ピクシブ百科事典

ジャック・ザ・リッパー(Fate)

じゃっくざりっぱー

『Fateシリーズ』に登場するサーヴァント。この項では『Fate/Apocrypha』でのジャック・ザ・リッパーを解説する。
目次[非表示]

「解体するよ」

プロフィール

真名ジャック・ザ・リッパー
性別女性
身長134cm
体重33kg
スリーサイズB69/W49/H71
属性混沌・悪
出典史実
地域ロンドン
イメージカラーブラッドレッド
特技解剖
好きなもの六導玲霞
苦手なもの世界
天敵スコットランドヤード
声優丹下桜


※『Apocrypha material』では「150cm/45kg」とされているが、2016年6月22日の東出裕一郎氏のTwitterにてオンライン版設定の名残であり誤りとされた。以降から出版される本編&設定集にて修正される。

概要

Fate/Apocrypha』に登場するアサシンサーヴァント
元々は黒の陣営の一人であるホスト兼魔術師の相楽豹馬が召喚しようとしていたサーヴァントだったが、豹馬の呼びかけよりも、生贄として殺されかけていた六導玲霞の「死にたくない」という願いに強く惹かれ、現界直後に豹馬を殺害、玲霞のサーヴァントとなった。

黒のサーヴァントでありながら黒の陣営に属さず、どちらの陣営も敵とみなしており、自身の願いを叶えるために暗躍する。
マスターが一般人のために魔力供給が出来ず、魔力を補給をするため頻繁に魂を喰らっている。魔力補給のために魔術教会から派遣された魔術師たちを皆殺しにしたことで、両陣営に存在を気付かれてしまう。

ジーク」と「藤丸立香」で受ける印象が大きく異なるサーヴァントの一人。ジークにとっては生まれて初めての憎悪と、弱者への殺戮者とシステムの犠牲者の境界線の曖昧さを教え込む「宿敵」にして、光であるジークの物語にとっての闇と言えるほど重要な役割を示す。

真名

19世紀ロンドンを震撼させた連続殺人鬼。別名「切り裂きジャック」。
その本質は堕ろされた胎児達の魂の集合体として産まれた悪霊のような存在。
マスターの玲霞を「おかあさん」と「マスター」が重なった様な不思議な発音で呼び、慕っている。
ステータスは敏捷を除いて平均的だが、夜ならば無条件で先手を取れる「霧夜の殺人」、戦闘終了時に彼女の能力や真名などの情報を抹消する「情報末梢」など、伝承に因んだ強力かつ多数のスキルがそれを補っている。

聖杯にかける願いは「母親の胎内に帰ること」。
唯一無二の安楽の場を求め、彼女は聖杯にそれを望み続ける。

人物

まさに幼子そのものといったあどけない少女。一人称は「わたしたち」。
生まれる前に堕胎された存在であるため、無邪気で正悪の倫理観に乏しい。ただし彼女たちの殺人行為は、生きるための糧であり手段であり回帰衝動であるだけで、嗜好ではない。
世間知らずではあるがジャック・ザ・リッパーとして召喚されているせいか、恐ろしいほどに頭の回転は速い。
また人懐っこいため、マスターが善良ならば混沌・悪の属性にありながらもある程度の自制が可能である。

裾丈の極端に短いノースリーブのジャケットにローレグの紐パンとかなり際どい格好をしているが、これがジャックの趣味というわけではなく、むしろこの恰好に羞恥心を抱いている。

能力

主武装として、六本のナイフを腰に装備するほか、太股のポーチに投擲用の黒い医療用ナイフ(スカルペス)などを収納している。
元々人間ですらない真性の「魔」であるため身体能力は非常に高く、その動きは人間を超越しており、他のサーヴァントの霊核を喰って自分を強化する。
また自分の幼い外見が相手の油断や戸惑いを誘うことを熟知しており、「暗殺者」としての技術を本能的に非常に高い水準で発揮している。その反面、悪霊の集合体であるため教会の「洗礼詠唱」による浄化は最大の鬼門。

「気配遮断」「霧夜の殺人」「情報抹消」これら三つのスキルが互いに長所を生かし合っているため、彼女は非常に強力なアサシンとなっている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
六導玲霞CCACEC
藤丸立香CCACEC


スキル

霧夜の殺人(A)暗殺者ではなく殺人鬼という特性上、加害者の彼女は被害者の相手に対して常に先手を取れる。ただし、無条件で先手を取れるのは夜のみ。昼の場合は幸運判定が必要。
情報抹消(B)対戦が終了した瞬間に目撃者と対戦相手の記憶から彼女の能力・真名・外見特徴などの情報が消失する。
精神汚染(C)精神干渉系の魔術を中確率で遮断する。ジャックの場合、マスターが悪の属性を持っていたり、彼女に対して残虐な行為を行うと段階を追って上昇する。魔術の遮断確率は上がるが、ただでさえ破綻している彼女の精神は取り返しの付かないところまで退廃していく。逆にいえば、その逆であれば彼女の精神はある程度のレベルまでは安定すると思われる。
外科手術(E)血まみれのメスを使用してマスターおよび自己の治療が可能。見た目は保証されないが、とりあえずなんとかなる。人を効率よく殺すには人体構造を理解する必要があるためその影響もあると思われる。ランクが非常に低いが、磨き上げれば非常に優れた治療が可能となる。
気配遮断(A+)アサシンのクラス特性。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となる。攻撃態勢に移るとランクが大きく下がるが、この欠点は「霧夜の殺人」によって補われ、完璧な奇襲が可能となる。数多の殺人を犯してなお結局最後の最後まで正体の手がかりさえ掴ませず、完全なるブラックボックスのままこの世を去ったジャック・ザ・リッパーが基本フレームであるが故に非常に高いランクを誇る。


宝具

暗黒霧都(ザ・ミスト)

  • ランク:C
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大捕捉:50人


ロンドンを襲った膨大な煤煙によって引き起こされた硫酸の霧による大災害を再現する結界宝具。
魔術師ならばダメージを受け続け、一般人ならば数ターン以内に死亡する。英霊ならばダメージを受けないが、敏捷がワンランク低下する。
また、結界から脱出するには「直感」などのスキルの効力か外部からの手引きが必要になる。

解体聖母(マリア・ザ・リッパー)

  • ランク:D~B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大捕捉:1人


通常はDランクのナイフだが「時間帯が夜」「対象が女性(または雌)」「霧が出ている」の三つの条件を満たすと対象を問答無用で解体された死体にする。
詳細は同項目を参照。

外部出演

Fate/GrandOrder

2015年クリスマスイベント『ほぼ週間_サンタオルタさん』にて先行実装され、第一部第四章と共に正式実装。レアリティはアサシンクラス初の☆5ランク。なお、登場から一年半以上が経過した2017年7月時点でも、ストーリー召喚(常設課金ガチャ)において唯一の恒常召喚が可能な☆5アサシンである。

メインシナリオでは、第一部第四章「死界魔霧都市ロンドン」にて敵側のサーヴァントとして登場。ロンドンを覆う魔霧の原因のひとつであり、霧に乗じて多くの人間を殺していた。

女だろうが男だろうが、人の形を成していればマスターを「おかあさん」と呼ぶ。
これには理由があり、彼女たちが初めて外に出るときは「堕胎」によるものなので、出産する「おかあさん」という概念はあるが、「おとうさん」と言う概念は存在しない。なので、彼女たちにとってはマスターの性別など関係はなく、自分を甘やかし、愛してくれる人こそが「おかあさん」なのだ。
そのせいか、彼女を召喚した男性マスターたちが、挙って母性ならぬ父性を発して愛でている。
ただし、その一方でその願望故か愛情が深まれば深まるほどに腹部に潜り込みたがる節があるので、下手をすれば性別にかかわらず物理的に「おかあさん」にされかねないので注意が必要である。

また、『プリズマ☆イリヤ』とのコラボイベント『魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜』では遂に魔法少女・ハートキャプタージャクラとして出演。たんげぢから迸るあのセリフ多くの男性マスターの心臓をえぐり出した

ゲーム上での性能

カードバランスは《Quick:3/Arts:1/Buster:1》とアサシン型の典型。
しかし、Quickでのクリティカルスターの稼ぎ方が「壊れ性能」と評されるほど凄まじく、バフ無し通常攻撃のみのQuick&Braveチェインでもチェインボーナスと合わせて50個近いスターを稼ぎ出してCTを量産させる事が可能。
また、CTが発生すればNP獲得量も増加するため、NP回収系の礼装を付けておくとあっという間に宝具解放までいける。

スキルは、1ターンの間自身のQuickカードの性能UPと回避状態になる「霧夜の殺人(A)」、敵1体の強化状態の解除とクリティカル威力低下を起こす「情報抹消(B)」、初期の回復量こそ微妙だがクールタイムが短く、強化を重ねることで最大4ターン毎に2500HP回復させることができる「外科手術(E)」と、どれも使い勝手のいいものが揃っている。

宝具効果は上述の通り。
女性サーヴァント相手なら、たとえ耐性クラスであるキャスターやルーラーでも平然と大ダメージを叩き込めてしまえる上に、女性特攻の効果が1ターン継続するため、宝具を起点にBraveチェインを決めれば、殆どの女性サーヴァントを膾に叩いてしまえる。
「霧夜の殺人」と被せてQuick&Braveチェインが狙えるなら、その威力とスター生産力は他のサーヴァントの追随を許さないほどに高まる。

目立った欠点や弱点はないものの、アサシンクラス独特のHP/ATKの限界値の低さ、およびクリティカル抜きでの安さはいかんともしがたく、
さらに霊基再臨だけでも「凶骨×22」・「虚影の塵×20」・「無間の歯車×17」と☆5だけにかなり消費が激しいのが玉にキズ。
骨と塵はこれだけでなくスキル強化の山であるLv4~Lv7時点で「塵×30」・「骨×15」とバカ食いされるため、あっという間に在庫切れを起こすマスターが後を絶たない。骨に至ってはその後のLv8に29も要求される。
可愛い子を立派に育てるにも、それ相応の出費が必要なのだ。

余談

“もう一人のジャック・ザ・リッパー”との関連

別作品に異なる形で登場したサーヴァントとしては『Apocrypha』及び『EXTRA』のヴラド三世の例があるが、彼の場合前者が「本来の救国の英雄」、後者が「後世、存在を捻じ曲げられた成れの果て」と解釈でき、また双方でクラスは同じランサーである。

しかしジャックの場合登場作品によってクラスが異なるだけでなく、また『Apocrypha』において

  • バーサーカーのクラスにも適正を持ち、そちらで召還された際には夜のみ行動し、常時"暗黒霧都"を発動させ、魔力のあるものをかたっぱしから殺害する「霧の怪物」となる。
…というFakeのクラスに重複する裏設定が存在しており、ファンの間ではその整合性が話のネタとなる事が多かった。

その後、『TYPE-MOONエース9』誌上におけるノベライズ作家陣の座談会において、成田・東出両氏の間ですり合わせが行われた結果「バーサーカーとして召喚すると『Fake』のジャックが、アサシンとして召喚すると『Apocrypha』のジャックが出てくる」、という事になった模様。
なお、先述の通り『Fake』のジャックは変身能力を持ち合わせているので、「『Apocrypha』のジャックの姿にもなれるのでは?」と密かに期待するファンもいるのだとか。なお、後にそれが事実であることが判明した。
また、世に出たのはあちらのジャックの方が先である。

「ジャック・ザ・リッパー」というものは人類史における完全なブラックボックスとなっているため、本当の正体の把握はほぼ不可能だとされている。また、召喚される場所、マスター、クラスによって、召喚される「ジャック・ザ・リッパー」は別々の存在に切り替わる。
『Grand Order』のキャラクエストである「ジャック・キルズ・ジャック」では別の「ジャック・ザ・リッパー」達を容赦なく倒していたため、上記の『Fake』のジャックや他の「ジャック・ザ・リッパー」と相対すれば殺し合いになる可能性が非常に高い。

関連人物

Apocrypha

六導玲霞
聖杯大戦でのマスター(おかあさん)。その絆は主従以上の、まさに母娘と呼べる深いもの。

赤のセイバー
持っているスキルなどの関係でかなり相性が悪い相手。
対峙して負けた事を根に持っており、疲弊した所を「食べる」気でいた。

ルーラー
サーヴァント中最強の呪詛耐性を持ち、聖旗を持つため(ほぼ不意打ちの)『解体聖母』でも仕留められず、更には怨霊にとっては最大の弱点である「洗礼詠唱」による浄化も扱えるという天敵中の天敵。
最終的には彼女に浄化される事となるが…

赤のアーチャー
「おかあさん」を目の前で殺した女。
子供の怨霊の集合体であるジャックは彼女にとって救うべき対象であり、「救えぬ存在」として無慈悲に切り捨てたルーラーを見て激昂。彼女の残滓を取り込み第二の宝具『神罰の野猪』を使用、変貌を遂げる。
まぁ、アーチャーが「おかあさん」を殺さなければジャック自身の救済の可能性はあったと思われる。
『Grand order』では、『Apocrypha』の記憶を所持しており、幕間の物語で判明する。

ジーク
こちらは引き際に手傷を負わされ、向こうは同胞を惨殺されと互いに怒りを抱き、敵視している。
最終的には彼に自らがかつて見た「地獄」を見せ、「それでもまだ、生きていたい?」と問いかけて消える。

その他

ジャック・ザ・リッパー(Fate/strange Fake)
別のジャック・ザ・リッパー。「Apocrypha」のジャックが「堕胎された胎児たちの集合思念体」であるのに対し、あちらは「正体不明の切り裂きジャックの幻影」。
変身能力を持つのだが、『少女』の姿になろうとすると何故かApocryphaのジャックと同じ姿になってしまう。
彼の変身は「より“ジャック・ザ・リッパー”らしい姿」が優先されるとの事で、一度ジャックとして召喚された彼女のイメージに強く引きずられてしまうようである。

ナーサリー・ライム
FGOでのクリスマスイベントにて共演。元のマスターとジャック自身が「なにものにもなれなかった、誰にも選ばれなかった者」という共通点を持っていたためか、仲は良い。
強引に招待したサンタさんに促され、プレゼントをねだる。

ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ
新しいお友達。
年齢的には微妙に年上っぽいが、その年上らしさを微塵も感じさせない愛らしさがちょっと羨ましい。

ポール・バニヤン
新しいお友達その2。
元の漫画では食われたりスター生産の為に解体したりと若干の狂気を感じる仲だったが、ゲーム内イベントでは普通に仲良し。
同じく漫画とゲームの両方で共演している上記のナーサリー・ライムも含めると彼女らには「幼い少女の人格と姿」「伝承の具現化」「不安定な存在」という共通点がある。

茨木童子/不夜城のアサシン
新しいお友達その3とその4。
「ネロ祭再び ~2017 Autumn~」にてナーサリーのお茶会に参加。
純粋な少女達に喜々として苦悶の梨をプレゼントする不夜アサシンに対し、根っこが真面目な茨木はドン引きしていた。
その後イベントクエでもボスとして仲良く登場。それぞれ「怖い民話」「赤い寓話」「惨い逸話」「暗い童話」とアレな名前で連戦を仕掛けてくる。

アルターエゴ
ありとあらゆる意味でジャックの情操教育に悪いサーヴァント。
よりによって、彼女の宝具演出はジャックが聖杯に願ったことそのものである。

関連イラスト

「解体の時間だよ」
ジャック・ザ・リッパー


霧夜の殺人鬼
ジャック・ザ・リッパー



関連タグ

Fate/Apocrypha Fate/GrandOrder
アサシン(Fate) サーヴァント
胎児 堕胎 水子 殺人鬼

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・ザ・リッパー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18179055

コメント