ピクシブ百科事典

ポケモンスクール

ぽけもんすくーる

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』に登場する架空の学校。
目次[非表示]

「ポケモンたちと生徒たちが、一緒に学ぶ所だよ!」

概要

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』において、主人公・サトシが通う架空の学校。アローラ地方のメレメレ島にある。
作中では「ポケモンスクール」としか呼称されておらず、これが正式名称かどうかは不明。
(ゲーム版ではトレーナーズスクールという施設はメレメレ島に存在するが校長がモブであることを始め在籍者は全く異なるため無関係である)

ポケモンと生徒が一緒に学ぶ」というマオの言葉通り、常時パートナーとなるポケモンを連れている(モンスターボールから出している)生徒が多く、授業も一緒に受けている様子が見られる。

通っている生徒たちはサトシとほぼ同年代に見えるが、5話でオーキド校長ロケット団の3人を勧誘していることから、受け入れる生徒の年齢層はかなり幅広い模様。この点は、海外の大学や専門学校にも似ている。

開校は20年前と、学校としては新しい方である。

関係者

※現在名前が判明している者のみ

在籍者

校長


教員

生徒

アローラスクール組

その他

  • ヒロキ(19話ゲスト、42話ではモブとして)
  • イリマガールズ(イリマファンクラブ 65話ゲスト)


卒業生


キャンパス

校舎

  • サトシたちの教室

1話から登場。黒板や生徒用の机がある点は普通の教室と同じだが、バルコニー側には壁や窓がなく非常に開放的。梯子のある柱の上部にはロフトのようなスペースがある。
サトシの席は転入初期は前列のバルコニー側であったが、42話頃から中央最後尾に変わってる。生徒は頻繁に座る席を変えているようだが、これは海外では普通のこと。また、空席が1つあるのが確認できる。
いつの間にかウルトラガーディアンズの指令室への起動スイッチと通路が黒板裏と本棚に内蔵されており(エーテル財団と協同で改造したらしい。おそらく60話での課外授業などを利用したのだろう)、61話で初披露された。

  • 校長室
オーキド校長の私室。1話でマオがサトシをここに連れていった。机や本棚の他、来客用のソファーやテーブルがある。壁には大きなモニターがあり、テレビ電話として利用することも可能。
  • 職員室
17話で登場。円形の大きなテーブルをいくつかに等分し、各教員が一つずつを自分のデスクとして使っている模様。
  • 展示スペース
1話で登場。プテラアマルルガラムパルドなどの古代ポケモンの骨格標本が展示されている。
ちなみに、このアマルルガの標本を見てひだひだにも骨があると知った視聴者は少なくない。
  • 鐘楼
ここでネッコアラ某忍者学校長のペットよろしく、チャイム代わりにドータクン型の鐘を鳴らす。元々はナリヤが時間になると打っており、スクール全体を見渡すことができる。UB出現時は兎に角連打する。
  • 滑り台
校舎の最上階から伸びている。
1stOP「アローラ!!」でサトシたちが滑り降りており、本編でもモブの生徒たちが楽しんでいる場面がある。大型のポケモンが滑り降りても平気で、ポケモンの移動用も併せて造られた可能性も。

その他

  • フィールド

低い柵に囲まれたグラウンド。中央部分は芝生。1話ではマオ・マーマネスイレンがここでケンタロスレースをしており(リーリエは見学)、迷い込んできたサトシと出会った。
ポケモンバトルにも使用されており、19話ではサトシとカプ・コケコとの再戦が行われ、大勢の生徒たちが観戦。28話はポケベースで使われる。

2話にて、サトシのピカチュウVSスイレンのアシマリのポケモンアクアスロンで使用され、国際救助隊の如くウルトラガーディアンズのライドポケモンが湖底から出動出来る。
  • 大樹
校舎の隣に聳える樹。ムコニャも5話に於いてサトシを監視する為に此処で調査を行った。見晴らし台があるだけではなく、湖へ飛び込む台も備えられ、ポケモンと共に飛び込めるが、初心者の顔や腹が真っ赤になる事もある。
  • 裏の森
様々なポケモンが生息しており、ゲットを目的とするフィールドワークの授業でも活用される。キテルグマミミッキュはここの出身で、カプ・コケコも度々姿を現す。
マオも幼少時ここで母と散歩中にアマカジと出会った。

授業

明確な時間割が存在するかどうかは不明。通常の昼食は基本的に弁当だが(27話参照)、2話ではククイ博士がサトシの歓迎会開催を許可しており、生徒の一人であるマオが昼食を作っているところを見ると、融通はかなり利くらしい。

  • ポケモンサイエンス
ポケモンの生態などを講義形式で学ぶ。2話ではオーキド校長が担当し、アローラナッシーを例にリージョンフォームについて説明した。
  • フィールドワーク(課外授業)
森や海など、教室の外で行う体験型の授業。ポケモンと直に触れ合うことを目的としており、生徒からの人気も高い。5話のスイレンのように、生徒の一人が先生役を任されることもある。
  • オープンスクール
23話で開かれた、所謂授業参観。親が子供の授業を見守るのは現実と同じだが、一般の人々へも門戸を開いているのが特徴。
サトシの母・ハナコも、バリちゃんと共に再びアローラを訪れオープンスクールに参加。マオとカキを除くアローラ組の家族(ジェイムズ・スイレンマママーマネの両親)や木の実売りのおばあさんと出会った。
  • Zワザ
通常技との違いや、クリスタルの種類、形状の特徴、ゼンリョクポーズの仕方、戦略などが説明される。島めぐりの起源や試練、大試練の歴史についても学ぶと思われる。
  • ポケモン交換
クラスメイト同士でパートナーポケモンを交換してそのポケモンの特徴や生態を観察、絆を深め会う事を目的とする。短期間でどれだけ知るか生徒の資質も解ってしまう。
明らかに実力をつけてきた(はずの)ピカチュウがリーリエの言うことを普通に受け入れる辺りゲーム版と大きく異なるようだ。(ピカチュウがそれだけ成長してるという可能性でもあるが)
  • 図画工作
パートナーポケモンの絵や粘土細工の製作で、その特徴などを知る意味合いを持たせる。ポーズや位置構成などトレーナーのセンスも問われる。
  • 職業体験
現実と同じく本物の仕事場を体験する事。サトシ達はポケモンセンターで行っている。此処でサトシはマオ達によって再び女装してしまう。
  • 学芸会
オープンスクールと同じく一般も観覧可能な劇。ポケモンが多ければそれだけ内容に厚みを持たせられるが、適材適所で使わなければ意味が無くなると言える。
  • 自由研究
島一つを使って生徒が考えた研究テーマを自身の手と足で達成させようとする試み。級友と共に散策して方法をとるのも、単独で行動するのも自由。期限付きではあるものの、例え横道に逸れて失敗しても、別の道で成功する例もある通り模索するのを軸としている。

関連項目

サン&ムーン アローラ
ナリヤ・オーキド ククイ博士 アローラスクール組

関連記事

親記事

サン&ムーン さんあんどむーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンスクール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2050

コメント