ピクシブ百科事典

苦悩の梨

くのうのなし

中世ヨーロッパに開発された拷問器具の一種。
目次[非表示]

概要

苦悩の梨とは、拷問器具の一種。
携帯性に優れ、外見からは拷問の跡が発見しづらいこともあり、一部の職業拷問者(異端審問官等)に愛用された。

形状は梨状(洋梨状)に似ており、この器具の名前の由来となっている。この洋ナシ型の本体が縦に分割・展開する。棘や刃物が飛び出すというタイプも存在した。
口腔肛門等に挿入し、手元を操作することで挿入された本体部分が展開、相手の身体を内部から拡張し破壊する。当然ながら対象となる体の部位により、大きさが異なったといわれる。

意義

特に女性に対する拷問にはしばしば性的虐待を含むものがある。
膣に対する異物挿入・攻撃は直接的な陵辱に並ぶ最たるものであるが、苦悩の梨は女性器を破壊することに専門化した器具、であるという点で洗練された道具である。
魔女狩り、ただし本来のウィッチは「妖術師」という意味に当たり、日本語の語感から来るように女性だけを指す訳ではないが、多くの場合は女性であった。
キリスト教世界において神がアダムを創造した時、アダムは神に似せて作られた完全な存在だったが、このアダムの肋骨からイヴを作った時、人間は男女で完全な存在と考えられるようになった。このためキリスト教において結婚は神が男女の魂を結び付け、一つの存在となす儀式と捉えられていた。
同時にキリスト教の聖職者は、神との結び付きを求め、異性と結婚・性交することは許されないと解釈された。対して魔女は悪魔と性交し、魂の半分が悪魔と結びつくことで邪悪な力を得ると考えられた。
魔女の女性器は、悪魔と結びついた邪悪な場所であり、ここを浄化する意味合いが宗教的に存在したと考えられる。

真相?

ただし、一部では苦悩の梨は当時の技術で十分な強度を確保できない、相手の身体を損傷させるどころか器具の方が壊れてしまう。あるいは体の中で広がったら最後、元に戻らず抜けなくなるはずという意見がある。
また単純に肛門や膣口を損傷させたいなら、より安価で確実な方法は幾らでもあるはずである。
そもそも体の内側を損傷させるので外見には残り辛いために重宝されたとされる点は、実際にこんなものを使用された人間は身体に障害を残し、悪ければ死亡するという点と大きく矛盾する。
よって一説では実際には使用されず、見せびらかすことによって相手に恐怖を想像させ、自白などを強要させたのではないかとされている。

真相

苦悩の梨と言われてるこれは、
書かれているような拷問目的なら 枝切りハサミ形状の単純な開く構造で十分であり 
簡単に作れ、丈夫な上、てこの原理で広げ裂くのも容易
また、拷問目的ならトゲトゲや凸凹の方が効果的なのに
表面はなめらかな形状、きれいな装飾、細かいサイズ調整出来るなどおかしい点が多い

時代背景では、中世は麻酔も消毒もなく手術、帝王切開が出来ない時代
当時、どうすれば少しでも安全に出産出来るか考えたなら
膣穴が狭くて赤ちゃんが通れない事で起こる出産トラブルを
事前に毎日少しずつ拡張する事で防ぐ器具があったと想像出来る

出産に備えて毎日徐々に膣穴(産道)を拡張する為の器具で
毎日無理なく開く所まで広げしばらく保持を繰り返し
徐々に膣穴を大きく開くようにする、
赤ちゃんの頭10cmがすんなり通れば出産トラブルがかなり防げる

Pixivでは

拷問器具であるためR-18Gのイラストが大半を占めている。
また、性的な意味合いが強い使用法のため同時に性器が描かれることが多く、R-18Gの中でもR-18の意味合いが強いものとなっている。⇒実際に書かれているイラスト〈R-18G注意〉

なぜベストを尽くしたのか

3Dプリンタープラスチック製苦悩の梨を作った者がいる。
作者のツイート

関連タグ

拷問 拷問器具 魔女狩り
R-18 R-18G
拡張 SM
クスコ(医療器具)…原理はほぼ同じ

関連記事

親記事

拷問器具 ごうもんきぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「苦悩の梨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1367722

コメント