ピクシブ百科事典

概要

対象を拘束してくすぐり責めを行う架空拷問器具で、くすぐりマシンこちょこちょマシーンとも呼ばれる。

哀れな犠牲者は張り付け台に立ち姿、ベッドに固定された姿(X字拘束)、または壁足壁尻と呼ばれる状態で拘束され、マジックハンドやそこから生えた羽根刷毛猫じゃらし、人造触手などで、無防備になった腋の下へそ足裏などの柔らかくて敏感な部位に、機械特有の情け容赦ない責めを与えられて爆笑させられてしまう。

人間であればいくらくすぐり好きであっても、長時間も手を動かしていれば疲れて集中力が途絶えてしまい精度が落ちてしまうが、機械であればエネルギーが供給されているかぎり、自動的に責め続けることができるのである。
また千手攻めがどうしても行いたいのに、同志が近くにおらずに悔しい思いをしたものにとっては、この機具の存在は朗報であった。

しかし機械特有の単調な動きによって、一定時間で飽きが生じてしまう問題があるが、近年においてはAIの発達によって学習機能を持ち常に最適化した攻めが可能になったという描写が成されることがある。
さらにSF的な直接神経に電気刺激を与えるものや、全身を覆うナノマシンを使用するもの、肌を敏感にする謎の薬品催眠術と併用される場合も見られるようになった。

映像化されたものとして『ルパン三世PART1』第1話「ルパンは燃えているか?!」(1971年)において、ミスターX峰不二子に対して使用したシーンがあり、それを見たおたく第一世代の心に残ったために、かれらが創作者になった後の作品に大きな影響を与えたと考えられている。
(最近でこそ少ないがギャグ漫画やアニメ、お色気要素がある作品でのトラップやお仕置きシーンの定番であった。)

残念なことに21世紀の科学力をもってしても、実用化に耐えうるものは完成しておらず、実写作品に登場する場合は中の人などいない形状になるのはお察しである。

マッサージ機を改造したくすぐりマシンなどは現実でも製作されているが、漫画やアニメの様な激しい動きはできず、一定の動きに合わせて羽や突起が動くというものである。

なお「くすぐりマシーン」という同名のポケモンカードが存在する。

関連タグ

くすぐり くすぐり責め 千手攻め 筆責め 電気責め 触手責め X字拘束
拷問/拷問器具 お仕置き くすぐり拷問
マッドサイエンティスト

失神 失禁 笑い死に なぜ殺たし

くすぐりノミ ハケ水車 機械姦
ポケモンカード

関連記事

親記事

拷問器具 ごうもんきぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「くすぐりマシーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 676411

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました