ピクシブ百科事典

ポケモンカード

ぽけもんかーど

ポケモンカードとは、TCG「ポケモンカードゲーム」および、それに使用するカードのこと。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター』を題材にしたカードゲームである。1996年から販売。
発売元は株式会社ポケモン。製造は任天堂が行っている(手掛けているトランプの製造ラインを利用できる為)が、かつてはメディアファクトリー(現KADOKAWA)が手掛けていた。


何気に国産の本格的トレーディングカードゲームとしては日本初のものである。遊戯王より2年ほど先輩。
ただし当初の正式名称は『ポケットモンスター カードゲーム』で、裏のデザインも現在とは異なる。
名称が『ポケモンカードゲーム』に切り替わったのは2001年発売の「VSシリーズ」以降。

なお、往年のファンにお馴染みのポケモン言えるかな?はこのポケモンカードの販促用に作られたものである。歌っている人も製造元の社員というおまけつき。

pixivでは、ポケモンカード風に描かれたものや、ポケモンカードを題材にしたイラストにこのタグが使われている。

時間を司る者ディアルガ
空間を司る者パルキア



遊び方

カードでポケモン勝負を行う。

  • 事前にサイドにカードを6枚置いておく。(ハーフデッキなら3枚)
  • 交互に技を出し合い、ポケモンのHPを0にして「きぜつ」させるごとに、プレイヤーはサイドに置かれたカードを1枚とる。ポケモンEX、GX、Vの場合は2枚、タッグチーム、VMAXの場合は3枚とる。2匹以上が同時にきぜつした場合は、きぜつしたポケモンの合計分とる。とれるサイドの枚数を多くするアイテムやワザ、逆に少なくするスタジアムがある。
  • サイドに置いてある全てのカードを取った方が勝利する。また、山札が引けなかっり、ベンチにポケモンがいない状態でバトルポケモンがきぜつしても敗北となる。
  • ポケモン以外が描かれたサポート用のカードもある。
  • 現在ではかなりインフレしてきており、特性でエネルギーを自分の番に何回もつけられたり、条件を満たせばノーリスクで200を超えるダメージが叩き出せたりする。さらにベンチを8体まで出せるカードも登場した
  • トレーナーズはマチスの作戦を使った場合を除き自分の番に1回しか使えないサポート、何回でも使えるグッズに分けられる。

参考動画

ゲーム

ポケモンカードGB
ポケモンカードGB2

タイプについて

タイプは本編と比べて簡略化されている。

ポケモンカードでのタイプ本編でのタイプ
ノーマルひこう
ほのお
みずこおり
くさむし
はがね
エスパーゴーストどくフェアリー(剣盾レギュ以降)
かくとうじめんいわ
でんき
ドラゴン※1ドラゴン
あく、どく
フェアリー※2フェアリー(SMレギュまで)
※1 ドラゴンタイプのエネルギーは存在しない
※2 剣盾のレギュレーションでは廃止されている。

状態異常

ポケモン本編と同じく、状態異常が存在する。ポケモンチェック(お互いの番が終わるたび)に状態異常の効果が発動する。

  • どく
ポケモンチェックのたび、ダメカンを1個のせる。ワザによっては2~15個のせられるカードもある。ドクロッグの「ポイズンアップ」でのせるダメカンを2個増やすこともできる。
  • やけど
ポケモンチェックのたび、ダメカンを2個のせる。コインを投げてオモテなら回復する。
旧ルールでは「コインを投げてウラならダメカンを2個のせる」という自然治癒がない仕様だった。
  • まひ
逃げたり、ワザを使うことができない。自分の番終了時に回復する。エスケープボートを使用すればこの状態でも逃げられる。
  • ねむり
逃げたり、一部を除きワザを使うことができない。自分の番終了時にコインを投げてオモテなら回復する。エスケープボートを使用すればこの状態でも逃げられる。
  • こんらん
ワザを使う時にコインを投げ、ウラならワザが失敗し、自身にダメカンを3個のせる。
(強制きぜつ)
状態異常というよりはワザの効果だが、番を終了させたり、特定のワザを受けると即座にきぜつする効果。

コイン

一部のワザやサポートなどを使う時に必要なコイントス。オモテだとワザが強化されるが、ウラだとワザが失敗、弱体化したり、自分に不利な効果が発生する博打要素。イツキを使うことによって、一度ワザ・特性・トレーナーズ使用時に裏表を選ぶことができる。また、ビクティニの「しょうりのほし」やルミナスメイズの森によってコインの結果を一度なかった事にし、投げ直すことも可能。

関連企画

【企画】ポケモンカードのオリカを作ろう@BRY【受付終了】
「ポケモンカードのオリカを作ろう」テンプレート【受付終了】


レアリティ

ノーマル
普通のカード。倒された時にとられるサイドは一枚。中にはお膳立てすればV顔負けのダメージを出せるカードも存在し、これらのカードを軸にしたデッキを非v・GXデッキと呼ぶ。ただし近年ではノーマルカードを倒してもサイドを2枚取れるGXの存在が逆風。ノーマルゆえにHPが低いことが多いため三神を使われると3ターン以内に勝負をつけないと負けに直結しやすい。さらに「双璧のファイター」ではこの中でも代表的だったマッドパーティーをメタったミカルゲが登場してしまった。
EX・GX・V
レアなカード。ルールとして倒された時にとられるサイドは2枚
EXはXY以前、GXはサンムーン、Vは剣盾のカードとなっている。
GXは本編のZワザのオマージュとして対戦で1回限り使えるGX技を持っている。
タッグチーム
対になっているポケモンなどが2-3匹組んだユニット。ワザが強力な場合が多く、特にGX技は決まれば大きなアドバンテージを得られるカードが多い。ルールとして倒された時にとられるサイドは3枚。
VMAX
ポケモン本編におけるダイマックス。メインワザ名には「ダイ」とつく。HPは300以上が基本である。ルールとして倒された時にとられるサイドは3枚。
アメイジングレア
「伝説の鼓動」で新登場したレアリティ。特徴として虹色の背景、ワザを使うのに多色なエネルギーが必要。ワザは決まればかなり強力な場合が多い。属するポケモンは、ライコウセレビィカイオーガレックウザジラーチレシラムイベルタルザシアンザマゼンタ

サン&ムーンでのポケカバブル

それまではまずまずの人気を誇っていたカードゲームだが、2018年後期、ポケモンカードゲームが空前絶後の大ブームが来ていた。
YouTubeでの宣伝、9月1日のスタン落ち(サン&ムーン以降のカードしか使えない)のレギュレーション、更にはスタートデッキで始めやすくなったことより、新規はもちろん、様々な展開についていけなくなった他のTCG勢からポケモンカードゲームを始める人間が増えるようになった。
通常スタン落ちは大抵のTCGの場合ユーザー離れを起こし、売り上げに若干影響が出るのだが、人気が落ちることなくむしろ盛り上がったのは前述の理由とポケモンのロイヤリティーがそうさせている。

これにより構築済みデッキおろか拡張パック、更にはスリーブやアクリルダメカンがショップやネットで売り切れポケモンセンターでは長蛇の列ができるようになった。お店側は後述の転売被害も防ぐため抽選販売や購入制限が掛けられるようになった。
また、あるカードの相場も最低レアでも5000以上の価格で取引されたとこもある。代表的な例がカプ・テテフGXである。
中古カードでもサン&ムーンのカードであれば殆ど高い値がついてしまいシングルでも売り切れることがよくあり、シングルで強化したくても強化できない状況となった。
まさに始めたいけどデッキ名がないので始められず、強化したいけどパックやシングルカードがないため強化できない。最悪の場合、転売ヤーやインターネット詐欺の餌食になると言う阿鼻叫喚の地獄絵図となった。
現在のところ供給が間に合い落ち着いているが、人気の高いパックやサプライに関しては売り切れ、サン&ムーンのカードは膨大で再録されてない若しくは再販に間が空いているカードには高めの相場になっており、それもシングルでも人気の高い汎用性のあるカードが売り切れてしまうというのが実情である。

どのカードゲームでも言えることだが、カードを買う場合ネットだけでなく実際の店舗やポケモンセンターのオフィシャルショップサイトで調べたり、シングルカードの相場を多くのサイトを拝見し、見極めながら探し買うことをお勧めする。そして何より新作はできる限り早く予約すること。

ポケカの勢いに他のTCG勢が咎めたりする等の論争が問題になっている。嫉妬の気持ちはあるだろうがそれはできるだけやめていただきたい。違うカードでも楽しいことには変わりないからである。

このポケカバブルがあったからこそ、昨今の事情によりTCG冬の時代となった2020年でユーザーと大会の減少等の大損害を被ったものの、ポケモンのロイヤリティーで新規参戦したプレイヤーやポケカバブルから参加したプレイヤーのおかげで大事には至らない。むしろ高い売り上げとプレミアカードの出現等により、第二のポケカバブルが起き始める程に活気づいていることから、遊戯王と並べる人気のTCGに成長しつつある。

本編への逆輸入

カードのポケモンはゲームのポケモンは使えないオリジナルの技・能力を覚えていることが多く、注目してみると面白い。
更に、そのオリジナル技・能力は後にゲーム本編で採用されることがある。特に第3世代が顕著だった。

▲特殊能力・特性が本編で技に変化したもの
○技が本編で特性に変化したもの
■技が本編で道具に変化したもの
◇道具が本編で技に変化したもの
♡特殊能力・特性が本編で性格に変化したもの

  • そのままの名前で採用された例

第2世代あくむ/あまごい/うずしお/げんしのちから▲/こうごうせい▲/ころがる/じたばた/スパーク/テクスチャー2/のろい/マッハパンチ/みちづれ/みらいよち/ラッキーパンチ
第3世代いかく○/おくびょう♡/おどろかす/おにび/おんねん/カブトアーマー/このゆびとまれ/こんじょう/しおふき/シェルアーマー/じゅうでん/すながくれ○/すなじごく/せいでんき○/だくりゅう/だっぴ○/ちょうはつ/てだすけ▲/どろかけ/ひらいしん○/ふんか/へんしょく/みずあそび/めんえき/りんぷん○/ロックブラスト
第4世代アイアンヘッド/あまいミツ■/エアスラッシュ/おみとおし/きあいだま/こおりのつぶて/さきどり/しっぺがえし/ダークホール/ついばむ/なげつける/ほうでん/ナイトメア○/ゆうわく/リサイクル
第5世代あおいほのお/いやしのはどう/かえんだん/かたきうち/サイドチェンジ/じならし/ダブルチョップ/テレキネシス/ドラゴンテール/ぼうふう◇/ほのおのまい/やきつくす/らいげき
第6世代おたけび/フリーズドライ/まとわりつく
第7世代かげぬい/どくのいと/じごくづき/とびかかる/つけあがる
第8世代くらいつく/だいちのはどう/ダブルウイング/ねらいうち/ポルターガイスト

  • 若干表記が変更された例

第3世代とおせんぼう
第8世代ボディプレス

  • 別のオリジナル技の効果と混合させて採用された例

第8世代クイックターン

余談

DP編以降のカードには原作ゲームの図鑑解説がフレーバーテキストとして掲載されるようになった。
しかし、映画10周年記念プレミアムシートに収録されたカードは原作ゲームの生態ではなく、劇場版の設定が記載されている。

ポケモン解説
ミュウツーひとのてによって つくられた。にんげんをにくみ せかいをせいふくすることによって ふくしゅうを くわだてる。
ルギアふえのねに みちびかれ せかいのききをすくうためあらわれる。 うみのかみと よばれている。
エンテイしょうじょの さみしいこころに はんのうして あらわれた。けっしょうとうに でいりできる ゆいいつのそんざい。
セレビィときをわたる ちからをもつ。 もりのまもりがみと よばれる。
ラティアスみずのみやこの まもりがみと よばれる。 ひみつのにわで こころのしずくを まもっている。
ラティオスみずのみやこの まもりがみと よばれる。 おおつなみによる まちのききをすくった。
ジラーチせんねんに いちどだけ めをさまして にんげんのねがいを かなえてくれるという。
デオキシスじょうきょうにより さまざまなフォルムに すがたをかえる。 すぐれた じこさいせいのうりょくをもつ。
ルカリオすうひゃくねんの ふういんから よみがえった。 はじまりのきを すくうため はどうをはなつ。
ミュウせかいのはじまりのきに すむ まぼろしの ポケモン。 はじまりのきと いのちを きょうゆうしている。
マナフィうみのおうじとよばれ うみのポケモンたちの リーダーてきそんざい。 うみのしんでんに ゆいいつ たどりつける。


関連タグ

ポケモン
ポケモンカードゲーム
オリカ TCG

その他のカードゲーム

遊戯王OCG MTG デュエルマスターズ
ポケカと共に長く続いているカードゲーム、特にMTGとデュエマは攻撃するときエネルギー(マナ)が必要という共通点を持つ。

アンジュ・ヴィエルジュ
同じくメディアファクトリーから発売されたカードゲーム(ただしこちらは富士見書房との共同企画)。

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンカード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 995707

コメント