ピクシブ百科事典

ライコウ

らいこう

ライコウとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

もしかして:ライトロード・ハンターライコウ

基礎データ

ずかんNo.243
英語名Raikou
ぶんるいいかずちポケモン
タイプでんき
たかさ1.9m
おもさ178.0kg
とくせいプレッシャー/ちくでん隠れ特性:第6まで)→せいしんりょく(隠れ特性:第7から)


※プレッシャー:相手がこのポケモンを対象とする技を使った場合、PPが1多く減る。
※ちくでん:でんき技を受けるとそれを無効化し、最大HPの1/4を回復する。
※せいしんりょく:ひるまない。

容姿

をモチーフにしたような容姿をしているポケモン。
勇ましく蓄えた髭や背中ある体毛は雨雲のようであり、それを利用していつでも雷を起こすことが出来る。その雄叫びは雷が落ちた時の音に匹敵する。
エンテイスイクン共々何故か三犬と呼ばれるが、デザイナー斉藤むねお氏曰く、元ネタはやはりとのこと(牙の形状からサーベルタイガーもモチーフの1つになっているのかもしれない)。

概要

『ポケットモンスター金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン。
ジョウト地方の伝説のポケモンの一体。名前の由来は「雷光」、「雷皇」、「雷公」などだと思われる。
ちなみに中国名では「雷公」。

ライコウは、エンジュシティにおいてはカネの塔(現焼けた塔)が焼け落ちた際、亡くなったとされるが、それを悲しんだホウオウにより、エンテイ、スイクンらと共に復活を果たしたという伝説が残っている。

ライコウはプレイヤーを良くも悪くもヤキモキさせたポケモンとして印象付けられている。
初代の三鳥達とは違い、ジョウト地方を駆け廻り、普通に草むらでエンカウントしなければゲット出来ない徘徊型ポケモンである(ちなみに初の徘徊型ポケモンでもある)。
徘徊型ポケモンは都市やダンジョンの区切りで居場所をランダムに変更する性質を持っている為、出会うにはかなりの運を必要とする。
しかもライコウの場合ただ出会うだけならまだしも対戦用として考えた場合最大の障害「めざめるパワーが待っている。
厳選環境は第5世代まで困難を極め、特に第3世代では良い個体値のライコウを手に入れるにはポケモンコロシアム』必須かつゲーム開始から厳選可能まで約24時間かかるという常人には到底手が出せない環境であった。

第6世代ORASになってやっと「未開の森」での固定出現となった他、個体値も3V固定なので大幅に厳選しやすくなった。
しかしそれでも「めざめるパワー」氷を粘るとなるとやはり時間がかかる。

初出の『金・銀』では公式絵とドット絵でデザインの乖離が激しいことで有名。
ドット絵では背中の紫色の体毛は赤く、頭はほっかむりを被ったような感じになっており、お世辞にもかっこいいとはいえないデザインだった。
『クリスタル』ではスイクンとエンテイ共々公式絵準拠に打ち直された。ただし『金・銀』のドット絵を微妙に改変した程度の2匹とは違ってこいつは1から新しく打ち直されている。

ゲーム上での特徴

伝説ポケモンだけあって、能力は全体的に高い。
特に特攻・素早さに秀でており、特殊アタッカーとして活躍させるのが分かりやすい。
10まんボルトかみなりなどの高火力のでんきタイプ技を覚え、でんきタイプには珍しいめいそうで火力を更に上げることが可能。
また、リフレクター」「ひかりのかべなどの補助技を使い、ボルトチェンジで交代という戦術も取れる。ダブルではバークアウトで2体の「とくこう」を下げることもできる。
耐性面でも同じく「すばやさ」の高いひこうタイプ・でんきタイプに強く、「まひ」も無効である為仕事をしやすい。
初登場の『金・銀』では「10まんボルト」の習得方法がない為、ろくなでんき技が無かったのは内緒。

ライコウローブ



最大の欠点はでんき単であるが故に他タイプの攻撃技が少ないこと。
それでも「シャドーボール」「じんつうりき」といった技を覚えてくれるが、じめんタイプを呼ぶ関係上どうしても「めざめるパワー」氷が欲しくなる。
だが厳選難易度は上記の通りORASになるまで非常に高く、サンダースなどで代用するか、別の型を模索するかの2択を迫られていた。

だが「めざめるパワー」を一切必要としない上に最速だけ粘ればよく、かつ特性「プレッシャー」を最大限活用できる夢のような戦術が第4世代中期に現れた。
まもる」「みがわり」、持ち物「たべのこし」を駆使した時間稼ぎ戦法、俗称ノイコウである。
「プレッシャー」持ちの中では3番目に素早く、弱点が1つしかなく第4世代当時は連続攻撃も少なかったことから、どくどく」を当てられて一度このループに嵌ったら最後こちらの体力とPPだけが削れて倒れてしまうという恐るべきポケモンとして君臨した。
現在では連続技が多い上に先制を取られることも増えてきた為安定しないが、「でんきタイプ=即『めざめるパワー』必須」というわけではないことを知らしめた画期的な戦術と言える。

だが、第七世代では強力なライバルであるカプ・コケコの出現により一気に苦境に立たされる事となる。
種族値だけで見ると特攻、特防、HPを始めとした耐久面、火力面で勝っているように見えるが、実際の所はエレキフィールドの効果により火力はボロ負け、耐久面は確かに勝っている物のあちらの方が素早く「めいそう」を積めるためそれすらもやや怪しい。おまけにあちらははねやすめまで習得するため耐久重視の型でも立場を奪われかねない事になった。
電気枠としても、前世代から猛威を奮っていたゲッコウガに対して抜けない事が痛手となっていた場面が多かったがカプ・コケコは130とゲッコウガを上から叩けるため結果としてそのまま入れ替わるように消えて行ってしまった
ボルトロス性能では確かに勝っている物の、ボルトロスもボルトロスで今度は霊獣フォルムが主体となってしまい前世代で優位点とされたでんじは受けの役割は果しづらく、またZ技持ちも多い為後出しから受けるには厳しくなった。
その他、メガシンカの素早さ順変更、ガブリアスの陥落によって地面枠が変わりめざパ氷程度では落としにくい地面が増えた事も大きく響いている。

結果として、カプ・レヒレとの差別化点が見つかる事により前世代程ではないが息を吹き返したスイクン、同じくカプ・レヒレにこちらは相性面で苦しめられる物の唯一無二の個性を持ち独特の地位に居るエンテイら他の二犬と違い一匹だけ陥落してしまう流れとなった。
差別化点としてはシャドーボールが使える事で対霊に対する火力がある事やプレッシャー絡みの戦術が出来る事だが、やはり汎用性で大きく負けている以上トップ層の電気程の活躍は見込めないだろう。
一匹だけ特別な技が思い出し技化している事もないため少なからず個性にはなり得るはどうだんが配られていないのが悔やまれる。

一方ダブルバトルにおいてはカプ・コケコが覚えないバークアウトの優秀な使い手である事から、物理面は補えない所をタイプ間の相性が良いいかくを持つメガボーマンダと組み合わせた「ライコウマンダ」と呼ばれる組み合わせが環境の一角に存在するため7世代では以前にも増してダブルでの需要が高め。
物理が脆い面もいかくに加え、「リフレクター」や混乱木の実を持たせる事によりサポーターとして場持ちさせやすくしたり、はたまた電気Zで強引に吹っ飛ばすと言うスタイルが基本。リフレクターを貼ったりバークアウトをばら撒く関係でボーマンダの型は竜舞物理型が多め。
元々ダブルに限らずシングルでもORAS環境には一定数存在していた物の相性の良い技がより多いダブルでもやはり強力な組み合わせとして定着する事となった。

隠れ特性は当初「ちくでん」だったようだ(未解禁だったがバトルハウスで確認できる)が、『サン・ムーン』からは「せいしんりょく」に変更された。
金・銀』のバーチャルコンソールで捕まえたライコウを第7世代に送ることで初めて手に入る。

ちなみに、2010年に映画の前売り券特典としてでんじほう」「はどうだん」「しんそく」を覚えた色違い個体というやたら豪華なライコウが配布されている。
だが最大の問題点がある。この個体の性格が「うっかりや」固定なのだ。
「すばやさ」に補正がかかっていない為、どれだけ「すばやさ」を高めてもガブリアスに先手を取られてしまう(レベル50にして最小で2の差)。
かくとうタイプの特殊技「はどうだん」があるので、でんきが通らないいわ/じめん複合やはがね/じめん複合には対抗できる為、使いどころがないわけではないのだが……
これら3つの技が一般個体に解禁されたことはなかったが、『金・銀』のバーチャルコンソールが登場したことにより、同作で手に入れたライコウに「でんじほう」を覚えさせてから最新作に送ることで使えるようになる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

DXでモンスターボールから登場。「スパーク」で近くの相手に攻撃する。

ポケモンGO

ポケゴライコウ


エンテイ、スイクン共々2017年9月11月までの期間限定で世界中のジムにレイドボスとして登場することが決定した。
9月中に北アメリカ大陸に出現した後、10月からはいよいよ日本を含むアジア太平洋地域へと凱旋してきた。11月からはアジアを離れ、ヨーロッパ地域およびアフリカ大陸へと移動する。

伝説ポケモンだけのことはあり性能はかなり高く、サンダーと並ぶでんきタイプ屈指の強豪の1つに数えられている。
先んじて実装されていたサンダーと比べると攻撃力はやや劣るものの、防御力はこちらの方が高く、さらにでんきタイプ単体なので苦手なタイプがじめんタイプしかないため、耐久面ではこちらに軍配が上がる。
習得できるわざでは、通常わざは威力は低いが比較的発生が早くゲージを溜めやすい「でんきショック」と、発生が異常に遅い代わりに威力が高い「ボルトチェンジ」を覚えられる。攻撃の回転効率やゲージの回収能力を考えると、基本的に「でんきショック」を習得させることが推奨されている
一方、ゲージわざは「ワイルドボルト」「10まんボルト」「かみなり」と、サンダーと比べると威力低めの技しか覚えられない。だがこれは「でんきショック」共々連射性能に特化していると考えることもでき、使い勝手自体は悪くないどころか寧ろ良好。サンダーと比べると間を置かずに高威力のゲージ技をガンガン使っていけるため、ダメージ効率の面で寧ろサンダーよりも優れているといっても過言ではない。

感覚的にはサンダースとほぼ同じ感覚で使っていけるので、あちらを使い慣れたプレイヤーなら操作に慣れるのにそこまで苦労はしないだろう。

以上のことから、同じでんきタイプの伝説ポケモンではあるが、「一撃重視・攻撃偏重型のサンダー」「手数重視・耐久型のライコウ」といった具合にうまく性能面でもわざの面でも棲み分けできていることがわかる。
自分のプレイスタイルや好みに応じてどちらを育成するか決めると良いだろう(もちろん両方とも育成できればそれに越したことはないが)。

アニメでの活躍

2000年にアニメのスピンオフとしてライコウ 雷の伝説が放送されている。
だが同年にはエンテイが結晶塔の帝王で、翌年にはスイクンが時を超えた遭遇で映画出演を果たしており、ライコウのみ映画出演がない状態が続いていた。
だが2010年になって幻影の覇者 ゾロアークでようやく映画デビューを果たした。
2017年の映画ではワンシーンだけだがサトシの前に登場し、サトシの試練を見守っていた。

関連イラスト

金銀三犬
雷光


雷皇
ライコウ



関連タグ

ポケモン一覧 でんきタイプ
三犬 GSC HGSS
エンテイ スイクン
ケンタ(トレーナー) マリナ(トレーナー) ジュンイチ(トレーナー)
レントラー:虎繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「ライコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 980713

コメント