ピクシブ百科事典

ポケモン博士

ぽけもんはかせ

『ポケットモンスター』シリーズに登場する人物の職業。「ポケモン研究者」とも。
目次[非表示]

概要

「少年少女が大人から御三家を受け取る」「ポケモン研究者がポケモン図鑑を少年少女に託す」という共通設定の都合上、1世代に1人は必ず登場するポケモンに必須の存在。
主人公にとっては恩人と言えるし、作品によってはライバルの恩人・上司であることも。
また、ゲームプレイ時に最初に登場し、主人公の名前・姿などを決定するプロセスにたずさわる存在でもある(第8世代では博士でない人物が担当。また第2世代は前世代の博士が引き続き担当する形式を採用している)。

トレーナーではない、もしくは引退済みという人物も多く、かつてはバトルはしないのが定番だったが、近年はバトルもできる博士が増えてきている。

歴代の博士

図鑑や御三家をくれる博士

ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』から登場。
ポケモン研究の権威にして第一人者。そのためポケモン博士の中でもひときわ知名度は高く、昔は凄腕のトレーナーであったらしい。
孫にナナミ、主人公のライバル(ゲームなどだとグリーン、アニポケだとシゲル)がいる。

ポケットモンスター金・銀・クリスタル』から登場。
「ポケモンの繁殖とタマゴ」について研究している細身の博士。
御三家をくれるが、図鑑はくれない(その役はオーキド博士が担う)。
ポケモンじいさんのお使いをすませると、彼からポケモンのタマゴを託される。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』から登場。
「ポケモンの分布と生態」について研究している博士。
研究所にいるよりもフィールドワークをしていることが多い行動派。
主人公のお隣さんになる選ばなかったほうの主人公(ユウキ・ハルカ)の父親で、主人公の父親・センリの親友である。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ』から登場。
「ポケモンが遂げる進化」について研究している。
強面な初老の博士で、オーキド博士の大学の先輩にあたる。
選ばなかったほうの主人公(コウキ・ヒカリ)が彼の助手をしている。

ポケットモンスターブラック・ホワイト』から登場。
「ポケモンという生物の起源」について研究している、ゲーム初の女性博士。アニポケでは父親も伝説のポケモンに付いての研究をしており、遺跡の調査も行っている。
『B2・W2』では主人公の幼馴染のベルが彼女の手伝いをしている。

ポケットモンスターX・Y』から登場。
「ポケモンのメガシンカ現象」について研究している。
かつてはシロナと共にナナカマド博士へ師事しており、フラダリとも旧知の関係。
ポケモン図鑑と御三家をくれる人だが、最初の町にいないため、ティエルノとトロバを通じて渡した。

ポケットモンスターサン・ムーン』から登場。
「ポケモンの使うわざ」について研究している。
ポケモン博士でありながらアローラ地方トップクラスのトレーナーであり、覆面レスラーとしての顔も持つ。

ポケットモンスター ソード/シールド』から登場。
後述のマグノリア博士の孫娘助手として登場。御三家はくれない(その役は彼女の幼馴染であるダンデが担当)が、マグノリア博士の代理として図鑑はくれる。
マグノリア博士の代理として、歴代ポケモン博士の立ち位置で本格的に主人公の旅に同行する。
当初は助手だったが、作中終盤で祖母から白衣と研究所を引き継ぎ、一介のポケモン博士として独り立ちを果たした。
シリーズで初めて、物語を進めていく過程でポケモン博士となった研究者である。

その他ゲーム本編

『ポケットモンスターブラック・ホワイト』から登場。
「ポケモンが見る夢」について研究している。
ゲームシンクの開発者で、アララギ博士とは大学時代からの親友。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』から登場。
「ポケモンが秘めた潜在能力」について研究しているフリーの科学者。
研究のためなら悪に与する事も厭わないマッドサイエンティストだが、その理念自体は純粋。

  • バーネット博士
後述。

『ポケットモンスターサン・ムーン』から登場。
「ポケモンのリージョンフォームについて研究している。
上記のオーキド博士にそっくりな従兄弟であり、アニメではポケモンスクールの校長をしている。

ポケットモンスター ソード/シールド』から登場。
「ポケモンのダイマックス現象」について研究している老婆の博士。
高齢のために研究活動を行うのが難しくなっており、作中で孫娘であるソニアにその座を譲った。
歴代ポケモン博士の立ち位置にいたのはこの人だが、多くの役割をソニアに委ねており、ストーリー上で主人公の旅に本格的に関わるのも孫娘の方である。
オープニングでの導入も担ってはいないが、シリーズ恒例のたいせつなものをしかるべきタイミング以外で使った時のメッセージ(第1世代なら「オーキドのことば~」)はマグノリア博士のものとなっている。

ポケットモンスター ソード/シールド』で登場。
過去のポケモン(化石ポケモン)を純粋に研究する古生物学者
俗に言うネガティヴ履きをしている。
記事名の都合上ここに記すが、劇中でポケモン博士として認められているかは不明である。

外伝・アニメなど

映画『ミュウツーの逆襲』に登場。
南米のジャングルで発見したミュウの睫毛の化石から抽出した遺伝子を元に、人造ポケモンであるミュウツーを作り上げるが、ミュウツーに不信を抱かれ、研究所ごと爆破されて死亡する。
原作におけるフジ老人に相当する人物。

アニメオリジナルの博士で、オレンジ諸島編にて登場。
「ポケモンの亜熱帯における変化」について研究している。
彼女に魅了されたタケシが一時的に助手になっていた。

ポケモンXD』に登場。ポケモン総合研究所の所長でリライブ研究を行っている。

ダウンロードソフト『ARサーチャー』から登場。
「ポケモンと異世界の関係」について研究している。
第7世代にも登場。

スマートフォン用ゲーム『ポケモンGO』で登場。
ブランシェキャンデラスパークという3人のアシスタントがいる。
オダマキ博士同様「ポケモンの分布と生態」を研究しており(互いに面識があるかは不明)、プレイヤーに協力を依頼する。アップデートごとに新世代のポケモンが増えているのは、ゲーム中では彼の調査により新たなポケモンの生息場所が見つかったためとされている。
フィールドリサーチ」ではスペシャルリサーチの依頼人として登場。また、ここでかつてオーキド博士の指導の下でポケモンの研究を行っていたことを明かしている。
ポケモンGOの世界では割と有名な人物らしく、GOロケット団のリーダー:サカキも彼の素性をある程度知っていた。

スマートフォン用ゲーム『ポケモンマスターズ』で登場。
「バディーズわざとバディストーン」の関係について研究している、人工島パシオのポケモン博士。

アニメオリジナルの博士。
第7シリーズの『ポケットモンスター』にて登場。
カントー地方クチバシティに研究所を構える。

  • アン・ローラン博士
実写映画『名探偵ピカチュウ』に登場した女性の神経生物学者。
ポケモンの洗脳実験を行ったことが発覚して助成金をはく奪され、その後ライムシティーの名士であったハワード・クリフォードに拾われ、研究機関PCNにて密かにミュウツーの遺伝子とそれを利用したとある薬品の研究を進めていた。
しかし、そのことを探偵であるハリー・グッドマンに突き止められてしまい、薬品のサンプルを持ち出された上に、自身も覚醒したミュウツーの攻撃に巻き込まれて死亡した(この展開は上記のフジ博士のオマージュとなっている)。

関連タグ

ポケットモンスター ポケモントレーナー

関連記事

親記事

ポケモントレーナー ぽけもんとれーなー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269594

コメント