ピクシブ百科事典

ヘムヘム

へむへむ

ヘムヘムとは、『忍たま乱太郎』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

声優:松尾銀三島田敏
アニメオリジナルキャラクターだが、プリンセスコミックバージョンにはワンシーンのみだが登場している。
因みに原作では「ゼニの花は白い号」と言う、ヘムヘムに似たような犬が登場する(同作者の作品である「はむこ参る!!」にも「ここほれヘムヘム号」と言う名で出ている)。
おそらく、『チキチキマシン猛レース』のケンケンが元ネタであろう。

学園長大川平次渦正)のペット。
学園長が若い頃に拾ったという設定であるので年齢は不明だが、アニメを参照する限りでは20歳~50歳の可能性が高い。
若き日の学園長とともに、かつてはその相棒(忍犬)として活躍していた。

性格など

アニメ初期ではオチでヘムヘムが笑うなどシニカルな部分が目立つが、いざという時に体を張って生徒を守ったりする度胸もある。
言葉は話せず「ヘムヘム」としか喋れない(ただし学園の人間にはなぜか会話が通じる)。
若かりしころ忍犬として活動する為に学園長との猛特訓であの喋り方になった。
しかし、その代償として普通の犬のように元の「ワンワン」と鳴く事は二度と出来なくなってしまう。

学園の鐘はヘムヘムが笑いながら頭突きで鳴らすのが習慣となっている。一部の外部の人間には鐘を頭突きで鳴らしてみたいと思っている者もいる(アニメ版では兵庫水軍鬼蜘蛛丸が憧れたりしている)。
大概の人物は鐘なんかに頭突きをしたら激痛を感じるため、平気な顔で頭突きを繰り返しているヘムヘムは非常に強力な石頭である可能性が高い。
しかし一時期は小型の木槌を使おうとするも、転ぶなどして結局頭で鐘を叩いてしまう事もあった。
その他、乱太郎を執拗に追い回し続ける火矢を口で受け止める(しかも口内で火矢が爆発しても平気だった)など、身体能力は底知れない。

関連タグ

忍たま乱太郎 頭槌鐘砕

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘムヘム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332465

コメント