ピクシブ百科事典

クァン・チー

くぁんちー

モータルコンバットシリーズの登場キャラクター
目次[非表示]

概要

初出は1996年のアニメ「Mortal Kombat:Defenders of the Realm」。
ゲームでは外伝作「モータルコンバット ミソロジーサブゼロ」(本編ではモータルコンバット4)にて初登場。
妖術師で堕落の神を崇拝する「The Brotherhood of the Shadow」のリーダー。
全身真っ白の肌特徴的なタトゥーと強烈なビジュアルが特徴のシリーズを通しての悪役である。

活躍

燐塊の忍者サブゼロ(兄)に化けて白井流の忍者ハンゾウ・ハサシを家族及び一族まとめて惨殺。
その後ハンゾウを地獄の使者「スコーピオン」として甦らせ、サブゼロ及び燐塊に対する激しい憎しみを植え付ける。
事情を知らないスコーピオンをいいように扱い、スコーピオンがサブゼロに復讐を果たした後、死亡したサブゼロを漆黒の忍者「ヌーブ・サイボット」として甦らせ、自らの配下につける。
そして「4」にてスコーピオンとサブゼロ(弟)の前に突如表れ、この事を暴露した後に二人まとめて冥界送りにしようと企むも、自らを嵌めたことと、家族や仲間を殺害した事に激怒したスコーピオンに殺害(もしくは地獄送りに)されてしまう。

「デッドリーアライアンス」では生存したことになっており、「4」にて同盟仲間だったシノックを容赦なく殺害し、かつてのラスボスにして自分と同じ妖術師シャン・ツンとタッグを組み、タイトル通りの「デッドリーアライアンス(死の同盟)」を結成する。
しかしスコーピオンがサブゼロ(弟)と和解して良きライバル同士になった後も、スコーピオンのクァン・チーに対する憎しみは消えておらず、「X」にて彼と鉢合わせした際にスコーピオンに容赦なく首を斬られて死亡した。

人気

活躍だけ見ればシリーズを通しての悪役として外道を貫くクァン・チーだが、
「デッドリーアライアンス」のギャラリーにてサングラスをかけてサックスを演奏したり、(恐らく空耳と思われるが)「9」にて野太い声で「Woolay!」と叫んでみたり、「デッドリーアライアンス」のFATALITYにて敵をろくろ首にしたり、何より他に類を見ないその強烈なキャラクターデザインなどネタ要素も多く、彼の本分である「シリアスな悪役としてのカリスマ」と上記のネタ要素が影響してか、色々あって賛否両論激しい「4」以降に登場したキャラクターの中ではケンシと共に群を抜いて高い人気を誇っているキャラクターである。
「4」以降に登場した多くのキャラクターがリストラされた「9」や「X」にてケンシと共に連続で参戦できたことや、「X」での活躍ぶりからも彼の人気の高さが見て取れるだろう。

余談

上記した「Woolay」は相当ファンのツボにはまったのか、ネットにて「Woolay」と検索するとトップでクァン・チーの情報が出てくる。
「Woolay」自体は恐らく「Hooray」と同じく「やったぁ」等の喜びを表す単語だと思われる。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「クァン・チー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173

コメント