2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バトルツリー

ばとるつりー

「ポケモンSM」及び「ポケモンUSUM」における殿堂入り後のお楽しみ要素の一つ。
目次[非表示]

概要

ポケモンXYバトルハウス等と同じく、勝ち抜き戦方式を採用したポニ島の奥深くにある施設。たどり着くまでには、Lv50以上の野生ポケモンやベテラントレーナー達とバトルしながら、ジガルデ・セルわざマシンを探しながらの道のりである為、ハードルが高い。

さらに、バトルツリーは歴代のバトル施設と比べて非常に難易度が高いことが特徴である。

ノーマルランクのバトルでも、第六世代以前のスーパーランク相当の強さのポケモンが出てくる上にZワザも使いこなす為、今までの進化前で舐めプをしてくるような構成が一切ない。また、チャンピオン防衛戦同様に努力値が振られているため、素早さに全振りしたポケモンでも、先手を打たれることがある。

きあいのタスキ・抜群ダメージ半減の実等の強力な持ち物を持っていることも多々あり、状況が不利になるとポケモンを交換する等、かなり戦略的。この為、旅パで勝ち抜くのは非常に難しくなっている。

それでも、ノーマルランクの方は努力値個体値が比較的緩く設定されているため戦いやすい。しかし、スーパーランクになると、モブトレーナーですらメガシンカを使うようになる為、難易度は一気に跳ね上がる。

その割りに、アイテムの交換に必要なBPの量に変化はない。不利な状況がしばらく続くので、序盤のうちは純粋に対戦を楽しむために挑むことにし、BP稼ぎはバトルロイヤルポケモンバンクを使うのが良いだろう。ポケモンUSUMなら「マンタインサーフ」で稼ぐのも手。

ちなみに、モブトレーナーの台詞はバトルサブウェイのようにカオスなものが多い。こちらが勝っても「改造を疑う」「呪ってやる」「全国のシルバー世代を敵に回した」等、かなりブラックな台詞が混ざっている。

また、こちらが負けたときも同様に毒のある台詞を吐いてくる者もおり、かと思えば、「おおっ、いい体……」「ほらほらやるんでしょ!?」→「イヤだ……すっごい……(名前はアワビ)」等、別方向で危ない台詞を吐く者もいる。此れはUSUMでも同様である。そしてORASで話題になった「ポケモン勝負にはまり過ぎて全てを失うも自身はとても幸せな人間である」と自嘲するおじさんの姿まで。

前作のバトルハウスも大概だったが、今回も今回でカオスなことになっている

過去作の登場人物達もボストレーナーとして登場。スーパーランクの10戦ごとにランダムで登場する。一部のボストレーナーは、バージョンによっては出現しないこともある。

使用するポケモンはある程度決まっているが、実際に使うポケモンは完全にランダムで、同じポケモンでも技構成や持ち物等にパターンが何種類かある。そのため対策が立てづらく、さらにはメガシンカZワザも使ってくる。

モブトレーナー同様、勝利する事でスカウトでき、マルチバトルのパートナーとしてタッグを組む事も可能。

ノーマルランクの難易度でもライトユーザーは蚊帳の外であり、ヘビーユーザーでも育成環境が揃うまでにかなりの面倒を要求された反省か、ポケモンUSUMではノーマルランクに限り、レベル制限撤廃&伝説・幻のポケモンが使用可能になった。Lv100の強力なポケモンでレッドグリーンを蹂躙できるようになった為、スーパーランクの解放は格段に楽になっている。

ノーマルランクの20戦目、スーパーランクの50戦目にはボスとしてレッドまたはグリーンが登場する。
二人に勝利した場合、証しとしてグレートツリーリボン(ノーマルランク)・マスターツリーリボン(スーパーランク)がバトルにエントリーしたポケモン全てに与えられる。

基本ルール

SM版

  • 参加ポケモンはレベル50打ち止め(51以上も50に統一)
  • タマゴ及び、ソルガレオなどの伝説ポケモンやマーシャドーなどの幻のポケモンは参加できない(カプ・コケコなどのいわゆる「準伝説」は参加可能)
  • 同じポケモンを2匹以上参加させることはできない
  • 1人のトレーナーが参加するポケモンに同じ道具を2つ以上持たせることはできない(2人の間で被った場合はOK)
  • 1戦ごとに手持ちを回復してもらえるほか、続けるか中断するかを選ぶことができる


USUM版

  • 参加ポケモンのレベルは、ノーマルツリーの場合そのまま反映される。スーパーツリーの場合50打ち止め(51以上も50に統一)
  • ノーマルツリーの場合、タマゴを除いた全てのポケモンが参加できる。スーパーツリーの場合、タマゴ及び、ソルガレオなどの伝説ポケモンやマーシャドーなどの幻のポケモンは参加できない(カプ・コケコなどのいわゆる「準伝説」は参加可能)
  • 同じポケモンを2匹以上参加させることはできない
  • 1人のトレーナーが参加するポケモンに同じ道具を2つ以上持たせることはできない(2人の間で被った場合はOK)
  • 1戦ごとに手持ちを回復してもらえるほか、続けるか中断するかを選ぶことができる


バトルツリーに登場するキャラ

RSEの登場人物。今回はORASバージョンの姿で登場する。
時系列でいえばレッドやグリーンのように成長しているはずだが、外見は変わっていない。ただし、ORASの時と比べ、幾分か表情が自信と余裕のあるものになっている。

エメラルドバージョンで登場したフロンティアブレーン。
本作ではウルトラビーストの捜索イベント同様、国際警察の姿で登場。

DPtの登場人物。
シンオウ地方チャンピオンだが、今回はポケモントレーナーとしての参戦となる。一応、アローラ地方は南国なのだが、いつもの黒いファー付き長袖コートスタイルである。

BW・BW2の登場人物。
イッシュ地方あくタイプ使いの四天王。髪は白髪混じり、服は白黒の着流し、目の下にクマ……という、なかなかにインパクトのある姿にリニューアル。本編にも登場している。

BW2の登場人物。
かつてプラズマ団に所属していた科学者。今作では服がかなりサイバーチックなものに変化しており、BW2の主人公と対峙し、答えを見つけた後の雰囲気を伴って参戦。本編にも登場している。

XYの登場人物。
プラターヌ博士の助手で、ジガルデの調査のためにアローラ地方を訪れていた。南国のアローラ地方に合わせ、薄着でサングラスをかけている。

バトルツリーに向かう道中で遭遇し、メガシンカを使えるようにしてくれる。ジーナはサン及びウルトラサン版、デクシオはムーン及びウルトラムーン版にのみ登場。

ちなみに、過去作から参戦したキャラクターは、戦闘BGMがそのキャラクターのものにさし代わる(デクシオジーナポケモンXYのトレーナー戦)というオマケ付き。

共にアーカラ島のキャプテン
カキはサン及びウルトラサン版、マオはムーン及びウルトラムーン版にのみ登場。なぜかスイレンは登場しない。

スカル団の幹部とボス。ゲームクリア後にはスカル団を辞めているため、立ち絵が当時と変わっている。
プルメリはサン及びウルトラサン版、グズマはムーン及びウルトラムーン版にのみ登場。

ストーリーで主人公を導いてくれたポケモン博士
ポケモンUSUMでのみ登場。

ストーリーでキーパーソンを務めた少女。
ポケモンUSUMでのみタッグパートナーにすることができる(ボスとしては登場しない)。

レッドとグリーン


RGBPの登場人物。
ポケモンシリーズの初代主人公と初代ライバル。後にカントー地方チャンピオンジムリーダーになった二人。初代の時代から年月を経て大人へと成長している。

シングルバトルではレッド、ダブルバトルではグリーンがボスを務め、マルチバトルではタッグを組んで挑んでくる。

なお、他のゲストトレーナー達と違い、バトルツリーのボス「バトルレジェンド」として招待されて来たためか、BGMが専用曲(過去曲のフレーズやメロディのアレンジを織り交ぜた新曲)になっている。

関連項目

ポケモンSM ポケモンUSUM バトル施設(ポケモン)

ポケモンシリーズのバトル施設

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バトルツリー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バトルツリー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127619

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました