騙る上に嘘までつくとは!
と若干シュールなやり取りが聞ける。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「クァン・チー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742

コメント